その答えはここにある!

アンサー119

ヨーグルトと黒酢を合わせるとダイエットに効果がある?

   

ヨーグルトと黒酢を合わせるとダイエットに効果がある?

テレビでも話題になった、ヨーグルトと黒酢を合わせてとる黒酢ヨーグルトには本当にダイエットに効果があるのでしょうか?ヨーグルトと黒酢を混ぜても食べ合わせは大丈夫でしょうか?また、朝食べると効果的と言われていますが、いつ食べると効果があるのでしょうか?健康に良いとして有名なヨーグルトと黒酢が一緒に摂れる、黒酢ダイエットのやり方とその効果について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


黒酢ヨーグルトのダイエット効果

ヨーグルトは世界中で朝ごはんとして食べられている定番の健康食品です。ヨーグルトに含まれている乳酸菌には脂肪燃焼効果や整腸作用、デトックス効果があります。また、ヨーグルトは、日常の食生活で不足がちな栄養素のビタミンB2、カルシウム、カリウムを効果的に補給してくれます。

一方、お酢も健康食の王様です。毎日摂り続けると血液がサラサラになり、脂肪燃焼、疲労回復、冷え性改善、また、アンチエイジングにも効果的です。さらに、最近では黒酢に含まれるグリシンという成分が、皮膚の免疫機能を活性化することが分かり、美容面でも注目されています。

このよう美容や健康、ダイエットにも良い食品を同時に取れるのですから、黒酢ヨーグルトは便利で効果的な食材です。忙しい朝に作るのが大変な人に、さまざまな種類の黒酢ヨーグルトのドリンクが市販されています。簡単に黒酢とヨーグルトを摂取できる黒酢ヨーグルトは、健康ライフのサポートに心強い味方ですね。

黒酢ヨーグルトの効果的な作り方

ヨーグルトに黒酢を混ぜると、お酢の酸の力で、ヨーグルトの善玉菌が壊れてしまうのではないかと気になります。しかし、黒酢は少量混ぜるだけですので、善玉菌を死滅さすことはありません。それどころか、お酢にはヨーグルトに含まれているカルシウムの吸収を高める働きがあります。

黒酢を適量加えることで、カルシウムの吸収率が上がり、身体に吸収されたカルシウムは、体内の脂肪の吸収を抑える働きをしてくれます。また、黒酢を加えることで、ヨーグルトが単独で食べるよりも、さっぱりとしてまろやかな味わいになります。

黒酢ヨーグルトの作り方は、簡単です。ヨーグルト200gに黒酢を大さじ1〜2杯入れるだけです。酸味が苦手な人は蜂蜜を大さじ1〜2杯入れたり、輪切りにしたバナナを加えたり、また、キナコをかけるのもおすすめです。豆乳や牛乳を加えると、忙しい朝にドリンクとしてサッと飲むことができます。冷凍バナナと一緒にスムージーにすると、お腹の持ちも良く、健康的な朝食の置き換えダイエットになります。

黒酢ヨーグルトの効果的な食べ方

黒酢ヨーグルトは、朝に食べると効果的と言われるのはなぜでしょうか?それは、お酢の持つ脂肪燃焼パワーに関係があります。お酢に含まれているアミノ酸の一種のリパーゼは、酵素を活性化し体脂肪を分解する働きがあります。リパーゼは脂肪の燃焼を促進し、身体の新陳代謝をよくしてくれます。また、クエン酸にも脂肪をエネルギーに変換する働きがあります。運動前に摂取すると、脂肪分解効果を高めることができます。ですから、一日の始まりに黒酢を摂ると、日常生活でのカロリー消費を促進し、ダイエットに効果的です。

お酢はこのように健康によいメリットがありますが、空腹時に大量に摂ると胃に負担がかかります。朝一番にお酢を飲むときは、お湯で割ったり、ヨーグルトに混ぜたりしていただくのがおすすめです。それでは、どのくらいの量をとればよいでしょうか?お酢をとる目安は、一日15〜30mlで、これを毎食後に10mlなどと数回に分けてとるのが良いとされています。もちろん、黒酢ヨーグルトのように他の食材と混ぜることで、酸味の苦手な人にも無理なく摂取することができます。

また、お酢に含まれるクエン酸やアミノ酸には疲労回復効果があるため、運動後にとるのもおすすめです。黒酢に含まれるポリフェノールは筋肉痛を和らげてくれます。そのほかに、寝る前にホットヨーグルトに適量入れて食べると、寝ている間に脂肪を燃焼しながら身体の機能をリセットしてくれます。

黒酢ヨーグルトをデザート感覚で

ヨーグルトの健康パワーはダイエットに広く認められています。乳酸菌には脂肪燃焼効果があり代謝が良くなるため、運動していない安静時にも脂肪燃焼することができます。また、ビフィズス菌は腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌の勢力を弱めて腸内環境を整えてくれます。腸の活動を活発にして便秘を解消し、体内の不要な老廃物を排出するデトックス効果があります。そして、日常の食生活で不足がちなビタミンB2、カルシウム、カリウムなどの栄養素を効果的に補給してくれます。

ダイエットにはプチ断食や、食べないダイエットをする人がいますが、結果的に健康的に痩せることができず、偏食やリバウンドの落とし穴に陥りがちです。カルシウムは脂肪の吸収を抑えてくれるほか、骨を丈夫にする大切な栄養素です。ダイエット中にヨーグルトを食べすぎると太ると言われますが、それは、果物やジャムなどの糖質の摂りすぎが原因です。シンプルな黒酢ヨーグルトで健康的に痩せるダイエットに挑戦しましょう。

黒酢ヨーグルトをデザート感覚でいただくには、ギリシャヨーグルトとの組み合わせがおすすめです。ギリシャヨーグルトは濃厚でクリームチーズのようなまろやかさが人気で、ダイエット食としてアメリカでブームになりました。ギリシャヨーグルトは水分を布で水切りして作られ、酸味が少なく、クリーミーな味わいで、低カロリー・高タンパクです。1カップのギリシャヨーグルトでお肉一枚ほどのタンパク質がとれます。

明治ブルガリアの高濃度ギリシャスタイルや、森永のパルテノのギリシャヨーグルトなどがありますが、自宅でも簡単に作れます。キッチンペーパーを引いたザルにヨーグルトを入れて、一晩冷蔵庫で寝かして水分を除けば出来上がりです。水分のホエー(乳清)にも豊富な栄養が含まれているので、スムージーに入れるなど有効に利用してくださいね。ギリシャヨーグルトにハチミツを混ぜた黒酢をかけると、ダイエット中にケーキが食べたくなった時の置き換えデザートにもなります。はちみつにはビタミンが豊富に含まれ、またアンチエイジングの効果もあります。

黒酢効果と健康ライフ

黒酢は、玄米や大麦を黒い陶器の瓶に入れて、1年から3年ほどかけて発酵・熟成させて作られます。アミノ酸を多く含み、香り豊かで酸味の少ないまろやかな味わいが特徴です。黒酢は、コメ酢や穀物酢、りんご酢と同じ醸造酢に分類されます。コメ酢は黄色い半透明の色ですが、黒酢は茶褐色で醤油に近い色をしています。日本では1970年代に坂元醸造が初めて売り出しましたが、近年は黒酢ブームでたくさんの黒酢商品が発売されています。

黒酢に含まれている酢酸、クエン酸やアミノ酸には、さまざまな効果があります。

【血液をサラサラ効果】
クエン酸には、血液をサラサラする効果があります。揚げ物やラーメンなど、高脂肪に偏った食事で生活習慣病になっている人は、血液がドロドロで血管内に脂肪が溜まり、高血圧や動脈硬化の原因になっています。黒酢に含まれるリジン・ロイシン・メチオニンはコレステロールや中性脂肪を分解して血流をよくしてくれます。血液の循環が良くなると代謝が上がり脂肪を燃やしやすくなります。

【美肌効果】
黒酢に含まれるアミノ酸の一種のグリシンという成分は、お肌の水分を保ち、皮膚の免疫効果を高めてくれます。また、アスパラギン酸、チロシン、セリンという成分は、皮膚細胞の生成を助け、肌荒れを改善してくれます。

【むくみ・冷え性の改善】
黒酢に含まれるアミノ酸は、硬くなった赤血球を柔らかくする効果があります。赤血球が柔らかくなると、手足の隅々まで血液を送り込むことができ、手足のむくみや冷え性を改善することができます。また、血流が良くなることで、脂肪太りの原因となる体内の余分な老廃物が排出されて、頑固な脂肪の固まりであるセルライトの形成を防ぐことができます。

まとめ

黒酢ヨーグルトは、健康的に痩せたい人におすすめのダイエット食です。健康によいヨーグルトとお酢が同時にとれて、カルシウムの吸収率も上がるのですからよいことづくめですね。健康的に食べるダイエットとして、毎朝、また食後のデザートにも、黒酢ヨーグルトを取り入れたいものです。

 - 美容 ダイエット

ページ
上部へ