その答えはここにある!

アンサー119

赤ちゃんのため?食器用洗剤は赤ちゃん用を使うべき?

   

赤ちゃんのため?食器用洗剤は赤ちゃん用を使うべき?

子供が使うものってなんでも衛生面で気になることたくさんありますよね。洗剤は大人のものと同じものでいいのか、どのくらい消毒すればいいのかなど不安要素もたくさん出てきます。そこで今回は赤ちゃんの食器用洗剤について、消毒はいつまですればいいのかなどをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


赤ちゃん用の食器用洗剤はある?

離乳食が始まったら、赤ちゃん用の食器を準備するかと思いますがまずそこで気になるのが洗剤についてです。赤ちゃん用の食器用洗剤はあるのか!?ずばり、あります!赤ちゃん用洗剤には大きく分けて二種類あります。1つはわたしたちと同じように、スポンジで洗う洗剤です。このタイプの洗剤を購入の際に選ぶポイントは、しっかりと洗浄・除菌ができるもの、楽にすすぎができる商品がおすすめです。

泡スプレータイプの洗剤もあり、このタイプの洗剤は哺乳瓶の乳首など普段スポンジが届きにくい場所に、直接泡を吹きかけて洗うことができるのため、簡単に洗うことができます。2つ目は、つけ置きタイプの洗剤です。このタイプの洗剤は溶液を水に溶かして食器を付け置きしておくだけで簡単に洗浄、消毒することが可能です。子育てで毎日忙しいママにはとても便利なタイプの洗剤です。

赤ちゃん用洗剤で洗うべき?

赤ちゃん用洗剤があるのは上記でも説明した通りですが、実際のところ洗剤を分けて洗った方がいいのかというと人それぞれにはなりますがやはり赤ちゃん用の洗剤を使った方がいいとされています。その理由は、赤ちゃん用の洗剤にはわたしたちが普段使う食器用洗剤と違ってリンや香料などの成分が含まれていないため、万が一すすぎ残しがあっても安心だからです。そのため野菜を洗うこともでき、かつしっかりと食器の除菌もできます。

わたしたちが普段使っている食器用洗剤は頑固な油汚れに強い成分が多く含まれており、界面活性剤の濃度が多いためよく泡立ち、すすぎ残しの可能性が高まります。そのため、洗剤を分けない場合は、すすぎ残しがないように要注意する必要があります。すすぎ残しさえ注意すれば同じ洗剤を使ってもなんの問題もありません。それでもやはり気になる方は赤ちゃん用の洗剤を使うのが良いかと思います。

食器だけじゃない!赤ちゃん用洗濯洗剤

実は洗剤、食器だけではなく洗濯の洗剤も赤ちゃん用のものが売られています。これも使い分けた方がいいかと言えば人によります。市販されている一般的な洗剤には、合成添加物などが含まれていることが多いため敏感肌の赤ちゃんには刺激が強いものとなります。一方、赤ちゃん用の洗剤は無添加な商品が多く赤ちゃんのお肌にやさしい成分である場合がほとんどです。

また、普段わたしたちが使っている柔軟剤を赤ちゃんの衣類に使うと、汗や水分の吸収がうまくされないため不向きであると言えます。柔軟剤だけでも赤ちゃん用のものを使用した方がいいかもしれません。また、赤ちゃん用の洗剤を選ぶ際、無添加と表記されていればなんでもいいというわけではありませんので注意して下さい。しっかりと裏の表記で「合成界面活性剤」「蛍光増白剤」などの表記がないか確認してから購入して下さい。

食器の消毒はいつまで?

赤ちゃん用の食器やおもちゃは基本、定期的に消毒が必要です。生後3ヶ月頃まではお腹の中でお母さんからもらった免疫力を持っていますが、その後はだんだんとその免疫力も低下し、自分で抗体を作りながら1歳くらいでようやく大人の半分程度の免疫力が身に付きます。そのため、離乳食を始める生後6ヶ月頃はちょうど免疫が減ってきている頃なので、離乳食で使った食器は哺乳瓶の消毒ケースに一緒に浸け置きするのをおすすめします。

消毒が終わった後もしっかりと水分を清潔なタオルで拭き取ったり、ほこりがかぶらないように工夫しましょう。だからと言ってそこまで神経質になる必要はなく、あくまで食中毒などにならないように気を付けることが大切です。赤ちゃんの食器やおもちゃの消毒は免疫力がついてきた1歳ころまでをめどに続けましょう。

赤ちゃんの食器の選び方

赤ちゃんが毎日使う食器を選ぶ際のポイントをいくつかご紹介します。食器とひとくちに言っても様々な種類がありますよね。まず一番最初に考えるべきは素材です。プラスチック製の食器は、軽くて割れにくいのが一番の特徴です。使い勝手がよく、子供が万が一食器を投げ飛ばしても安心です。ですが、プラスチック製の商品は傷ができるとその傷に見えない菌が入り込むため洗浄には注意が必要です。

次に陶器の製品についでてですが、こちらは割れてしまった時のことを考えると、避けたい商品です。しかし洗いやすく傷ができにくいため清潔な状態を保つことができます。そして、木製の食器に関しては、軽くて割れにくく熱くなりにくいのが特徴です。天然素材のため安心して使用することができます。ただし、洗った後しっかり乾燥しないとカビが生えてしまうため注意しましょう。どんな素材であっても必ず確認してほしいのは電子レンジの使用が可能がどうかという点です。電子レンジ過熱ができないと後々困ることが必ずあるかと思いますのでその点はしっかりと確認しましょう。

まとめ

赤ちゃん用食器、どんな素材のものもメリットとデメリットがありますね。お子様の月齢にあわせて使い分けるのも一つの手かと思います。小さい食器はあっても困らない食器だと思いますので、お子様と楽しく食事を楽しむために食器も工夫しましょう!

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ