その答えはここにある!

アンサー119

動物病院の料金は、捨て猫の場合どうなるのか?

   

動物病院の料金は、捨て猫の場合どうなるのか?

皆さんは捨て猫を見たことはありますか? 人間の勝手な都合で捨てられてしまうなんて可哀想ですよね。その上、怪我などをしていたら放っておけない人も多くいるでしょう。しかし、捨て猫を拾った時、どうすればいいのでしょうか。また、怪我を治す為に動物病院へ連れていきたい場合、幾らかかるのでしょうか。今回は捨て猫を拾った時に必要なお金と準備について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


捨て猫を拾ったらまずやること

それでは、初めに捨て猫を拾った時にやるべきことを確認しておきましょう。まずやっておきたいことは、健康状態の確認です。動物病院で拾った猫の健康状態を確認しましょう。目視ではわからない怪我や病気もあり得ます。次に、本当に野良猫、捨て猫かどうかを確認しましょう。確認方法として、最寄りの警察や保健所に問い合わせて、飼い主からの迷子届が出ていないかどうかを調べてもらうのがいいでしょう。また、飼い猫は、首輪のほかにマイクロチップがつけられている場合もあります。チップの有無は、動物病院で確認できますので、健康状態を診てもらう時に、一緒に確認してもらいましょう。拾った猫の健康状態と、野良猫や捨て猫であることが確認できたら、家で飼うかどうかを検討しましょう。飼いたい場合は家で飼えるかどうかを調べておきましょう。また、飼えない場合は里親を探さなければなりません。その場合は、動物病院や保護団体に連絡してみましょう。動物病院では保健所を紹介してもらえますが、離乳前の猫や、長期間里親が見つからなかった場合は、殺処分されてしまいますので、そこは注意しておきましょう。

捨て猫を拾った時のポイント

次に、捨て猫を拾った時のポイントについて見ていきましょう。まずは食事の時のポイントから見ていきます。食事を与える際に気を付けなければならないのは、その猫の成長具合です。もしも目が開いていないなら、離乳前なので、固形フードは避けるましょう。目が開いている場合は体重で判断します。400g未満の場合はミルク、それ以上は固形フードで大丈夫です。また、牛乳は、下痢を起こす危険性があるため、与えるのは避け、猫ミルクを使用しましょう。緊急時で猫ミルクがない場合は、人間用ものを2倍薄めて代用することができますが、できるだけ猫ミルクを使用してください。次にお風呂の時のポイントですが、まず大前提として、野良猫の多くはお風呂が苦手です。なので衰弱しているときは避け、ダニやノミなどの害虫対策には病院で処方される駆除薬を使いましょう。どうしてもシャンプーをしたい場合は病院で薬を正法してもらってからであれば可能ですが、一番は飼い主に慣れてからがいいでしょう。続いてトイレの時のポイントです。離乳前の子猫はトイレができません。そういった場合はティッシュやコットンなどをぬるま湯につけ、軽く絞ったものでお尻を優しく拭いて刺激を与えてあげましょう。離乳食を食べられるようになったら、徐々にトイレができるようになります。離乳後の猫のトイレには猫砂が最適ですが、用意できない場合は新聞紙を細かく裂いて代用しましょう。最後に睡眠時のポイントですが、汚れてもいい毛布やバスタオルで寝床を作っておきましょう。それでも猫が落ち着かない場合は、毛布やバスタオルと一緒に箱に入れておくと落ち着いてくれるでしょう。

捨て猫を拾った時に必要なものと各料金まとめ

ここで、捨て猫を拾った際に必要となる道具の平均的な料金について見ていきましょう。まず大切なエサですが、固形フードの場合、総合栄養食であれば基本的に何でも大丈夫です。値段は1ヶ月程度であれば1000〜6000円とピンキリなようです。次に猫用トイレですが、これは先ほども述べた通り、用意できない場合は新聞紙で代用が可能です。値段は、トイレが2000〜4000円、紙製の猫砂が1ヶ月で1000円、紙以外が1200円ほどとなっています。シャンプーは500円程度のものから中には5000円以上のものもあります。一時的な保護ではなく、正式に買うとなれば年間最低でも9~15万円ほどかかりますので、注意しておきましょう。

動物病院の料金

それでは、捨て猫を拾った時に一番気になる、動物病院の料金について見ていきましょう。捨て猫を拾った際にかかる動物病院の料金は約8000円〜15000円程度になりますが、中には2〜3万円かかることもあり、その料金は病院によって異なるようです。一般的な内訳として、初診料が1000〜3000円、ノミやダニなどの害虫駆除代が約2000円、検査などで5000円〜10000円ほどかかります。検査の内容としては、健康診断のほか、血液検査、糞便検査などがあります。検査以外にも、爪切りや消毒液、抗生剤なども必要になる場合がありますので、注意しましょう。ここまでは初診の場合ですが、次回からは、再診料がかかります。また、予防接種をする場合、猫伝染病予防接種の4000円〜6000円ほどかかります。とはいえ、紹介したのはあくまで目安なので、各料金は動物病院に事前に問い合わせておきましょう。

動物病院に連れていく前に注意すべきこと

最後に、捨て猫を動物病院に連れていく前に確認しておきたい注意点を見ておきましょう。まず、病院に連れてく前の段階では、健康そうに見えても、ほかの動物たちには接触させないようにしましょう。感染症などの病気を持っている恐れがあります。また、家でほかの動物などを飼っている場合は、感染症の危険のほかにも、保護された猫は神経質になっているので、下手に他の動物などに接触させた場合、ストレスになってしまい、体調が悪くなってしまうかもしれません。動物病院に連れて行くにあたって、これは最も重要なことですが「病院が何とかしてくれるだろう」という考えは捨てておきましょう。病院はあくまで治療する場所であり、保護してくれる場所ではありません。拾った以上、責任をもって保護してましょう。

まとめ

動物とはいえ、ひとつの命を保護することは、大変ですし、お金もかかります。それでも自分が保護すると決めた以上はしっかり責任をもってお世話をしましょう。捨てられてしまった猫が一匹でも多く、素敵な飼い主様と出会えますように。

 - 動物 植物 ペット

ページ
上部へ