その答えはここにある!

アンサー119

部屋にカビが生えたら!発生原因とその除去方法!

   

部屋にカビが生えたら!発生原因とその除去方法!

目  次1 部屋のカビ、その発生原因は?2 部屋に生えるカビの性質3 それでもカ …

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


部屋のカビ、その発生原因は?

カビが目に見えている状態は、すでにカビの胞子が湿気や栄養となる汚れなどに反応し、その場に菌糸を出して根を張り定着しつつある状態です。こうなってからでは掃除して取り除くしかありませんが、実はカビは定着する前も空気中に存在しています。

目に見えないカビの胞子はいたるところを浮遊し、「湿気」や「栄養となる汚れ」がある繁殖に適した場所をさがしてうろついているのです。ですので閉め切った部屋や空気がこもりがちな部屋の隅、家具とカベの間、湿気を呼吸する畳、結露しやすい窓枠など、日頃からの換気とお掃除、そして家具の置き方までも気を配ることがカビの発生を抑えるために必要です。ではどの様な条件でカビは繁殖するのでしょう。

部屋に生えるカビの性質

カビと言っても大きく分けて好湿性・中湿性・好乾性と3種類の性質を持つ発生場所の違うカビがいます。たとえばよく見る黒カビはお風呂や衣類・食品など湿度が高いところを好む好湿性。お餅やみかんによく見る青緑色の青カビは中湿性。乾物などにつく黄橙色のカビは好乾性とそれぞれの性質と居場所、見た目は様々です。

なかでも部屋で発生するカビの多くは好湿性で、その特徴は「20度から30度前後の室温」、「70%以上の湿度」、「皮脂や皮膚、食品などのたんぱく質やほこりなどの栄養素」を好みます。ですのでいかにこの3つの条件を排除することができるかがカビの発生を防ぐ事となります。そのため「こまめな換気」で温度と湿度をコントロールして、「ていねいな掃除」でカビにエサを与えない事がカビの予防には重要です。

それでもカビが生えたら

一生懸命換気をし丁寧に掃除をしても、部屋の構造や立地条件によってはどうしてもカビの発生を抑えることができない場合もあります。たとえば真新しい畳は湿気や匂いの吸収能力が高すぎて、逆に水分過多となりカビを招き寄せてしまうこともあります。ではカビが生えたらどうしたらよいのでしょう。

そこで活躍するのがエタノールです。エタノールは酒精ともいわれるアルコールの一種で、ごぞんじの通り病院や家で消毒用に広くつかわれる、基本的に安全性が高い便利なアイテムです。消毒にも使われるエタノールは殺菌効果が高く、菌の一種であるカビのたんぱく質を分解し死滅させてくれるので、カビの除去と予防には最適です。しかも揮発性が高く、あと残りをしにくい性質なので、さまざまな素材につかえるのもうれしいところです。

カビが生えたらエタノールで除去

では、エタノールを使ったカビのとり方を説明します。用意するものは消毒用エタノール。ここで大切なのは純度の高い無水エタノールではなく、約80%程度の濃度に調整された消毒用エタノールを使うことです。無水エタノールは揮発性が高すぎで殺菌する前に揮発してしまいます。

消毒用エタノールは殺菌するまでとどまり菌を死滅させます。エタノールでカビを除去する際、スプレイで吹きかけるとカビの胞子を飛散させ広げてしまうことがあるので、布に塗布しカビの生えている箇所の周りからやさしくふき取るようにしましょう。できれるだけ広い範囲をふき取ることで見えないカビ菌や胞子まで取り除きましょう。キレイに除去できたら今度はスプレイでエタノールを吹付けることで、カビの再発生を予防することができます。

ただし、黒カビによる黒ずみはエタノールだけでは除去できません。黒ずみを落としたい場合は塩素系漂白剤を使うこととなります。ですが漂白剤を使うにはリスクも。漂白剤がしみ込んでしまう場所にはつかえません。水拭きができる箇所にのみ使いえます。また色落ちや素材を傷めることもありますので目立たない場所でテストすることをお勧めします。手順としては、まずエタノールで消毒し、その後色落ちなどテストをし、問題ないようでしたら説明書にそって汚れに吹付け漂白し、その後漂白剤をふき取り、最後に水拭きと乾拭きで仕上げてください。

部屋のカビの予防には

カビの除去だけでなく、予防にもエタノールは活躍します。カビの発生しやすい家具の裏のカベや、床、畳などはカビが生えてしまう前にこまめに掃除をするようにしましょう。カビ菌は浮遊しやすいので、できれば床掃除はいきなり掃除機をかけてカビの胞子を舞い上げて飛散させてしまわない様、まずはドライ式のモップをかけ胞子を取り除いてから掃除機で細かいゴミを取り除き、仕上げにエタノールを全体的にスプレイして殺菌することで、カビが生えずらい環境を保つとよいでしょう。また梅雨の時期やひどい雨が降った日などは湿気がたまりがちですので、エアコンで除湿をしたり、除湿器があれば積極的に使うことを心掛けましょう。カビの予防は日々の湿気と汚れ対策がカナメです。

まとめ

一生懸命掃除しているのに、知らず知らずに掃除機でカビ菌や胞子をまき散らしカビが発生してしまっては残念にも程がありますよね。定期的に正しい掃除方法でカビの発生防止をする事は、そこに住む家族みんなの健康にもつながる大切なこと。エタノールで殺菌なんて手間だななんておもわずに、ひと手間かけてカビ対策。住みやすい自宅環境を維持してくださいね。

 - 生活 暮らし , , ,

ページ
上部へ