その答えはここにある!

アンサー119

バスタオルは洗濯を分ける? 分けない?

   

バスタオルは洗濯を分ける? 分けない?

洗濯をする時、バスタオルなどのタオル類と衣類は分けて洗っていますか? 洗濯物の中には分けて洗わないといけないものもありますが、一般的な家庭はどのように分けて洗っているのでしょうか。今回はバスタオルなど、分けるか否かの判断の曖昧な洗濯物について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

観葉植物を室内で育てる時の水やりの正しい方法と注意点

室内で観葉植物を育てていても、うまく水やりが出来なくて枯らし...

トイレ掃除はどこから始めるのが正解?正しいトイレ掃除手順

現代の若者はトイレ掃除の手順を知らない人が多いそうです。実際...

観葉植物を室内で育てる時の虫の駆除方法とオススメ予防法!

部屋の中にいつの間にか入り込んでいる虫。小さなコバエから人々...

部屋が綺麗な人は仕事ができる?仕事の仕方を覗き見!

会社に行けば、いつもデスク周りはきれいに整っていて仕事もバリ...

ママ友との会話が苦手な方必見!会話術 !

子供ができると保育園や児童館に足を運ぶことがあるかと思います...

物を減らす片付けで部屋をすっきりさせよう!

部屋を片付けるには時間がかかるし、労力が必要になります。ドラ...

目に入ったゴミの取り方!

目にゴミが入ると痛くて涙が出てきますよね!鏡で目を見てもゴミ...

香水の付け方!冬バージョン !

実は香水って時期によって付け方が違うのをご存じですか?今回は...

アイロンのしわが伸びない時の対策とシワの予防方法!

普段からアイロンがけをしている方もそうでない方も、なかなかし...

スマホの電波改善におすすめのアンテナ!

自宅や外出先でスマホの電波が悪いとイライラしてしまう方は少な...

人付き合いが苦手な人におすすめの仕事!

人との関わりはとても大切なことですが、たまに億劫に感じてしま...

ポリエステルについたシワが取れない時の対処方法!

ポリエステル素材の衣服についたシワってなかなか取れずらいです...

お風呂のカビ取りが簡単にできる方法 !

寒くなりお風呂が恋しい季節になってきましたね(笑)お風呂に入...

トレンチコートのお洗濯を失敗させない方法 !

トレンチコートが大活躍するこの季節!頻繁に使うものですがなか...

観葉植物を育てよう!虫がわかないための育て方 !

部屋に緑があるとなんとなく癒されるものです。室内に観葉植物を...

安心してお部屋に使える!消臭スプレーを手作りする方法 !

お部屋の臭いが気になるときの選択肢のひとつとして、消臭スプレ...

20世紀に活躍した近代・現代美術の画家たち

美術の歴史は大変古く、一万年以上前の旧石器時代のものとみられ...

部屋が汚いのは天才の証!?汚部屋の住人に隠された才能とは?

部屋を綺麗にしたいとか、部屋は整理整頓されているべきだと考え...

部屋の片付けの効果とはズバリ!強大な幸運をもたらすこと!

綺麗に整理整頓され無駄なものが一切なく、ホコリは塵一つない清...

部屋が綺麗な人と汚い人の違いとは?腸内環境も大きく関係!

部屋が綺麗な人と汚い人、両社の違いなんて単純に部屋の状態だけ...

スポンサーリンク


バスタオルは洗濯を分けるべきか

まずは問題のバスタオルについてみていきましょう。バスタオルなど直接肌に触れるものは雑菌が多くなってしまいます。これではほかの洗濯物に移ってしまわないか心配ですよね。これだけを聞いてみると、やはりバスタオルは分けて洗った方がいいのではないかと思いがちですが、実は、分ける必要はありません。なぜなら、多くの洗濯洗剤に含まれている界面活性剤には再汚染防止作用があるからです。再汚染防止作用とは選択の際に洗濯物から離れた汚れがほかのものにつくことを防いでくれます。つまり、多少の雑菌がついている洗濯物とほかの洗濯物をいっしょに洗っても、汚れが移る心配はありません。ただし水の量や洗剤の量を間違えてしまうと、正しく作用しない場合があります。また、汚れの量が多い場合も同じことが言えます。洗剤の使用容量・用法はお守りください。これにさえ気を付けていれば、バスタオル等もいっしょに洗っても大丈夫でしょう。

一般的に洗濯を分けるもの

では一般的に分けて洗濯するものは一体どんなものでしょうか。細かくみていきましょう。まずは色移りしやすいもの。色物の新しい服と白っぽい服を一緒に洗ってしまうと、色移りしてしまいがちです。色移りの心配がある服は分けて洗いますよね。次にセーターやニット等の傷みやすい洗濯物は扱う洗剤も異なります。分けて洗う家庭がほとんどでしょう。また、汚れがひどいものや雑巾などはさすがに分けて洗う方が多いでしょう。また、バスマットなども同様の理由で分けて洗うことが多いようです。これらのことから見てわかるように、デリケートなもの、汚れや色が気になるものは分けて洗っている家庭が多いようです。

家庭によって洗濯を分けるもの

次に、家庭によって洗濯を分けるものを見ていきましょう。家庭によっては分けて洗う、という場合なので、参考程度にみておきましょう。まずはフェイスタオル。清潔感の気になるフェイスタオルは同じタオル類でもバスタオルとは分けて洗う家庭もあるようです。次に靴下。これはやはり汚れが気になる方はほかの洗濯物とは分けて洗う方がいるようです。また、中にはパジャマも分けて洗うという家庭もあるようで、少々潔癖な方もいる模様です。このように、家庭によっては細かく分けて洗濯をするようです。

バスタオル以外で分けるタオル類

さきほど、バスタオルは分けて洗わなくても大丈夫、という話はしましたが、バスタオル以外のタオル類についてみてみましょう。最初に話した通り、清潔感の気になるフェイスタオルもバスタオルも一緒に洗っても問題はありません。しかし、新しいタオル類は分けて洗った方がいいようです。また、毛足の長いタイプも分けることをお勧めします。というのも、こういったタイプのタオル類は、一緒に洗ってしまうと、毛が抜けてほかの洗濯物についてしまうことが多々あるため、洗濯は分けたほうがいいでしょう。この際、目が細かめの洗濯ネットに入れると、お互いに糸くずがつくのを防ぐこともできるのでお勧めです。

意外と知らない洗濯を分けるべきもの

最後に、意外と知らない、洗濯を分けたほうがいいものについて見てみましょう。まず、これは知っている方も多いと思いますが、初めて買った色物。これは色移りの可能性があるためです。ここで豆知識ですが、その服が色移りするかどうか確かめる方法があります。服の裾の裏などを目立たない部分に洗剤をちょっと溶かして、その部分を白いタオルなどでこすって洗い、そのタオルに色移りするか否かで判断できるようです。次に分けて洗うべきは紐のついた衣類などのデリケートな衣類。他の洗濯物と洗ってしまうと、型崩れしたり、最悪の場合、破れたりしてしまいます。洗濯をする際には洗濯用ネットに入れて洗いましょう。ほかにもフリースなどほかの洗濯物の繊維がついてしまうものも分けて洗った方がいいでしょう。色物、デリケートな衣類、フリースは要注意ですね。

まとめ

細かく洗濯を分けるのは大変ですよね。最近の技術の進歩のおかげで、だいたいのものは一緒に洗っても大丈夫になってきているようです。これで多少の汚れが気になる洗濯物もまとめて洗ってしまっても安心ですね。しかしこれまでに述べたとおり、分けて洗った方がいいものも存在します。大切な洋服は大切に扱って、いつまでも綺麗なまま着ていたいものです。正しい洗濯で大切な洋服を守っていけたらいいですね。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ