その答えはここにある!

アンサー119

さんまの内臓が赤い場合や、虫がいる場合は食べても大丈夫?

   

さんまの内臓が赤い場合や、虫がいる場合は食べても大丈夫?

皆さんはさんまの内臓を食べたことはありますか? 魚の内臓は独特な苦みがあって苦手、という人も多いですが、さんまの内臓には栄養がたっぷり含まれています。しかし、中には、赤くなっていたり、虫のようなものがついていたりする場合もあります。そういった場合、食べても大丈夫なのでしょうか。今回は、さんまの内臓に異常が見られる場合は、食べても大丈夫なのか、また食べ方なども調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

おすすめのトイレ洗剤とおしゃれに見せるコツ!

トイレはいつでも清潔感ある空間にしておきたいものですよね!で...

カビ取りには片栗粉!?テレビで紹介されるほどの驚異の実力!

片栗粉と漂白剤を使ったカビ取り方法がテレビで紹介されると、瞬...

部屋に出る虫を確実に仕留める駆除方法と再発防止策!

部屋でくつろいでいたりテレビを見ていたりすると、突然視界に入...

鏡の水垢は激落ちくんで落とせる?シリーズ使いで予防まで!

今や、どの家庭や会社、お店など、お掃除アイテムとして常備され...

カビの除去にはエタノールが◎!適切な使用でカビを抑制!

家のあらゆるところに現れる「カビ」。あっという間にこびり付い...

アタック洗剤の違いや種類について!

アタック洗剤ってたくさん種類があってどれを使えばいいのか悩ん...

鏡の水垢に激落ちくんは効果があるのか?!

鏡の頑固な水垢。。。皆さんはどのようにしてきれいにしています...

トイレの観葉植物で消臭ができる!画期的なオススメ消臭植物

トイレに観葉植物を置いたら消臭効果があるのか?疑問に思ってい...

観葉植物に虫がわかないようにしたい方必見!効果抜群対策法

観葉植物を育てていると、どうしても虫がわいてしまったりします...

部屋が綺麗な人の見た目はどんな感じ?部屋の綺麗さとの関係

人の第一印象は見た目が9割と言います。確かに、きちんと整った...

観葉植物を室内で育てる時の水やりの正しい方法と注意点

室内で観葉植物を育てていても、うまく水やりが出来なくて枯らし...

トイレ掃除はどこから始めるのが正解?正しいトイレ掃除手順

現代の若者はトイレ掃除の手順を知らない人が多いそうです。実際...

観葉植物を室内で育てる時の虫の駆除方法とオススメ予防法!

部屋の中にいつの間にか入り込んでいる虫。小さなコバエから人々...

部屋が綺麗な人は仕事ができる?仕事の仕方を覗き見!

会社に行けば、いつもデスク周りはきれいに整っていて仕事もバリ...

ママ友との会話が苦手な方必見!会話術 !

子供ができると保育園や児童館に足を運ぶことがあるかと思います...

物を減らす片付けで部屋をすっきりさせよう!

部屋を片付けるには時間がかかるし、労力が必要になります。ドラ...

目に入ったゴミの取り方!

目にゴミが入ると痛くて涙が出てきますよね!鏡で目を見てもゴミ...

香水の付け方!冬バージョン !

実は香水って時期によって付け方が違うのをご存じですか?今回は...

アイロンのしわが伸びない時の対策とシワの予防方法!

普段からアイロンがけをしている方もそうでない方も、なかなかし...

スマホの電波改善におすすめのアンテナ!

自宅や外出先でスマホの電波が悪いとイライラしてしまう方は少な...

スポンサーリンク


さんまの内臓が赤い場合

さんまの内臓が赤い場合についてみていきましょう。そもそも、さんまの内臓はどうして赤くなるのでしょうか。実は、さんまの内臓が赤くなる原因は、オキアミなのです。オキアミというのは、プランクトンの一種で、このオキアミをたくさん食べたさんまは内臓が赤くなってしまいます。オキアミは釣り餌にも使われるくらいですから、それによって赤くなった内臓を食べたとしても、人間の身体に影響が出ることはありません。ただ、このようにオキアミをたくさん食べたさんまは水っぽくなってしまうようです。とはいえ、人によって気になる程度の味の変化ですので、内臓が赤くなっていたとしても、基本的には食べても問題はないようです。

さんまの内臓から赤い虫がいた場合

さんまの内臓からオレンジに近い赤い色の紐のような虫がいた場合について見ていきましょう。この紐のような虫はラジノリンクスという寄生虫です。ラジノリンクスは、さんまの他、サバなどの青魚に寄生する虫で、大きくて3cmほどですが、人間には寄生しません。つまり、食べても害はありません。とはいえ、虫が入っていたら気持ちが悪いので、食べようという人は少ないかもしれませんね。万が一食べてしまっても大丈夫、という程度に考えておくといいかもしれません。

さんまの内臓にいる危険な寄生虫

前項で、ラジノリンクスは食べても大丈夫という話をしましたが、当たり前のことながら、内臓にいる全ての虫が安全というわけではありません。中には食べると食中毒を引き起こすものもいます。その代表ともいえるのがアニサキスです。聞いたことがある人もいるかと思いますが、このアニサキスは白色の少し太い糸のような見た目をしており、食中毒を起こします。アニサキスは、サバや鮭などの魚類に寄生する寄生虫で、大きさはラジノリンクスとほぼ同じの2〜3cmです。このアニサキスは、通常、魚類の内臓に寄生し、内臓の鮮度が落ちると身の部分に移動します。こうした生きたアニサキスが体内に入ると、胃や腸の壁を傷つけて激痛を引き起こします。こう聞くと、内臓を食べるのを躊躇う人も多いかと思いますが、このアニサキスは熱に弱く、しっかり加熱すれば死滅します。つまり、焼き魚などで内臓を食べる場合、食中毒の危険性は限りなく低いというわけです。内臓を食べる場合は、しっかり加熱することを覚えておきましょう。それでも不安という人は、魚屋などで-20℃で24時間以上冷凍されたさんまを食べるといいでしょう。

さんまの内臓には栄養が豊富

ここまで、異常な場合の内臓の対処について見てきましたが、本来、内臓は食べても損のない部分です。ここではさんまの内臓に含まれている栄養の数々をご紹介します。ご存知の人もいるかもしれませんが、さんまの内臓には美肌に効果があるレチノールが含まれています。このレチノールには、粘膜を保護してくれる働きがあり、コラーゲンの生成を促進する働きもあるため、シワやほうれい線のケアをしてくれます。たるみやくすみ、目のクマ消しにも効果があるため、皮膚の美しさを保つ効果があるとされています。また、ビタミンB12や、鉄分などが豊富に含まれており、貧血にも効果が期待できます。その他にも、カルシウムやビタミン類も含まれているため、ウイルスや細菌から体を守るための免疫を高める効果もあります。このように、さんまの内臓には栄養が豊富に含まれています。

さんまの内臓の食べ方

さんまの内臓の食べ方を確認しておきましょう。一般的な内臓の食べ方としては、塩焼きにする際に、内臓もそのまま焼いてしまい、一緒に食べる、という方法があります。ここで重要なのは、内臓ごと魚を焼く場合は、内臓までしっかり加熱してください。そうすることで、食中毒の可能性はぐっと低くなります。また、さんまの内臓を食べる場合は、新鮮なさんまを選ぶといいでしょう。しかし、内臓には独特の苦みがあります。さんまの内臓は他の魚に比べて苦みはマイルドになっていますが、苦手という人は、苦みの元である肝臓と心臓周辺を取り除くといいでしょう。どれがどれだかわからない人がほとんどだと思いますので、ざっくりいうと、内臓の前側1/3を取り除けば大丈夫です。それでも、そのまま内臓を食べるのに抵抗がある、という人は、レモンやカボス、大根おろしと一緒に食べるのをお勧めします。こうすることで、苦みを抑えて、栄養を効率よく吸収させることができます。また、内臓そのものを加工してソースにしたり、炒め物にしたりと、アレンジすることもできるようです。

まとめ

さんまの内臓は多少赤くても、赤い虫がついていても、食べられるようです。さんまの内臓は美肌や貧血にも効果があるとのことですから、焼き魚にする際はしっかり食べておきたいですね。しかし、何度でも言いますが、食中毒の危険性を減らすためにも、内臓を食べる際はしっかり加熱しましょう。これを読んで、さんまの内臓を食べる不安が少しでも減りますように。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ