その答えはここにある!

アンサー119

意外と知らない? トイレの水を流す部分の名前

   

意外と知らない? トイレの水を流す部分の名前

トイレの水を流す時に使うあの部分、なんというか知っていますか? レバー? ハンドル? 中にはセンサーやボタンなど様々ありますよね。そもそも日々の中であれの名前を呼ぶこともそうないので、なかなか知る機会もないかと思います。しかしいざトイレが故障してしまった際に、名称がわからないと困りますよね。今回はそんなときのために、あのトイレの水を流す時に使うあの部分の名前と、その種類について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

トイレ掃除はどこから始めるのが正解?正しいトイレ掃除手順

現代の若者はトイレ掃除の手順を知らない人が多いそうです。実際...

観葉植物を室内で育てる時の虫の駆除方法とオススメ予防法!

部屋の中にいつの間にか入り込んでいる虫。小さなコバエから人々...

部屋が綺麗な人は仕事ができる?仕事の仕方を覗き見!

会社に行けば、いつもデスク周りはきれいに整っていて仕事もバリ...

ママ友との会話が苦手な方必見!会話術 !

子供ができると保育園や児童館に足を運ぶことがあるかと思います...

物を減らす片付けで部屋をすっきりさせよう!

部屋を片付けるには時間がかかるし、労力が必要になります。ドラ...

目に入ったゴミの取り方!

目にゴミが入ると痛くて涙が出てきますよね!鏡で目を見てもゴミ...

香水の付け方!冬バージョン !

実は香水って時期によって付け方が違うのをご存じですか?今回は...

アイロンのしわが伸びない時の対策とシワの予防方法!

普段からアイロンがけをしている方もそうでない方も、なかなかし...

スマホの電波改善におすすめのアンテナ!

自宅や外出先でスマホの電波が悪いとイライラしてしまう方は少な...

人付き合いが苦手な人におすすめの仕事!

人との関わりはとても大切なことですが、たまに億劫に感じてしま...

ポリエステルについたシワが取れない時の対処方法!

ポリエステル素材の衣服についたシワってなかなか取れずらいです...

お風呂のカビ取りが簡単にできる方法 !

寒くなりお風呂が恋しい季節になってきましたね(笑)お風呂に入...

トレンチコートのお洗濯を失敗させない方法 !

トレンチコートが大活躍するこの季節!頻繁に使うものですがなか...

観葉植物を育てよう!虫がわかないための育て方 !

部屋に緑があるとなんとなく癒されるものです。室内に観葉植物を...

安心してお部屋に使える!消臭スプレーを手作りする方法 !

お部屋の臭いが気になるときの選択肢のひとつとして、消臭スプレ...

20世紀に活躍した近代・現代美術の画家たち

美術の歴史は大変古く、一万年以上前の旧石器時代のものとみられ...

部屋が汚いのは天才の証!?汚部屋の住人に隠された才能とは?

部屋を綺麗にしたいとか、部屋は整理整頓されているべきだと考え...

部屋の片付けの効果とはズバリ!強大な幸運をもたらすこと!

綺麗に整理整頓され無駄なものが一切なく、ホコリは塵一つない清...

部屋が綺麗な人と汚い人の違いとは?腸内環境も大きく関係!

部屋が綺麗な人と汚い人、両社の違いなんて単純に部屋の状態だけ...

片付けてもすぐ散らかるのは病気が原因?一番の問題とは?

どんなに頑張って部屋を片付けても、すぐに散らかってしまう。自...

スポンサーリンク


トイレの水を流す部分の名前

まずは一般的なトイレに設置されているトイレの水を流す部分の名称についてみてみましょう。これは主に「洗浄ハンドル」「レバーハンドル」「洗浄レバー」と呼ばれています。これは和式でも洋式でも呼び方は変わらないようです。ここでは「レバーハンドル」で統一して話を進めていきます。このレバーハンドルですが、一般的なトイレのレバーハンドルには、前後にひねって水を流すタイプとレバーを押し下げて水を流すタイプの2種類が主流となっているようです。私の家のトイレのレバーハンドルは前後にひねるタイプですが、これは大小と流す水の量が調節できて便利ですよね。もっとも、近頃は節水のため小の使用を推奨されていますが(笑)

トイレの水を流す仕組み

次にトイレの水が流れる仕組みについてみていきましょう。最近では様々なトイレの種類があるため、トイレによってその仕組みが異なりますので、今回は一般的な、手洗い付きタンク(手を洗う水の出るタンク)のついた洋式トイレの仕組みについてみていきたいと思います。使用前のタンクには水がたまっていて、普段はバルブが蓋をして水が流れないようになっています。このバルブはレバーハンドルと間接的に鎖で繋がっており、レバーハンドルを回すことによって、バルブが持ち上がり、便器へ水が流れ出します。水がある程度減ると、ボールタップといって、タンク内にある浮玉が下がれば給水し、上がれば水を止める仕掛けが作動します。するとタンク内の水が流れ終わるとバルブが閉まって水が止まり、浮玉があがりきるまで給水され、再びタンク内に水が溜まります。以上がトイレの水が流れる仕組みになります。

トイレの水を流すもの

次にレバーハンドル以外の、水を流すものについてみてみます。家庭用トイレに多いのはレバーハンドルですが、お店や公共施設などのトイレは、レバーハンドル以外のものが増えています。一番多く見るのはセンサー式と壁面ボタン式でしょうか。センサー式は手をかざして水を流すタイプです。中には、トイレから出ると自動的に水が流れるものもあり、流し忘れの心配もなく安心ですね。次の壁面ボタン式は水を流すためのボタンが独立して壁に設置されているタイプです。押すだけなので楽でいいですね。最後に、筆者自身はあまり見たことはありませんが、リモコンタイプです。これはビデなどの操作ボタンと一緒になって、水を流すボタンが設置されているタイプになります。こちらは大小と分かれているタイプもあり、ほかのものと違って流れる水の量を調節できるのは便利ですね。このように水を流すものも進化してきているようです。

トイレの種類と名前

今度はトイレの種類を見てみましょう。トイレは一般的に和式と洋式の2種類に分別されています。和式トイレは昔ながらの、便器をまたいで使用するタイプです。学校などの公共施設のトイレではまだ設置しているところもありますが、その数は減っているようです。一方、洋式トイレは現在の一般的なトイレですね。蓋の有無程度の違いはありますが、最もポピュラーなトイレといえるでしょう。また、男子トイレに設置されている小便器もありますね。近頃はこれもセンサー式が増えてきているようです。ほかにも多機能トイレがあります。これは車いすを使っている人や高齢者など、色々な人の為にある、通常よりも広めなトイレになっています。手すりやおむつ交換台なども設置されています。

最新のトイレの名前

最後に最新のトイレを紹介したいと思います。その名も温水洗浄便座。これには便座を暖める暖房機能と温水で局部を洗浄する機能がついています。タイプとしては便座の横にボタン等がある袖付タイプと、便座とは別に壁面にボタン等が設置されているリモコンタイプの2つがあります。ほかにも節電のためのタイマーや、トイレをあまり使用していない時間帯を自動的に学習するものなどがあり、節電対策がなされているものが最近は普及されています。また、省エネ対策のために、使用時のみ瞬間的に便座を暖め、温水にする瞬間式もあり、さらには人感センサーによって蓋を自動開閉したり、自動洗浄したりするものもあるようです。時代に合わせたトイレがどんどん普及されているようですね。

まとめ

身近にあっても名前を知らないものって結構ありますよね。しかし今回のトイレのように何かトラブルがあったときに名前を知らないと困ることもあります。日ごろから様々なことに関心を持っておくと、思わぬ収穫もあるかもしませんね。最近のトイレはどんどん進化していっています。温水洗浄便座には、冬場トイレに引きこもりがちな筆者はいつもお世話になっています(笑) みなさんもこれを機に、自分の家のトイレを見直してみてもいいかもしれません。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ