その答えはここにある!

アンサー119

意外と知らない? 日本人の顔の特徴

   

意外と知らない? 日本人の顔の特徴

当たり前のことですが、人それぞれ顔には違いがあります。その顔には生まれた土地によって特徴に傾向があります。例えば日本人とアメリカ人では顔立ちが全く違いますよね。しかし日本人の顔にはどんな特徴があるかご存知ですか? 今回はぼんやりとしか知らない、日本人の顔の特徴についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


日本人の顔の特徴

それではさっそく日本人の顔の特徴についてみてみましょう。日本人は他国と比べても、特に目立った点のない平均的な顔といえます。それでは部分的に詳しく見てみましょう。顔は丸みを帯びた三角形で小さめ、面長・えらが張っているケースは少ないようです。髪は黒く、肌の色は主に茶色ですが、女性が色白で、男性は褐色の傾向にあります。顎は短く、引っ込んでいる人が多く、彫りは浅く、額にかけて削げているのも特徴です。男性は鼻の形が鷲鼻のようになる傾向があるようです。また、日本人らしい特徴のひとつとして蒙古ひだがあります。これは上瞼が目頭を覆う部分にある皮膚のひだのことを指します。この蒙古ひだは、目を小さく切れ長に見せてしまうので、女性の中には切開してしまうケースも少なくないようです。とはいえ、日本の中でも地域によっては顔立ちや肌の色が異なります。沖縄県の方と北海道の方の顔を比べれば一目瞭然ですよね。北の方では色白が多く、南の方は肌が浅黒く、顔立ちがはっきりしている傾向にあるようです。

アジア圏と日本人の顔の特徴

それでは次に、アジア圏の国と日本の顔の特徴を比べてみてみましょう。東アジア人の顔の特徴として、目尻の骨が出っ張っており、一重瞼が多いようです。頬骨が広く、鼻が低いため、顔が平たく見えることも特徴の一つです。打って変わって南アジア人や中東、西アジア人の顔は、二重瞼で鼻が高いという特徴を持っています。そうした点からみると、日本人の顔は濃くもないが薄くもない、やはり平均的な顔が特徴的といえるでしょう。細かい部分に焦点を当てていくと、東アジアの中では、目はそれほど細くも小さくもないようです。しかし鼻は他と比べて高く、彫りも東アジアの中では深いほうです。

日本人と中国・韓国人と比べた顔の特徴

ここでもう少し範囲を狭め、日本人と顔がよく似ているとされている中国、韓国人の顔とその特徴を比べてみましょう。まずは中国人との比較ですが、日本人の顔の特徴として、目は一般的に小さいのに対し、中国人は目が大きい人が多いようです。また、輪郭についても、丸みを帯びた三角形が多い日本人に対し、中国人は丸形が多く、吊り目がちとなっており、派手な顔立ちの多い特徴を持っています。次に韓国人ですが、中国人ともまた違って、顔は頬骨が高く、えらが張った、野球のベース型をしています。目は一重瞼の切れ長で、耳たぶは日本人と比べて薄めの人が多いようです。このように、非常に似ているといわれていても、詳しく特徴を見ていくと、明白な違いがあるのがわかりますね。

日本人の顔の種類「縄文系」

続いて、日本人の顔を種類別にみてみましょう。日本人の顔には3つの種類があります。「縄文系」「弥生系」「混血系」です。それぞれの顔の特徴は異なり、縄文系と弥生系はやや対照的な特徴を持っています。縄文系は、インドネシアやフィリピンなどの国でみられる顔つきです。特徴としては太い眉、二重瞼、厚い唇などがあります。全体的に濃いめの顔で、彫りの深い立体的な顔つきをしており、四角か長方形の顔の形が多い傾向にあるようです。目は大きくて丸く、先ほども述べたように眉は太く、濃い直線的な形をしています。髭はやはり濃く多めで、瞼は二重になっており、鼻は広く高く、耳たぶは大きめです。歴史の教科書に載っているような典型的な濃い顔立ちがわかりやすいでしょう。

日本人の顔の種類「弥生系」「混血系」

次に「弥生系」「混血系」をみてみましょう。弥生系はモンゴル人の人に多く、平たんな北アジア系の顔とされています。特徴として、細い眉、一重瞼、薄い唇などがあります。全体的に薄めの顔で、顔は丸みを帯びており、彫りの浅い傾向にあります。頬骨は大きく、目は細い一重瞼、鼻は小さく低めで、耳たぶは小さいです。髭は薄く、汗をかきにくい特徴があります。混血系は、名前の通りですが、双方の特徴を併せ持っています。特徴の出方は人によりますが、この混血系が現代の日本の顔の大半を占めています。

まとめ

以上、見てきたように、日本人は他と比べてみても平均的な顔立ちが多く、地域によっては顔の濃さは違いますが、全体的にみても薄いほうだといえるようです。顔の形は丸みを帯びた三角形で、肌は茶色く、蒙古ひだがあるのが特徴的ですね。しかし、日本人に限らず、近頃は様々な血が混じり、顔の特徴も国に限らず、バラバラになってきているようです。もしかしたら数年後には、こうした国による顔の特徴なども変わっているかもしれませんね。

 - 雑学 おもしろ

ページ
上部へ