その答えはここにある!

アンサー119

虫歯の治療、セラミックが人気なのはなぜ?

   

虫歯の治療、セラミックが人気なのはなぜ?

歯科医院での虫歯の治療は、分からないことだらけで不安なものですよね。虫歯によって自分の歯を失うと人工的な歯を入れることになりますが、この時歯科医師からいくつかの提案をされることになるはずです。それが、自分の歯の代わりに入れる歯の「素材」。歯は見た目の問題だけではなく、毎日何回もの食事を担う大切な体の一部です。人は食べ物を摂取することで栄養を補い、健康な体を作ります。そのためにも「歯」はとっても大事。歯科医院で勤務した経験をもとに、そんな大切な歯の素材についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


虫歯の治療の種類とは?

虫歯の治療には、欠けた自分の歯を埋めるための治療方法がいくつか存在します。虫歯により悪くなった部分を削り、その治療を施し、歯の代わりとして新しく使えるように処置します。これは、虫歯の進行度や欠けた部分の大きさなどにより変わってきます。一般的には、小さな虫歯を埋める詰めものを「インレー」、大きな虫歯の場合には削った歯の上から冠をかぶせるものが「クラウン」と呼ばれます。このほかにも、数本(2本以上)の歯がつながった状態の冠である「ブリッジ」があります。そのインレー・クラウン・ブリッジなどに使用する素材にも種類があり、それは患者自身が好みで選択をすることが可能です。

治療に使われる素材とは?

治療に使われる素材には、保険が適用される「銀」がもっとも一般的であり、これまでにも多く使用されてきました。これは、「誰でも平等に同じ費用で悪くなった歯を噛めるようにする」ことを目的とした保険診療が適用されることが一番の理由です。ですが、以前と比べると徐々に見た目を重視する方が増え、最近では自分の歯と同じような見た目になるような素材を選ぶ方が増えています。あくまで、「噛めるようになること」を目的とした保険診療とは異なるために、この見た目を意識した審美歯科になると保険は適用されず、自由診療となります。ですがその人気は年々増え、プラスチックやセラミック、そのどちらもを混合したものなど素材も多様化しています。

虫歯治療に銀を使うデメリットとは?

保険が適用されるということは、予算的には銀が一番手ごろな素材であることには間違いありません。ですが、話しているときや笑ったときなどにチラリと見える銀歯は、確かにあまりステキなものではありませんよね・・・。ですがこの見た目問題のほかにも、銀を使うデメリットもいくつか存在します。銀を自分の歯と接着する場合には歯科治療専用の接着剤を使用しますが、実は銀の素材はあまりこの接着には適しておらず、そのため複雑な形を利用して「合着」することになります。このために、どうしても歯との間にすき間が出来やすく、そのすき間から入った細菌による虫歯(2次虫歯)になりやすいと考えられています。また、銀の表面には小さな傷があり、それにより汚れがつきやすくなることでお口の中の状態を不快に感じることもあります。

どうしてセラミックが人気なの?

セラミックの人気の理由は、まずは「見た目」です。セラミックは天然の歯とほとんど変わりなく使うことができます。透明感がある素材でもあり、また変色もしにくいために、見た目を重視するには最適の素材です。自分の歯の色と合わせて作ることが可能なため、ほかの歯とのバランスを考え自然な仕上がりにすることができます。ほかにも、汚れがつきにくいことや、銀歯と比べて接着に強いために2次虫歯を防ぎ再発しにくいと考えられています。洋服や髪形と比べるとなかなか簡単には交換できないのが「歯」です。昔と比べると見た目を意識する人が増えたことにより、セラミックを選ぶ人が増えたのも納得ですね。

セラミックを使うとき注意したいこと

セラミックの使用は「自由診療」です。保険適用外のため、価格はやはり保険適用時より高額になります。使用する本数や、歯科医院によっても金額は異なってきますので、必ず医師に相談して事前に明確に金額を把握しておくことをおすすめします。また、プラスチックとセラミックを混合したものもあり、強度的には弱くはなりますが予算を考えると選択肢のひとつになるケースもありますのでこれも医師に相談してみるといいですね。また、セラミックは天然の歯と同じようなキレイな見た目ですが、金属と比べるとやはりどうしても強度には多少の問題は生じます。せっかくのセラミックを使用する場合には、金額や強度の麺も含め。十分にカウンセリングを行って治療するようにしたいものです。

まとめ

歯の治療は高額だと思われがちですが、このセラミックを使用する治療の場合はさらに高額になります。ですが、歯は話したり食べたりと1日に何度もお世話になる体の大切な器官です。そして髪形やメイクと同じように人から「見られる」部分でもあります。高額ではありますが、個人的には、特に見える部分であるならばその価値のあるものだと言えるのではないかと思います。信頼できる医師にしっかりと相談しながら、納得の上で選択していきたいですね。

 - 健康

ページ
上部へ