その答えはここにある!

アンサー119

バスタオルの洗濯、あなたは分ける派?分けない派?

   

バスタオルの洗濯、あなたは分ける派?分けない派?

毎日の家事仕事のひとつであるお洗濯。あまりに日常的なもののため、普段は何も考えることなくわが家のルールでお洗濯を繰り返しています。ですがこのお洗濯、ひょんなことからよそのお宅との違いを耳にすることもけっこう多いですよね。お洗濯の回数や方法、そして分類の違いなどなど、それぞれの家庭によって違いが出てくる場合も多いんです。その中でももっとも多いケースが、普段の洗濯物には欠かせない「バスタオル」。バスタオル(タオル)をほかの洗濯物と一緒に洗うなんて信じられない!そう考える方も意外と多いんです。そこで、バスタオル(タオル)の洗濯についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


バスタオルの洗濯どうしてる?

ちなみに、わたしは特に汚れがひどいもの以外は一緒に洗っています。なので、バスタオルもほかのお洋服や下着も一緒に洗っています。今まで、このお洗濯で色移りなどの経験や不快感を感じたことは特にありません。しいていうならば、バスマットやキッチンマットなどの足元関係のマット類の場合は別にお洗濯をしています。これは感情的な問題で、なんとなく足元に敷いてあるものとタオルや下着を一緒に洗いたくない・・・という気持ちからくるものです。そしてそれが、わたしがお洗濯を担当する「わが家」のルールとなっています。一緒に洗ったお洋服などにタオルの繊維が付着することを避けるという理由から、バスタオルは分けて別に洗濯をする、という方もいらっしゃいました。それぞれの家庭で方法の違いはあるようですが、要は「気にするか気にしないか」が大きな違いのようですね。あなたのご家庭ではどうでしょうか?

バスタオルと一緒に洗濯したくないもの

洗濯物を分けることで回数を増やすことは、それにかかる手間と時間、そして水道や電気代等の水道光熱費を増やすことにもつながります。ですが、感情的にどうしても譲れないものがある場合は、そのかかる手間や時間、水道光熱費もその家庭によっては必要経費となりますよね。では、どんなものがバスタオルと一緒に洗濯したくないと思われているのかというと、やはり一番は「下着類」のようです。汚れた下着を一緒に洗ったバスタオル(タオル)でキレイな体や顔を拭きたくない!というのが主な理由のようです。ほかにも、旦那さんの作業着などで汚れがひどいもの、油ものがついたもの、なども一緒に洗濯したくないものとして考えられていました。やはりここでも、感情的なものが理由のようです。どうしても譲れない場合は別ですが、手間や時間、水道光熱費はできるだけ抑えたいものですよね。汚れが気になるものは事前に簡単に予洗いをしたり、洗濯ネットを使用することで、感情的にクリアできるようであれば、一緒に洗うこともいろんな「節約」につながります。

洗濯の汚れ落ちのしくみとは?

汚れたものと一緒に洗いたくないという理由には、洗濯機の中での汚れ移りを気にされている方が多いのではないでしょうか。かくいうわたしも、洗濯機のぐるぐる回る水の中で、マット類からの汚れがタオルに付着するイメージを想像してしまい、一緒に洗わないのですが・・・。そこで、洗濯機の汚れ落ちのしくみについて調べてみたところ、これはイメージ先行の考え方であることが分かりました。洗濯洗剤には、「再汚染防止剤」または「分散剤」と呼ばれる成分が配合されているそうです。これは、一度洗濯液の中に溶けだした汚れが再びほかの洗濯物に付着することを防止する成分なのだそうです。科学の力ってすごいですよね。そうは言っても、極端にひどい汚れの場合はやはり別に洗うことをおすすめしているようですが、感情的にもそれは当然のことですよね(笑)。

バスタオル、家族で分ける?

ではここで、洗濯前のバスタオルの使用についても触れてみたいと思います。あなたのご家庭では、家族それぞれで専用のバスタオルを使用していますか?それとも家族で共用していますか?このバスタオル問題も、各ご家庭でのルールがさまざなま問題のひとつです。洗濯の際には、他のものからの汚れ移りを気にして分けて洗濯をするけど、バスタオルの使用は家族で共用、というご家庭も意外と多いようです。洗濯に際してもそうですが、要はすべて「家族がどう感じるか」が問題なようです。ちなみに、わが家ではバスタオルはそれぞれ専用のものを使用しています。自分専用の洗い立てのタオルは本当に気持ちがいいものです。お洗濯方法と一緒に、バスタオルの使用についても改めて家族のルールを考えてみるのもいいですね。

タオルを簡単に分ける方法

洗濯洗剤の汚れ落ちのしくみは分かったけど、やっぱりバスタオルはほかのものとは分けて洗いたい!という方にも、家族で専用のバスタオルを使いたい!という人にもおすすめしたいのがタオルの色分け方法です。家族それぞれの色を決めてしまうと、洗濯時にも、収納するとき、使用するときにも簡単で便利です。そして、このときにバスタオルの使用ではなく、思い切ってタオルへの使用に切り替えてみることもおすすめします。どうせ分けて洗濯をするのならば、洗濯機を回す回数は同じなので、使いながらどうしても濡れてしまうバスタオルを使用するより、乾いたキレイなタオルを何枚かに分けて使用することができます。バスタオルは大きいためにかさばってしまい干す場所もとってしまいますが、タオルならばその問題もぐっと解消できます。そして乾きも早いので便利です。使ったタオルのみを別の洗いカゴにまとめるようにすると、洗濯の際の仕分けもぐっと楽になります。

まとめ

洗濯洗剤に、汚れが再付着するのを防止する成分が配合されているだなんて今まで知りませんでした。家の中で行う家事は、どの家庭でも「マイルール」が基本です。そういった知識を知ったあとであっても、自分が家族が「どう感じるか」がルールの基本です。そういったことのバランスを考えながら、毎日の家事を負担にならないように柔軟に対応していくことは必要だと思いました。自分たちらしいマイルールを見つけていってくださいね。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ