その答えはここにある!

アンサー119

高校を転校、私立の場合は?

   

高校を転校、私立の場合は?

高校進学は多くの人が経験すると思います。しかし、いじめや引っ越しなど、様々な理由から転校しなければならなくなった場合、どうすればいいのでしょうか。公立と私立では手順は異なるのでしょうか。今回は高校の転校、主に私立の場合についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


高校を転校するための基本条件

それではまず、転校するための基本的な条件と手順について、公立と私立を比べながら見てみましょう。転校するための条件は公私ともに、引っ越し(一家転住)が基本となっております。とはいえ、細かい条件は学校によりますので、転校を希望する場合は、まず希望の高校に直接電話で連絡し、転校の条件を教えてもらいましょう。中には、転入可と表向きはなっているが、実際は帰国子女のみ受け入れている、という高校もあります。電話での連絡は欠かさないようにしましょう。ここまでが一般的な転校の手順となっています。いじめが原因で転校する場合は、まずは在籍している学校の先生に相談することから始めた方がよいでしょう。高校の転校は引っ越し(一家転住)が基本条件となっていますが、詳細はそれぞれ高校に問い合わせて確認しておきましょう。

高校の転校は可能?

それでは、基本条件を確認したところで、そもそも高校の転校というのは可能なのかについて見ていきましょう。高校の転校は可能ですが、現状は端的に言って厳しいです。先に述べた通り、引っ越し(一家転住)が基本条件となっていますが、それでも受け入れてくれる高校は少ないでしょう。当たり前の話ではありますが、どの高校も基本的に自由に転校することはできません。もしそんなことが可能になったら、高校受験の意味がなくなってしまいます。他にも、カリキュラムや授業の進み具合などを理由に転校を受け入れていない高校も多数あるようです。なお、定時制や通信制であれば転校はさほど難しくないそうなので、全日制に拘らないのであれば、そちらに進むのがいいでしょう。高校の転校は簡単にはいかないようです。

高校の転校は私立から私立の場合可能?

先程、高校の転校は厳しいと述べましたが、受け入れてくれる高校が少ないだけで、私立であれば可能な場合もあります。私立高校では学校同士で提携を結んでいるところもあり、その学校間であれば転校が可能になります。また、いじめなどが原因の場合は、在籍している学校側に相談すれば、知り合いのほかの私立高校に打診してもらえるケースもあるようです。カリキュラムや授業の遅れなどについてですが、全寮制高校などは、夜間や休日に補習を組んでくれるので、受け入れてくれるところは多いでしょう。また、どの高校に転校するにしても、基本条件は変わらず引っ越しとなっており、ほとんどの場合、転入学試験がありますので、注意しておきましょう。高校の転校は私立同士であれば可能性はぐっと高まるようです。

私立から私立へ:転入学試験

ここでは、高校を転校する際に必要となる転入学試験の、私立の場合について見ていきましょう。その際に、第一にやっておくべきことがあります。先程、ほとんどの学校では転入学試験が行われると述べましたが、この転入学試験は定員に欠員がある場合の欠員募集のため、実施されていないところもあります。ですので、まずは各都道府県の私学協会へ問い合わせ、転入学試験を実施しているかを確認しておきましょう。そこから学校へ連絡し、願書を取り寄せ、転入学試験を受けるのが一般的な流れとなっています。また、いじめ等が原因で知り合いの高校に打診してもらえた場合も、試験は行われることが多いので、しっかり勉強しておきましょう。

高校の転校における注意点

最後に、高校を転校するにあたって気を付けておくべき注意点について見ておきましょう。まず、全日制高校への転校は、全日制高校に在籍している人のみに限られます。カリキュラムが大幅に違うため、定時制や通信制などの高校からの転校はできませんので注意しておきましょう。商業高校や工業高校も同様の理由で転校ができません。カリキュラムの似ている高校同士でないと、転校は厳しいでしょう。とはいえ、高校1年生の1学期中間試験前であれば可能なところもありますので、やはりまずは電話での問い合わせをお勧めします。次に注意しておくべきは転校先の偏差値です。学科試験も課されているため、現在在籍している高校の偏差値よりも下のところへ転校することになります。難関大学を受験したい方は、その高校が難関大学受験に対応しているかどうか確認を取りましょう。また、転入生に対して学習サポートがないところもあります。その場合はご家庭でのサポートが必要になるかもしれませんので、覚悟しておきましょう。そして、これは転校する際に一番重要なことですが、転校先を探す際は、HP上のみの情報を当てにするのではなく、直接、学校へ電話で問い合わせましょう。

まとめ

高校の転校は簡単にはいかないでしょう。それ相応の覚悟を以て、転校するための準備を進めていきましょう。皆さんが素敵な高校に巡り合い、充実した高校生活を送れますように。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ