その答えはここにある!

アンサー119

物を捨てると運気が上がる!おすすめの開運断捨離!!

      2019/11/07

物を捨てると運気が上がる!おすすめの開運断捨離!!

【物を捨てると運気が上がる】って聞いたことある方も多いのではないでしょうか。「運気」を調べてみると、良い運気を部屋に呼び込むためには、常に新鮮な「良い気」が滞りなく舞い込む空間が多くある事が大切なんだそうです。

逆にモヤモヤとして冴えない、そしてなんだか運気が悪いツイていない毎日を送っている時、気がつけばしばらく掃除をする気も起きず物が溢れて散らかり放題、部屋が雑然としていたなんて経験がある方もいるのでは。

物には気が宿ります。不必要な物があふれ、物によって「気」が停滞すると運気も悪い方向に向かってしまうらしいのです。今回は「良い気」が宿る部屋を手に入れるための、物を捨てて運気を上げる具体的な方法をまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


適度な物の配置で運気を上げる

ご存じの方も多いと思いますが、”万物には「気」が宿る”という風水。その風水では”気”に「良い気」と「悪い気」があるとされ、また方角別に置くものによって幸運を呼び込むなど、物に宿る「気」に重きをおいて、邪悪な気が入り込む方角に良い気を持つ物を置き幸運を呼び込むとしています。その風水でも整理整頓ができていない不潔な家は運気を下げると言います。

「気」はもともと通りの良い隙間などに宿る性質をもっているとか。物があふれかえって宿る隙間もなくなってしまった部屋には「良い運気」が入り込む隙間がないのですね。それだけではなく、壊れた物、使われていない物など不必要な物にはそれ自体「悪い気」が宿っているそうです。家の中に「悪い気」が宿っている物があっては、どう頑張っても幸運なんてやってきませんよね。

ですのでそんな「悪い気」を宿した不必要な物はただちに捨てる!そして「良い気」が入り込んでくれる良い隙間を家中につくりましょう。

悪い気が宿りやすい物から捨てる

物にはすべからく存在する意味があります。どんなに大量生産された物であっても、それは使われるために生まれてきたわけで、ただ無駄に存在するために生まれてきたわけではありません。ですが、そうは言っても結局使っていない物って家に結構ありますよね。

一度も着たおぼえのない服や靴。壊れてしまった腕時計に電化製品。こういった存在する意味を失ってしまった物には「悪い気」が宿ります。考えてみてください。日の目も見ずに、ただじっと役目も果たせずに押入れやクローゼットの暗闇の中に長年忘れられ置いておかれているなんて、物に気持ちがあったら暗く陰鬱で嫌な気持ちにしかなりませんよね。その様な状態にある物には悪い気しか宿りません。

運気を上げるために、ただちにこれ等を捨てる行動に移しましょう。まだ使える服や靴なら誰かにもらってもらうかフリマアプリで売るのも良いでしょう。折角出会った物です、最後だけでも敬意をもって処分してみては。物に対する姿勢を改め、2度と無駄なものを買わないマインドチェンジにつなげる良い機会になると思います。

物を捨てることができない人

「運気をあげたい!」とは言え、物を捨てることができない人っていますよね。ここで試しに、過去一年間着ていない服を頭に思い浮かべてください。その服をいざ目の前に並べて捨てるぞとイメージした時、「もったいないな。」「いつか使うかもな?」「これ高かったんだよね。」なんておもってしまった方は要注意。

あなたは間違いなく捨てることができない人です。そんな人におススメなのは、捨てる基準をつくる事です。ご自分を振り返ってみて1年以上着ていない服は2度と着ないですよね。まさにこれが「捨てる基準」です。捨てる事になれていない人は、まずは手始めに次の3つの基準にしたがって捨ててみてください。
①一定期間一度も使わなかった物。 ②壊れて使えない物。 ③他で代用できる物。

3つの捨てる基準で運気を上げる

運気を上げるための捨てる基準①「一定期間一度も使わなかった物。」は、先ほどあげた服が良い例です。他にも健康器具や美容家電なんかもため込んでないですか?礼服など特殊な使い方をする服は別として、一度クローゼットから全ての服を出してシャツやスカートなど種類別に分け、さらにその中から1年以上着ていない物を分け出してください。そして何も言わず何も考えずに一気にゴミ袋に入れてください。

もし誰かに譲るのであれば捨てる物と譲る物にわけて捨てる物はゴミ袋に、譲る物は何か段ボールにでも入れて管理してください。そこで重要なのが、「譲る物箱」の保有期限です。人に譲るなら2週間を保有期間に決めましょう。フリマで売るにしても不動在庫化をさけるために在庫期間1カ月など定め、それを過ぎたら迷わず捨てましょう。

運気を上げる捨てる基準②と③

基準②の「壊れて使えない物。」は比較的捨てるハードルが低いのではないでしょうか。壊れたおもちゃや人形、家電、焦げ付つくからとめったに使わなくなったフライパン。思わぬところでは、すでに何の家電の付属品だったか不明となったケーブルやジャック類、携帯電話の充電器など予想以上の数が出てくると思います。くまなく探して捨てていきましょう。そして最後に③の「他で代用できる物」。

ご家庭の耳かきやハサミ、ボールペンなどをイメージして下さい。複数お持ちの家庭は意外と多いと思います。実はこれが「代用できる物」です。これらは一見必要な物と思うかもしれませんが、実は不用品の仲間と考えるべきです。ひとつあれば十分でもう一つは不要ですよね。

運気を上げるためには「良い気」が入り込む隙間を作らなければなりません。そのためには”不要なもう一つの物”のとるスペースは無駄なのです。この様に「不要である」と考えるべき物を「不要である」と思える事が出来る様になると、次第に自分にとって本来不必要である物を買おうとする衝動を押さえることが出来るようになるのです。

まとめ

捨てる基準を自分の中で持つ事は、実は買う基準にもつながっていると思いませんか?自分にとって本当に必要な物だけを手元に残す事を習慣にできれば、入ってこようとする不要な物を見極める目も自然と持てるようになります。

その結果無駄に散財することもなくなり、生きたお金の使い方ができるようになる。これって運気が上がった1つの証拠ですよね。さらに部屋に無駄な物が無くなり、空間に余裕が生まれるだけでも圧迫感と言うストレスから解放され、リラックスした時を過ごせる。そう考えると金銭的にも精神的にも豊かになれる不要な物を捨てる行動を是非習慣にしたいものですね。

 - 雑学 おもしろ , ,

ページ
上部へ