その答えはここにある!

アンサー119

トイレの観葉植物で消臭ができる!画期的なオススメ消臭植物

      2020/02/22

トイレの観葉植物で消臭ができる!画期的なオススメ消臭植物

トイレに観葉植物を置いたら消臭効果があるのか?疑問に思っているそこのあなた。結論から申し上げますと、消臭効果はあります!トイレの臭いは誰もが気になりますし、良い香りのするトイレというのは風水的にもとても運気アップしやすいと言われています。しかし、どんな植物でもいいのか?というと実はそういうわけではありません。トイレに観葉植物を置いて、トイレの消臭効果を期待しようと思っているあなたのために、今回は、実際に消臭効果のある観葉植物についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


消臭効果のあるオススメ観葉植物

植物は確かに空気を綺麗にする働きを持っていますが、トイレの臭いと街中の空気では空気中に含まれる臭いの原因が違います。そして、植物によって吸収しやすい成分も違うのです。そのため、トレイの臭いの原因となっているアンモニアを吸収してくれる植物を選ばなければ、実際に効果が薄くなってしまいます。では、消臭効果のある植物ってどれ?と気になりますよね。ここでは、NASAの研究や日本花普及センターによるアンモニアの臭いを中心に、トイレの臭いを消してくれる植物をご紹介しましょう。

・アンスリウム …熱帯アメリカが原産なので、高温多湿、半日陰を好みます。冬場のトイレは気温が低いので暖かい部屋に移動させた方が良いでしょう。NASAの研究結果によると、アンモニアの除去率が高い植物と言われています。

・サンセベリア …こちらは、NASAの研究によると空気清浄効果が高い植物の一つということがわかっています。さらに、株からマイナスイオンを発生させるため、リラックス効果も。熱帯アフリカが原産で、暑さ、日陰、乾燥に強い。寒さには弱いが、冬場の水やりを極力控え乾燥させて育てると寒さにも耐えることができます。

・スパティフィラム …こちらは、アンモニア、トリクロロエチレン、ホルムアルデヒド、ベンゼン、キシレンを除去できるので、空気清浄の効果が高いと言われています。多湿を好み日陰にも強いのでトイレに向いています。しかし、寒さには弱いので窓際に置く、定期的に日光に当てる、冬場は暖かい部屋に移動するなどの対応が必要です。

・コヤブラン …NASAの研究結果によると、アンモニアを除去する効果があるとのこと。日陰でも育つのでトイレでも育てやすいですし、乾燥にも強いのでお世話も比較的ラクチンです。初心者にオススメです。

トイレに置く観葉植物の選び方

では、実際に消臭効果のある植物をトイレに置いてみましょう!実際にトイレに置く観葉植物を選ぶ際、気を付けることがいくつかあります。まずは、場所がトイレなのでスペースが狭いため、置ける植物の大きさにも限りがあります。まずは、あなたの家のトイレにはどのくらいのサイズが適切か?考える必要があります。しかし、置き場所と言ってもなにも、床に置くだけが置き場所ではありません。窓辺に置いたり、壁に掛けたり、天井から吊るしたり、壁に棚を設けてそこに置くこともできますよね。

賃貸物件だと壁に穴をあけるのは避けたいところですが、今は画鋲でもしっかりと固定できる飾り棚や穴が目立たない画鋲もあります。空いた穴を目立たなく修復するアイテムもありますので、そういったものを使ってみると、トイレでも観葉植物を置いて楽しむことができますよ。タンクや壁の飾り棚なら、小さい盆栽や多肉植物などをいくつか並べて飾るのもかわいらしくておススメです。

トイレにどのように飾るか決まったら、次はトイレの環境です。トイレは水場なので、基本的に多湿です。空気の入れ替えは、窓がなく換気扇だけの場合もありますし、湿気もこもりやすい。さらに、多くのトイレは日当たりが悪かったりするので、冬場は特に寒い場所です。なので、耐陰性、耐湿性、耐寒性に強い植物を選ぶ必要があります。さて、あなたのトイレはどんな環境でしょうか?

トイレで観葉植物を育てる方法

トイレで植物を育てるのは難しいと思われがちですが、3つのポイントを押さえれば問題なく育てることができます。そのポイントとは、水やり、日光、温度です。先ほど、トイレは湿気がこもりやすいとお伝えした通り、トイレで植物を育てる場合には、水のやりすぎには気を付けなければいけません。それは苔類の植物でも同じです。水をやりすぎると根腐れを起こしてしまいますので、水をあげるタイミングは、植物の葉の垂れ具合や艶、土の乾燥レベルをきちんと確認してからあげるようにしましょう。植物は、いくら日陰で育つとはいえ、日光がなければ生きてはいけません。もしトイレに窓がない場合には、毎週一度はその植物に合った日差しを浴びせてあげてください。そして、冬場のトイレはとても寒いので、耐寒温度を下回るようなときには植物をトイレから暖かい部屋へと移してあげましょう。

管理が苦手な人は最先端技術で

トイレに観葉植物を置きたいけど、うまく育てる自信がないという方にオススメしたい最新技術があります。それは「人工観葉植物」を取り入れること。もちろんただの人工観葉植物ではありません。光触媒という加工を施したものです。光触媒とは、光触媒物質(二酸化チタンなど)が太陽や蛍光灯の光などで化学反応を起こし、空気中の元素と反応し酸素や水素に分解して臭いや化学物質を分解してくれる科学技術。光触媒は、ウィルス、雑菌、ホルムアルデヒドの分解、ペットやたばこの臭いを消臭してくれますし、防カビ効果もあるそうです。人口植物なので、土も水やりも必要もなく虫もわかない、そして何より枯れません!!最新技術を使えば、植物の管理が苦手な方でも植物で空気清浄と消臭を行うことができますよ。

消臭以外のうれしい効果

トイレの消臭に効果的な植物についてお伝えしてきましたが、植物自体には知っておいていただきたい、それ以外のうれしい効果がたくさんあります。エアコンの風は部屋の乾燥を促しますし、冬場になると石油ストーブなどで空気も汚れやすくなります。そんなとき、植物は空気の消臭作用だけでなく二酸化炭素を酸素に変えてくれるので新鮮な酸素で部屋を満たしてくれます。そして、部屋が乾燥しているときには、根から吸い上げた水分を蒸散して湿度を調整する性質があります。

観葉植物を部屋に置いておくことで、なんと部屋の湿度を50~60%程度に保ってくれたりもするのです。湿度が60%なんて高すぎる!と思われるかもしれませんが、風邪やインフルエンザなどのウィルスの発生を抑えるのに効果的な湿度は約60%ほど。だからといって加湿器を付けると、電気代もかさみますし、加湿器の水分で家具やフローリングが傷んでしまうこともあります。加湿器での部屋の湿度調節はなかなか難しいですが、植物なら勝手に湿度調節をしてくれるのです。

さらに頼もしいのは、植物はフィトケミカルという化学物質を放出します。このフィトケミカルは、なんと!人間に有害なバクテリアやカビの胞子などを抑制してくれます。その他に、フィトンチッドというリラックス効果のある成分も放出していたりもします。そのおかげで、植物が多いところではリラックス効果が高いと言われますし、植物の緑は人間の目の疲れを和らげてくれたり、緊張を解いて心を落ち着かせたりする効果もあります。このように、植物の力は、空気を綺麗にしたり臭いを取り除いたりするだけではないのです。

まとめ

植物の持つ力は、私たちの生活には欠かせないものです。植物を取り入れる理由が、消臭効果を期待するものだとしても、部屋のインテリアだとしても、どんな理由にせよ私たちが思っている以上に、植物は私たちにたくさんの恩恵を与えてくれています。部屋に植物や花を飾っている人にうつ症状がみられにくいというのも、植物の力なのでしょう。それに、トイレに植物を置くことは、風水やスピリチュアル的にもとても良いとも言われていますし、植物をトイレに置いて空気が綺麗で居心地の良いトイレにしてみてください。

 - 生活 暮らし , ,

ページ
上部へ