その答えはここにある!

アンサー119

一人暮らしが辛い・・・帰りたい時はどんな時?

   

一人暮らしが辛い・・・帰りたい時はどんな時?

実家なんか早く出たい!一人暮らしで羽を伸ばしたい!でも実際に一人暮らしを始めると今まで気づかなかった家族のありがたみに身にしみるものです。そしていろいろと辛いことがあって、ふと帰りたくなる瞬間が度々訪れます。今回はそんな帰りたい瞬間についてまとめてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


一人暮らしが辛い 帰りたい時①(家事)

まず「家事」についてです。実家にいたころに掃除から料理、洗濯物までを全てやっていた方というのもなかなかいないと思います。基本的には母親に任せっきりにしていたケースが多いのではないでしょうか?また一人暮らしを始めるタイミングは就職や進学が多く、新しい環境に慣れるのに何より必死になっている時期でもあるのです。そんな中でどうしても自分の生活の根幹である家事についてはおそろかになってしまいがちになります。結局自炊も面倒臭くなり外食に頼ったり洗濯物も山積み、掃除もできずに部屋がどんどんと荒れてしまう。そんな光景をふと我に帰ってみると実家にいたころを思い出してしまい・・・そして帰りたいどんどん気持ちが募ってしまうのです。

一人暮らしが辛い 帰りたい時②(風邪をひいた)

そして「風邪をひいた時」です。これは実際に体験するまで気づかないのですが、本当に辛い!寝て起きて体がだるくても誰も助けてくれませんし、家の中に薬を常備していることもないかと思います。さらに風邪をひいた時に食べれるような食べ物や飲み物もなかなか用意されておりませんから、だるい体をひきづって自分で買いに行かなければいけません。近くに友人や恋人がいればお願いできる場合もあるのですが、風邪をうつしてはいけないので会うこともできない。さらに体が弱っている時って本当に孤独に襲われてしまうんですよね。実家にいたころは家族が看病してくれたなぁなんてふと思い出してしまうと最後「あぁ帰りたい」と心底思ってしまうのです。

一人暮らしが辛い 帰りたい時③(何かのトラブルがあった)

続いて「トラブルに巻き込まれた時」です。一人暮らしを始めるとどんなトラブルでも自分一人で対応しなければいけません。代表的なトラブルに隣人トラブルがあります。隣に住んでいる人の生活音がうるさいからクレームをつけたら嫌がらせを受けたり、ゴミ出しルールで近所から村八分にあったりと本当に大変なことが多いんです。さらに強引な勧誘もあります。一度玄関を開けてしまうと相手は受諾するまで離してくれません。新聞やネット、宗教まで様々な勧誘がありますので基本的には来客予定がない場合のインターホンは無視しましょう!特に女性の一人暮らしだと、開けてなんとか断ったとしても、女性が住んでいることがバレてしまい、悪質ないたずらに襲われる可能性もあります。そんなことに気を揉んでいると精神が磨り減ってしまい家を引き払う事態に見舞われてしまうので気をつけましょう。

一人暮らしが辛い 帰りたい時④(金銭的な事)

そして「お金」についてです。一人暮らしを始めるまで親の扶養下で生活していた方が多いと思いますので、なかなか気づかないかと思いますが、地味にお金ってかかるんですよね。家賃を支払うことは念頭にあっても、毎月変動する電気・ガス・水道代が意外と馬鹿にならないですし、食費も意外とかさみますし、何より初期費用で様々な家具家電を揃えるというのでかなりお金を使ってしまいます。それに、人付き合いで飲みに行ったりご飯に行ったりするもの予期せぬ出費として重くのしかかってきます。その結果、実家にいたころよりもかなり節約しなければお金は貯まっていかないのです。毎月かつかつで生活しているとどんどん精神的に追い込まれてしまいます。貧すれば鈍して精神衛生も悪くなり、そして最初ワクワクしていた夢の一人暮らしも満足に過ごすことができず、実家をふと懐かしんでしまうのです。

一人暮らしが辛い 帰りたい時⑤(様々な変化)

最後にご紹介するのは「生活の変化」です。一人暮らしをするのは何か目的が伴うケースが多いのは先程ご紹介させていただきました。就職や進学を機に一人暮らしを始めるというものです。ただ、離職した、退学したとなった場合その場所にいる必要性が薄れてしまいます。離職した場合なんかはお金の工面も大変になってしまいます。そして実家に帰りたくなってしまう。マイナスな変化ばかりではありません。例えば恋人ができた場合もです。恋人ができると当然そのパートナーとの時間をより多く持ちたくなります。そうすると一人暮らしの部屋に帰るのが辛くなってきます。さらにもし可能であれば同棲した方がお金の負担も減るためどちらかの家を引き払ったりした方が得策となるケースもあります。

まとめ

一人暮らしって楽なことも多くなりますが、自己責任でやらなければいけないこともどんどんと増えるのです。それが重荷とならないように常日頃から気をつけて生活しましょう!

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ