その答えはここにある!

アンサー119

水槽のクーラーを自作する方法!

   

水槽のクーラーを自作する方法!

自宅で熱帯魚や淡水魚を飼っている方なら水槽がご自宅にあるかと思いますが、魚の種類によって特に夏場は水温の上昇を防ぐために水槽用クーラーを購入したことがある方も多いのでは?しかしクーラーって結構高いですよね。そこで自作や代用などできないものか・・・という考えに至った方もいるかと思います。そこで今回は水槽用クーラーの自作方法を調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


水槽の適切な飼育環境

魚を飼おうと思ったときに一緒に購入しなけらばならないのが水槽ですが、ただ水を入れて魚を入れておくだけでは、飼育するのは難しいです。ここでは熱帯魚の飼育の際に適切な水槽内の環境をご紹介します。その際に気をつけていただきたいポイントが3つあります。

1.水質
2.水音
3.水槽内の過密度

1についてですが、魚を飼育していると水槽内の水質は日々変化していきます。綺麗に見えても魚にとっては過酷な状況にある場合もあります。また2の水温に関しては、冷たすぎても暑すぎてもダメです。飼育する魚に合わせて水温の管理をすることが重要です。最後に3に関してですが水槽内にむやみやたらと色々な種類の魚を入れたり大量に入れてしまうのもだめです。一緒に飼育してもいい魚、水槽の大きさに適した数をしっかり守りましょう。魚を飼育したいと思ったら飼育する魚に合わせて何が必要か、適正水温は何度かなど下調べをしっかり行いましょう。

水槽用クーラーの種類

飼育を開始する際に魚によっては水槽用クーラーが必要になる場合があります。しかし水槽用クーラーと一口に言っても2種類あります。1つ目はコンプレッサー式冷却装置というものです。箱型であるため場所を取り冷却音が気になるため設置する場所に工夫が必要です。しかし、電気代が安く済み、冷却力が強く冷却効果が非常に高いのが特徴です。2つ目は、ペルチェ式冷却装置ですコンプレッサー式と比べると電気代が高く、冷却にムラが生じるため小型水槽に向いています。メリットとしてはスリムな形をしていて比較的静かなので置く場所に困りません。どちらも冷却するだけではなく、設定した温度を一定に保つことができるため冬場でも水温低下対策ができるなど1年を通して使用が可能です。

自作クーラーと冷却ファンの違い

水槽内の温度を保つにはもう一つ、クーラーとは作りが違いますが冷却ファンというものがあります。これは作りとしては扇風機のようなものです。メリットとしては、クーラーよりも作りが単純なため購入価格が安い、電気代も安い、取り扱いが簡単である、扇風機なのでクーラーと違い排熱対策が不要で設置も簡単であるという点です。

しかし、もちろんデメリットも何点かあり、クーラーに比べて冷却機能が低い、水槽内の水の蒸発が早い、動作音がうるさいという欠点があります。風を起こして水温を下げるため水分の蒸発がクーラーに比べると早いです。そのため頻繁に水を足す必要があります。また、冷却知能が低いためちょくちょく水温を観察し、ご自宅に設置しているエアコンなどと併用する必要がある場合があります。しかしやはり値段もお手軽、設置等も簡単となると初心者にはクーラーよりも冷却ファンの方が扱いやすい商品と言えます。

自作に必要な準備と方法

水槽用クーラーの自作方法についてですが、人によって自作方法は変わりますが、根本的にパイプを組み立ててそのパイプに水槽の水を循環させ冷やし、冷たい水を水槽に送り込み循環させる。という方法が多いかと思います。そこで必要となるのがアルミパイプ、パイプを接続させるための部品、クーラーボックス、大量の保冷剤や氷、冷やした水を通すホースです。クーラーボックスに大量の保冷剤や氷を入れ、そこにパイプを入れます。その際パイプと水の循環装置に必要なホースは繋げておきましょう。それだけで完成です。

ちょくちょく水温を確認しながら保冷剤や氷を追加するなど一見手間がかかり面倒にも見えますが、電気代がかからないためエコに使用できます。中には自作するよりもクーラーを購入した方が安上りであるとの意見もありますが・・・。そこはご自身の判断で自作してみるのもあり、諦めて購入するもあり。何とも言えません(笑)その他にもクーラーを使わずに水槽内を冷却する方法はたくさんありますので飼育する魚に最も適した方法を見つけてください。

おすすめの水槽用クーラー

自作を残念ながら断念した方やこれから購入を考えている方におすすめの水槽用クーラーをご紹介します。まず、選び方としては自宅の水槽の大きさに適したもの、設置場所、温度が設定可能範囲に適しているかを重視する必要があります。なんでもいいわけではなくご自宅の水槽や魚に合わせて選びましょう。冷却ファンのおすすめ商品は「ジェックス アクアクールファン ビッグ」というものです。コンパクトなサイズながら大型水槽に適しており、205Lまでの水量を最大−4℃冷却することができる優れものです。

次にクーラーのおすすめは「ゼンスイ TEGARU」という商品です。こちらの商品は商品名が「手軽」なだけあって手のひらサイズのコンパクトな形状で設置も比較的簡単で電気代も安く済むというコンセプトの商品です。60L以下の冷却能力に温度設定が45㎝の水槽までは−5℃〜12℃と可能です。小型の水槽であれば十分冷却機能を発揮してくれる商品です。他にもたくさん冷却クーラーは発売されていますので、ぜひ自分にあったクーラーを探してみてください。

まとめ

意外にも魚の飼育って大変ですよね。飼育が難しい魚だと本当にデリケートですぐ病気になってしまったり残念ながら死に至る可能性も少なくありません。ですがやはり自宅でアクアリウムが出来ると癒されますし愛着がわくのも事実。根気よく魚と自分に合った方法で飼育を楽しみましょう!

 - 動物 植物 ペット

ページ
上部へ