その答えはここにある!

アンサー119

自転車と徒歩 運動量に驚きの差が!?

   

自転車と徒歩 運動量に驚きの差が!?

近年の健康志向ブームが目に見えてわかるようになりましたね。コンビニでは糖質制限ダイエット会社の健康食品が増えたり、自転車通行道の標識の整備なんかグングンと増えてきているように見えます!その自転車ですが、徒歩と比べてどっちの方がダイエットに有効なの?運動量に差ってあるの!?そんな素朴な疑問について調べてきました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


徒歩の運動量

まずダイエットを志した方は、いろんな記事や本を読み始めるとおもいます。そしてその序文にはこう書いてあ李ませんでしたか?「無理は禁物!まずはウォーキングから」そう、無理して毎日ランニングしたり器具を使用したりしても体がついていけないので、すぐに諦めてしまいがちになってしまいます。なので運動の基礎であるウォーキング、徒歩運動から始めてくださいと大体の入門書に書いてありますね。その徒歩ですが、これは身1つでできる一番手軽なダイエット方法で、なおかつほとんどの人がほぼ毎日この行動をしている。つまり運動の基礎中の基礎なのです。しかしこれがダイエットとなるとある程度やり方が出てきます。実はダラダラと歩いているだけではあまり意味がないのです。徒歩運動にも適正な速度が存在しているのです!

徒歩の運動量②

その適切な速度を知るために知る必要のある情報があります。それは心拍数です。心拍数は1分間に拍動する回数のことを指し、運動する時のその人自身の理想の心拍数のことを目標心拍数と呼びます。その目標心拍数は「(220ー年齢)×0.6〜0.7」の計算式で求めることが可能です。(220ー年齢)は自身の最大心拍数腕心臓の動きが一番大きな時の心拍数です。そして、この最大心拍数の60〜70%の運動力がウォーキングに最適な心拍数とされています。しかしこの目標心拍数を最初から目指すと結構負担がかかってしまうので、最初は50%くらいを目安にしてください。そしてウォーキングに使用する時間ですが、最初は15分程度、そこから1時間を目指すのが理想的な流れとなります。脂肪燃焼が始まるのが20分からなのでそこを意識して頑張りましょう!

自転車の運動量

そして自転車によるダイエットですが、こちらも脂肪燃焼が始まるのは20分からです。しかし、いきなり始めたという人は20分も自転車を漕ぐのはかなりキツいです。なので最初はできる範囲から始めていきましょう。そしてある程度慣れたら時間と速度に注目!この2つの要素が自転車によるダイエットのキーポイントなのです。時間ですが、これは脂肪燃焼に必要な20分以上ということです。そして速度ですが時速20キロが必要とされています。といっても自分の速度はわかりにくいですよね?普通の自転車走行時の速度は、およそ時速15キロと言われています。なので少し頑張って息が切れるくらいの速度で走ることが自転車ダイエットに必要となってきます。

自転車と徒歩の運動量の差

さぁ2つの運動に必要な条件がわかったところで今度は効果を比較検証していきましょう!まず徒歩運動について。体脂肪を燃焼させるには有酸素運動が大事なのですが、その点でウォーキングはとても適しています。加えて心肺機能を高める効果やベース筋トレに適しています。そしてカロリー消費ですが、年齢や性別、体重によって差が発生します。人それぞれということです。そして体脂肪を1キロ減らすために、約7000キロカロリー消費しなければなりません。例えば体重が60キロの人が30分間、少し早歩きでウォーキングをした場合の消費カロリーはいくらだと思いますか?答えは160キロカロリー(もちろん人によって誤差はありますよ)1時間で320キロカロリーです。320キロカロリーを摂取するのは簡単なのに消費するには1時間も歩かなくてはなりません。ただ、この基準の数値を覚えて意識的にダイエットに取り組めば、効果が出やすいかもしれません!

自転車と徒歩の運動量の差②

続いて自転車です。自転車の場合消費カロリーは(もちろん人によって誤差はありますよ)1時間通常の速度で走行した場合約200キロカロリーと言われています。自転車も有酸素運動ですので、脂肪燃焼効果があります。それに自転車を漕ぐ下半身だけでなく、バランスをとるために上半身を使用したりしているので意外と全身運動なんです。なので意識して運動すれば全身を引き締めることだって可能な運動なのです。自転車で運動した時の消費カロリーを体重で見てみましょう。先ほど同様60キロの人が1時間走行した場合、約360キロカロリーの消費が見込めます。徒歩に比べて40キロカロリーほど多いんですね。最近クロスバイクで通勤しているサラリーマンが増えたのもなんだか納得できます。

自転車と徒歩の運動量の差③

さて自転車と徒歩の運動効果の検証をしてきましたが、結局どっちの方が効果的なんでしょうか?答えはありません。しかしどっちが自分に適しているかというのを考えると答えが出てくるかもしれません。自宅から駅の距離が結構あるのであれば歩くという手段もありますし、自宅から仕事場が自転車なら40分程度なら思い切って自転車で通勤するという手もあるかもしれません。それに自転車が苦手という人もいるかもしれませんし、近年では自転車のルールも厳格化されているので、やはりまずは徒歩から始めてみるというのもいいかもしれません。どちらも両方取り入れた方が体への負荷もいいという点もあります。そういったことを総合的に考えて、自分にあったダイエットを始めてください!

まとめ

両者様々な効果が出るのですが、自分にあった方法でダイエットするのが一番です。無理せずに生活の一部を有効活用して自分を磨きましょう!

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ