その答えはここにある!

アンサー119

洗濯物を部屋干しする時に便利!突っ張り棒のススメ!

   

洗濯物を部屋干しする時に便利!突っ張り棒のススメ!

洗濯物、もちろん外に干した方が気持ちがいいですが、一人暮らしでベランダがないアパートや、雨の日、最近では花粉や夏の光化学スモッグなど、外に干せない状況ってたくさんありますよね…。でも部屋干しって、どこにどうやって干せばいいか分からないし…たくさん干せない、と、思う方も多いですよね。今回はそんな悩みを解決してくれる、部屋干しに便利な突っ張り棒についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


洗濯物を部屋干しする時の問題点

そもそも洗濯物を部屋干しするとどのような問題が起きるのでしょうか。まず最初に挙げられるのが、匂いです。部屋干しするとよく、洗濯物が臭くなりますよね。あの部屋干しの独特の匂いがどうしてもヤダ、という人は少なくありません。あの部屋干しの匂い、実は部屋の匂いや食べ物の匂いがついてるとは限らないんです。部屋干しする時、どうしてもスペースの問題から洗濯物同士がくっつきそうな距離感で干したり、狭いところに干したりしますよね。実はそれをすることによって洗濯物が臭くなることが多いんです。次に、部屋干しの問題としてよくあがるのが干す場所の問題です。なかなか干す場所を確保できず、風通しの悪いところに干していると、洗濯物に悪いだけでなく、部屋の湿気が上がり、夏場などは菌が増えたりカビが生えやすくなることもあります。

部屋干しの時に便利な突っ張り棒って?

突っ張り棒の基本的な情報についてお伝えしていきたいと思います。ただ突っ張り棒といっても、実は種類はたくさんあります。まずは太さ。棒自体の太さにも種類があり、自分の用途やハンガーに合わせて、選ぶことができます。また、ほとんどの突っ張り棒が長さは調整可能ですが、それでも可動域の範囲が違い、一人暮らしの狭いおうちから、少し広く長さが必要な家までいろいろな家で使うことができます。値段も強度などによって様々なので、自分の用途によって選ぶことができますね。使い方は自体も突っ張り棒によって違いますが、たいていの場合、まずは棒の長さを微調整し、壁と壁の間に設置、固定します。この時ちゃんと突っ張り棒が固定できる壁のタイプかしっかり確認するようにしましょう。また、洗濯物を干す場合はなるべく広いスペースがとれて、なおかつ風通しのいいところに設置すると先ほど紹介した、匂いの問題や過湿の問題などを防ぐことができます。

部屋干し以外にも!?突っ張り棒の使い道

この突っ張り棒、実は部屋干し以外にもとても便利なんです。まずは、地震対策。もちろん突っ張り棒の大きさにもよりますが、タンスや棚の上や横と壁の間にこの突っ張り棒を設置するだけど、かなりの地震でも手折りなくなります。地震が多い日本にはうってつけのグッズです。また、洗濯物以外にも突っ張り棒をつかっていろいろな物をかけたり収納に役立てたりする事もできます。帰ってきた時にちょっとの間だけかけておきたいコートや、次の日に着ていく服を前日にかけておいてシワを伸ばしたりする際にも使えます。また、押入れやタンスの中に設置することで、ぐちゃぐちゃになったり、綺麗な状態をキープするのが難しい衣類の収納にも役立ちます。

洗濯物を部屋干しする時の注意点

洗濯物を部屋干しする時の注意点についてお話ししていきます。まず、匂いやカビの問題は先ほどお話しした通り、干す場所を、気をつけたり突っ張り棒を使うことで、対処する事ができます。ですが、逆に突っ張り棒をつかって干す場合にも気をつけなければいけないポイントがあります。まず、壁の素材との相性です。壁の素材によっては、いくら強く固定してもなぜか落ちやすかったり、逆に壁が痛んでしまって跡がついてしまう、なんてこともあるので、しっかり確認してから使うようにしましょう。また、突っ張り棒に洗濯を干してるから大丈夫、と安心してその下に食べ物や植木、汚れなどがあると、意外にも洗濯物が落ちて、部屋干しにも関わらずまた汚れてしまう、なんてこともあり得るので、注意してから洗濯物を干すことが大切です。

どうしても洗濯物を部屋干ししたくない時は?

ここまで紹介してきた問題を踏まえ、突っ張り棒があったとひても、なるべく部屋干しは避けたい…という時はどうしたらいいのでしょうか。これは状況にもよりますが、まず、雨の日は室内干しをせざるを得ないですよね。また一人暮らしで全く外のスペースがない場合はどうしようもないですが、少しでも外にスペースがある場合はこの突っ張り棒をつかって洗濯物を干すスペースを確保するのとも可能です。とくに女性の一人暮らしなどで、外の人に洗濯物を見られたくない…という方は、ベランダの柵や、突っ張り棒の上の部分にすのこを付けると、風もちゃんと通しますし、洗濯物を外から見えなくすることができるので、オススメです。また、花粉などに関しても、重症の人は室内干しをするしかないですが、そうでない場合は、取り込む時に何度か洗濯物を叩くことでだいぶ落とす事が可能です。

まとめ

洗濯物の部屋干しには悩みがつきものですが、突っ張り棒を使って快適に部屋干しも出来そうですね。でも、工夫をしてたまには外で干すのも気持ちいいかもしれません。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ