その答えはここにある!

アンサー119

悪性リンパ腫は血液検査の数値だけで異常なしとわかる?

   

悪性リンパ腫は血液検査の数値だけで異常なしとわかる?

首の周りに何かしこりのような腫れのようなものを感じて病院へ。診察を受け採血し血液検査をすると、先生から「悪性リンパ腫の疑いがあります」と、突然言われたらびっくりしますよね。いったい悪性リンパ腫という疾患はどんな部陽気なのか?また、血液検査の数値から異常があるのか?ないのか?異常なしならいいのですが。今回は悪性リンパ腫という病気について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

トイレの観葉植物で消臭ができる!画期的なオススメ消臭植物

トイレに観葉植物を置いたら消臭効果があるのか?疑問に思ってい...

観葉植物に虫がわかないようにしたい方必見!効果抜群対策法

観葉植物を育てていると、どうしても虫がわいてしまったりします...

部屋が綺麗な人の見た目はどんな感じ?部屋の綺麗さとの関係

人の第一印象は見た目が9割と言います。確かに、きちんと整った...

観葉植物を室内で育てる時の水やりの正しい方法と注意点

室内で観葉植物を育てていても、うまく水やりが出来なくて枯らし...

トイレ掃除はどこから始めるのが正解?正しいトイレ掃除手順

現代の若者はトイレ掃除の手順を知らない人が多いそうです。実際...

観葉植物を室内で育てる時の虫の駆除方法とオススメ予防法!

部屋の中にいつの間にか入り込んでいる虫。小さなコバエから人々...

部屋が綺麗な人は仕事ができる?仕事の仕方を覗き見!

会社に行けば、いつもデスク周りはきれいに整っていて仕事もバリ...

ママ友との会話が苦手な方必見!会話術 !

子供ができると保育園や児童館に足を運ぶことがあるかと思います...

物を減らす片付けで部屋をすっきりさせよう!

部屋を片付けるには時間がかかるし、労力が必要になります。ドラ...

目に入ったゴミの取り方!

目にゴミが入ると痛くて涙が出てきますよね!鏡で目を見てもゴミ...

香水の付け方!冬バージョン !

実は香水って時期によって付け方が違うのをご存じですか?今回は...

アイロンのしわが伸びない時の対策とシワの予防方法!

普段からアイロンがけをしている方もそうでない方も、なかなかし...

スマホの電波改善におすすめのアンテナ!

自宅や外出先でスマホの電波が悪いとイライラしてしまう方は少な...

人付き合いが苦手な人におすすめの仕事!

人との関わりはとても大切なことですが、たまに億劫に感じてしま...

ポリエステルについたシワが取れない時の対処方法!

ポリエステル素材の衣服についたシワってなかなか取れずらいです...

お風呂のカビ取りが簡単にできる方法 !

寒くなりお風呂が恋しい季節になってきましたね(笑)お風呂に入...

トレンチコートのお洗濯を失敗させない方法 !

トレンチコートが大活躍するこの季節!頻繁に使うものですがなか...

観葉植物を育てよう!虫がわかないための育て方 !

部屋に緑があるとなんとなく癒されるものです。室内に観葉植物を...

安心してお部屋に使える!消臭スプレーを手作りする方法 !

お部屋の臭いが気になるときの選択肢のひとつとして、消臭スプレ...

20世紀に活躍した近代・現代美術の画家たち

美術の歴史は大変古く、一万年以上前の旧石器時代のものとみられ...

スポンサーリンク


悪性リンパ腫とは?

悪性リンパ腫という疾患は、血液の中を流れたり、体の中を巡っているリンパ球細胞が、極端に増えることで、脇の下や首の周りのリンパ節にしこりが出来たり、体のある部分腫れたりする病気です。「悪性」と病名にありますが、今の医療では高確率で治療により治癒を目指せるとも言われています。

悪性リンパ腫の症状とは?

一番多い症状は、わきの下や首まわり、足の付根、鼠蹊部、などリンパ節の多いところに腫れやしこりが出来て、痛みはあまり感じられないようです。その他、体重減、発熱、寝汗(非常に多い)がよくある症状です。今の3つの症状が「B症状」と呼ばれ、悪性リンパ腫特有の症状になります。腫れやしこりは初期の症状ですが、痛みが伴わないため早期発見をしにくいのが現状です。

リンパ節の腫れしこり等は、風邪などでもできることもありますし、梅毒や結核、白血病等の重篤な疾患の場合もあります。ただし、それらの病気のほとんどが痛みを伴います。リンパ節に痛みもないのに1センチ以上のしこりや腫れがあった場合は、悪性リンパ腫の疑いがありますので専門のお医者さんに診察を受けた方が良いでしょう。

悪性リンパ腫の検査

自らリンパ節の腫れに気づいて病院を受診っする方もいるようですが、最近は、会社や学校等の健康診断、定期検診での血液検査によって異常が見つかる場合が多いようです。全身にリンパ節は巡っていますので検査では広範囲に詳しく調べなければならないようです。

検査の種類

血液検査
体内に潜んでいるがん細胞がどのくらいあるのかを、LDH(乳酸脱水素酵素)の数値から推測できます。しかし、この血液検査だけでは悪性リンパ腫の診断をつけることは難しいようです。

画像検査1
リンパ組織やリンパ節は体全体を巡っていますので、MRIやCTなどで全身を調べることも大切です。身体の中のリンパ節などの腫れを判断します。

画像検査2
この検査は必要に応じて行われます。
PET検査、内視鏡検査、超音波検査、全身や骨のシンチグラム。
胃や鼻、脳などにも悪性リンパ腫が出来るタイプがあります。リンパ腫(腫瘍、しこり、腫れ)が出来た部位によって画像検査が追加されます。

リンパ節生検
この検査がもっとも重要な検査です。
悪性リンパ腫の判断を確定するにはた、実際にしこりになっているリンパ節を切除して、詳しく調べて病気種類やタイプを確定出来ます。この生検では悪性リンパ腫の種類や悪性度などが分かります。1,2週間くらい結果が出るのにかかります。

血液検査の数値で判断?

血液検査の数値は男性(成人)の場合、赤血球が400〜550㎜3、女性(成人)の場合、350〜500㎜3が正常の範囲とされています。数値的に異常がなければ問題ありませんが、合わせてCTでも異常が確認されなければ、さらに安心です。ですが、突発的な体の変化には注意をしておきましょう。

悪性リンパ腫の治療

悪性リンパ腫の治療は、抗がん剤(化学療法)、放射線療法、R-CHOP療法(点滴治療)、モノクロなーる抗体療法、等があげられます。リンパ腫のひろがりや、進行度によって最適な治療法が選択されますが、抗がん剤には副作用が伴います。

副作用として、抗がん剤による、下痢、便秘、口内炎、吐き気、しびれ、肝機能障害、腎機能障害、等が出て来る場合があります。

まとめ

悪性リンパ腫の確定診断には生検が必要なようですね。また、この10年くらいで悪性リンパ腫の治療は大きく進歩しているようですが、早期発見、早期治療が重要です。気になる症状があったら直ぐ病院に行ってくださいね。

 - 健康

ページ
上部へ