その答えはここにある!

アンサー119

物を減らすための極意を伝授!誰でもできる片付けのルール

      2019/12/23

物を減らすための極意を伝授!誰でもできる片付けのルール

物で溢れた部屋を見るたびに「部屋の掃除をしなくちゃ…」と、つい脅迫観念に襲われてしまうもの。年末が近づいてくると、なおさら「掃除」の二文字が頭をちらつかせてしまいますよね。いらないものを捨てて荷物を減らしたいと思ってはいても、いざ物の選別を始めると「どれも捨てられない!」と、結局以前の部屋をキープすることになってしまう。そんな、物を減らせずに困っているあなたのために!今回は、物を減らすための極意をまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


物を減らす=悪いことではない

物を減らせない人にとても多いのが、「もったいない」という気持ちがあることです。物を大切にするというのは、とても素晴らしいことです。しかし、「物を捨てること=物を大切にしていない」ということではないんです。

そして、「物を捨てる=悪いこと、もったいないこと」でもなく、「物を減らす=不便になる」わけでもありません。物を減らせない人の頭の中には、こういった方程式が成立してしまい、その法則を捨てられないからどんどん部屋が物で溢れていってしまうのです。

リサイクルできるものはリサイクルに出して、他にもっと大切に使ってくれる人の元へ行った方が、物も自分の役割をしっかりと果たせます。いつまでも使わず箪笥の肥やしにしてしまっているよりは、何らかの形で手放してもらった方が物にとっても新しく生まれ変わるチャンスでもあり、とても有難いことなのです。

物を減らすことも大切ですが、まずは、物を減らすことが悪いことだという考えを捨ててしまいましょう。物がなかった時代では、物を大切にすることは当たり前でした。代わりがないのですから当然ですよね。

しかし、今は物に溢れている時代です。あなたは今の時代を生きる人なのですから、昔の考え方を祖父母や親などから受け継ぐ必要はないのです。今の時代に合った考えを持つことも、物を減らすときの大事な考え方の基準になりますよ。

物を減らせなくなる不安の呪い

部屋に溢れるたくさんの物を見ても、「いつか使うから」「いざという時にないと困るから」という理由で手元に置いてある物はありませんか?その考えは、すべてあなたの未来に対する不安からくるものです。でも、その「いつか」っていつのこと?1か月後かもしれないし50年後か…はたまた一生こないかもしれません。

その場合、その大切にとっておいた荷物を来世まで取っておきますか?人は目に見えないものは、不安になったり恐怖を感じたりしてしまうものです。ですが、それは見えないものを見ようとするからなんですね。どんなに頑張ったって見えないものは見えません!

そして、見えないものに目を向けてしまうのは、目の前の見つめるべき問題から目を逸らしたいからなんです。「部屋の汚れは心の汚れ」です。あなたの部屋と同じように、あなたの心もだいぶ荒れているはずですよ。部屋が汚いのはどうしてなのか?どうしたら心に余裕を持てるようになるのか?

そうなるためには、部屋を綺麗にするか心を綺麗にするか、どちらかを始めれば自ずと片方も綺麗に整ってきます。心の問題の解決に時間がかかるようなら、先にお部屋の掃除をしてあなたのコンフォートゾーンを綺麗に整えた方が、あなたの心も早く整ってきますよ。心が整理できれば、冷静な判断ができるようになり心にも余裕が生まれます。

そうすると、未来に対してもどっしりと構えられるようになり、物を減らせない不安の呪いである「いつか」や「その時」が来た時点で考えればいいや!と、今までの執着心が嘘のようになくなります。ぜひお試しください♪

物を減らす邪魔になる原因は値段

人からもらったものでも、自分で買ったものでも、高価なものはやっぱりなかなか捨てられないですよね。物を大切にするがために捨てられないという「もったいない」精神とは違い、高価な物でそれだけの価値があるから捨てるのは「もったいない」ということですね。

でも、物の価値は値段ではありません。その人が決めることであって、物の値段はあくまでも物の原価にブランドや機能などの付加価値をわかりやすく金額で表しているにすぎません。物を捨てる時に、その物にあなた自身が価値を見つけられるものならば、それは大切にとっておくべきものです。

しかし、高価な物とか人気のブランドものとか高性能などという高い付加価値意外にあなたが何の価値も見いだせないようなら、あなたがそれを持っていては単なる宝の持ち腐れでしかありません。もっと喜んで使ってくれる人の元へ届くよう、手放してあげましょう。

物を処分するときに、金額は結構大きな枷になりますが、自分自身が価値を見出せるか否か?で判断するように心がけてくださいね。そうしないと、すぐ金額の呪いにかかってしまい箪笥の肥やしを増やしてしまうことになりますよ。

極意その①絶対的ルールの設定

部屋にある物を減らすときに、絶対にしておきたいこと、それは「物のルールを決める」ということです。具体的に説明しますと、「物の定位置を決める」ということと「物の状態を決める」ということです。「物の定位置」というのは、文房具はまとめて引き出しの一番上にしまうとか、靴ベラは玄関ドアのマグネットフックにかけておくなどです。

こうすることで、物を片付けるときに「どこにしまおう?」と悩まなくて済みますし、場所が決まっていれば使った後に自然と元の位置に戻すことができるようになります。「物の状態」というのは、布団はきちんとベッドメイクした状態にしておくとか、テーブルの上には何も置かないなどです。

ただし、物の状態は、その時の生活にもよりますのである程度の柔軟性を持たせておくと、ルールに縛られることがなくストレスも減らせます。例えば、玄関には靴を出しておかない。だけど、一日履いた靴をそのまま下駄箱にしまうと、靴の湿気が取れず靴も下駄箱も臭くなってしまうので、その日履いていた靴だけは出していてもOKにする、といった具合です。

極意その②視覚化して行動力UP!

いらない物を分別出来たら、そのままにしておいては元の木阿弥です。分別したことで満足して、お掃除終わり!と思ってしまう方も多いですが、せっかく分別したのだから、きちんとごみの日に出してきっちりと片付けましょうね。きちんと捨てられるように、頭の中ですべて完了させるのではなく、スケジュールを立てておきましょう。細かくなくてOKですよ。

地域によって差はありますが、だいたいごみの日は燃えるゴミの日は週に2回、燃えないゴミの日は月に2回はありますよね。カレンダーに書き込むとか紙に書きだしてもいいので、ごみ捨てを忘れないように目に見えるようにしておきます。ごみの量にもよりますが、多ければ数回に分けても問題はありません。

捨てるゴミを一回分ごとに分けたら、それを写真に撮りスマホのスケジュールに組み込んでアラームをセットすれば、否が応でも対応することになりますよね。大きさごとにまとめて置いて、小さい物から捨てていく、というのも捨てやすくておススメですよ♪

まとめ

自分の持ち物には、どうしても愛着がわいてしまうものですよね。だけど、あれほど大事にしていて捨てられなかったものが、ふとした時期に捨てよう!と思う時がやってきたりします。スピリチュアルでいえば、新たなステージへのステップアップのしるし。量子力学でいえば、自分とその物の波動が一致しなくなったということであり、それは自分の心が成長したということになります。突然物を捨てたくなるとか部屋の掃除をしたくなったときは、自分がすっきりするまで部屋を綺麗にすると、あなたの運気の流れを止めることなくスムーズに運ぶことができますよ。

 - 生活 暮らし , , ,

ページ
上部へ