その答えはここにある!

アンサー119

車道を走る自転車は邪魔?自転車事故の危険性!

   

車道を走る自転車は邪魔?自転車事故の危険性!

近年、道路交通法が改正され、基本的には自転車を車道を走らなければいけなくなりました。いくらそれが決まりだと知っていても、車道で車を運転すると、どうしても邪魔に思ってしまうこともありますよね。今回は、車道を走る自転車を邪魔に思ってしまう人に考えてほしいこととその対処法についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


なぜ自転車は車道を走る?

どう考えても明らかに自転車より大きく、なおかつスピードも出る車と一緒に車道を走るのは一見、危険に思いますし、邪魔に思われても仕方ないのではないか、と思う人も少なくありません。ですが、以前までは歩道での自転車と歩行者の事故が多発していて、死亡事故も少なくありませんでした。そこで、道路交通法が変わり、自転車は車道を走る、という新たなルールが出来ました。このルールをやぶると、自転車の運転手には、懲役や罰金が課せられることもあり、しっかりとした法律違反になってしまいます。もちろん、子供や、高齢者、障がい者など例外はありますが、基本的には誰にでも適用されるルールです。いくら危ないと感じても、邪魔になると思っても、法律違反をして、刑罰を受けるくらいなら、ルールに従って、車道を走るしかなないですよね。

自転車が車道を走ることの危険性

実際に自転車が車道を走るとどんな危険があるのかについて調べてみました。まず、最も多いのが、自転車を追いこそうとした時に起こる接触事故です。どう考えても、自転車は自動車より遅いですから、もちろん車は追い越したくなりますよね。ですが、少しでも気を抜いたり、狭い道で無理に追い越そうとすると接触事故の原因になります。そしてもうひとつ多いのが、T字路や、十字路での衝突事故です。こういった場所では自転車側が、歩行者の信号か車の信号かで混乱してしまったり、車、自転車ともに、しっかりと左右を確認さないで、進んだり曲がったりすると、衝突事故になりかねません。また、この衝突事故は、追い越しの際の接触よりも正面でぶつかってしまったり、衝撃が強く、大けがや、死亡事故に至ることも少なくありません。

なぜ車道で自転車は邪魔に感じる?

車道で自転車を邪魔だと感じてしまう具体的な事例について紹介していきます。まず、1番自転車を邪魔に感じてしまうのは、狭い道で走っている自転車ですよね。とくに、路上に車が止まっていて、道が通常以上に狭くなっている時は、自転車がそれを追い越そうとしている時に遭遇してしまうと、一時停止したり、かなりの注意を払わなきゃならないので、急いでる時などはとくに邪魔に感じてしまいますよね。また、たまにフラフラと走っている自転車もいます。もちろんわざとではなく、その人が悪いわけではもちろんありません。自転車の運転が苦手だったり久しぶりに乗った人が、少し左右にフラフラしながら運転することは少なくありませんが、これが車道であると、車を運転する方にとっては少し邪魔に感じてしまう事はあるかもしれません。

車道での自転車事故を防ぐ

車道での自転車事故を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。まずは、自動車側に出来ることを紹介していきます。自動車側にできる事は、一言で言えば気をつけることしかありません。ですが、とくに気をつけるべきポイントを最初から理解しておくことで、事故の防止につながります。気をつけるポイントは先ほども紹介した、追い越しの時と、交差点です。とくに追い越しの時、もし路上に車が止まっている場合は細心の注意を払いましょう。事故の多発ポイントです。また、これは当たり前の交通ルールですが交差点での左右確認は欠かさず行いましょう。運転が慣れている人ほど、こういったところで油断してしまい事故を起こしてしまう危険性があります。次に、自転車側に出来ることを紹介します。自転車側ももちろん単純に気をつけるというのとは大前提ですが、最近では自転車専用レーンを設けている道も少なくありません。あらかじめリサーチして、近くにそういった道がないか調べてできるだけそういったところを走ることも大切です。また、車道を走る時、自転車ももちろん追い越される危険や交差点での危険に注意する必要があり、とくに、自転車の人はイヤホンを装着したままの運転やケータイ電話使いながらの運転は法律違反です。絶対にしないようにしましょう。

車道での自転車を邪魔に思ってしまう人に考えてほしい事

車道での自転車走行、もちろん自転車側に問題があることもありますが、基本的に邪魔に感じてしまうのは、自転車のせいでも車のせいでもありません。このルールの中ではきちんと走っても邪魔に感じてしまうことがあります。では、どうしたらいいんでしょうか。ひとつの解決策として、常に時間に余裕を持つことが大切です。もちろんどうしてもの急用や仕事の用事などどうしようもない場合もありますが、出勤や、待ち合わせなどの際は、少し早めに出発するといいかもしれません。邪魔に思ってしまうのは、自分が急いでいるのに、うまく進めない、急ぎたいのに急げない、という状況が大前提にあります。時間に余裕もあり、とくに急いでいなければ、危ない状況で追い越す必要もありません、注意を、払うことも苦にはならず、邪魔だなと思わなくなります。もちろん状況によりますが、自分のためにも、事故を防ぐためにも、時間に余裕を持って移動することが大切です。

まとめ

車道でお互いに邪魔だと感じてしまうことも少ない自転車と車ですが、大抵どちらも悪いわけではありません。お互いに気をつけて、安全に走行するようにしましょう。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ