その答えはここにある!

アンサー119

料理に使うお酒は焼酎でも代用できるのか?を調べてみた!

   

料理に使うお酒は焼酎でも代用できるのか?を調べてみた!

おいしいお料理を作るのに欠かせないのが、おいしい調味料です。食品に味をつけたり整えたりする調味料のなかでは、料理酒はちょっと特別な存在です。煮ものには特に欠かせない料理酒ですが、うっかりきらしてた!なんてこともありますよね。そんな時、家に残っていた焼酎でも代用できるのか?とネットで調べてみたら、サイトによって答えがまちまち・・・なんてことも。そこで、料理酒の代わりに焼酎は使えるのか?を調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


お料理にお酒がかかせない理由とは?

まずは、お料理にお酒を使う理由をまとめてみます。

①食材の臭みを消す
②旨みを閉じ込める役割がある
③食材に味を染みこませる
④素材を柔らかく仕上げる
⑤風味をプラスする

お料理にお酒をプラスすることで、このようなおいしいお料理にとって欠かせない効果が期待できます。これは、アルコールや料理酒に含まれるうまみ成分の働きによるものです。「料理酒」という言葉があるように、調理用として売られているものと、飲むことができるお酒があります。この違いは、料理酒には塩分や酢などの成分が含まれており、料理をおいしくさせるうまみ成分を目的として使用されています。

焼酎はお酒の代わりに代用できるのか?

アルコールの働きによってお料理がおいしく仕上がるのであれば、焼酎でも代用できるはずですが、その答えがまちまちなのはどうしてでしょう。これは、料理に使う「目的」の違いにありました。焼酎とは、飲むためのお酒であり、そのアルコール分や香りを楽しむためのお酒です。ですので、お料理の際の調味としては適していません。香りが強いタイプの焼酎だと、お料理によってはジャマにすらなりかねません。料理酒と比較すると、中に含まれた旨み成分の効果や素材を柔らかくする効果などもあまり期待できません。

焼酎はアルコール度数の高いお酒です。アルコールの効果による、食材の臭みを取るという目的によっては、焼酎を代用できる場合もあります。この時は、料理酒を使うときより少し多めに調味料(みりんやだし汁など)を使うことにしましょう。

焼酎の種類とは?

焼酎には、製造方法の違いにより2つの種類があります。

①甲類・・・純度の高いアルコールでつくられたもの。無色透明で、焼酎独特の匂いは弱い。

②乙類(本格焼酎)・・・芋、麦、米などを原料に作られたもの。その香りや風味を味わうためのものなのでクセは強め。

これはラベルに必ず表記されていますので、もし料理酒の代用として使用する場合にはぜひチェックしてみてください。

焼酎を使うならこのお料理がオススメ!

あまりお料理に使うには適していないと思われがちな焼酎ですが、逆に焼酎ならではの、おいしさを引き出してくれるおすすめのお料理も存在します。それが「豚の角煮」です。一見ちょと難しそうなお料理ですが、豚バラの塊肉をお鍋で調味料と一緒にコトコトと煮こむだけで出来上がり。たっぷりの焼酎が豚の独特の臭みを消しておいしい仕上がりを手助けしてくれます。

①まずは下茹でをする

②焼酎(たっぷりめでもOK!)・水(代わりに焼酎のみでもOK!)・砂糖・とうがらし・にんにく・生姜・しょうゆなどを入れ煮込む。

③30分以上煮込んだ後は、一度冷まして味をなじませる

④出来上がり♪

豚の角煮だけではなく、焼酎は豚の臭み消しにとても相性がいいとされています。三枚肉やスペアリブなどを煮込むのもおすすめです。煮込む他にも、チャーシューを作る際などの漬け汁に焼酎を利用するのにもぴったりです。豚肉には焼酎、この法則は鉄板です(笑)。

手軽においしく焼酎を楽しむ方法とは?

めんどくさいのはいや!でも、焼酎の効果は楽しみたいし、消費もしたい!という人には、天ぷらを作るときに水の代わりに焼酎を使うことをおすすめします。これだけで、いつもとはちょっと違うサクサクの衣を楽しめます。また、豚しゃぶをする際に、ほんの少しの焼酎を入れることで臭み消し効果を簡単に楽しむこともできます。ぜひ1度試してみてくださいね。

まとめ

料理酒の代わりに焼酎が代用できるのか?という質問への答えがまちまちな理由は、その利用目的の違いによるためのものでした。お酒と焼酎は同じアルコールでありますが、その香りや風味は別なものです。また、お酒と料理酒にも違いがありました。あくまでも調理をするため専用につくられた料理酒には、さまざまな旨み成分がプラスされているため、その成分の効果を期待するのであれば代用はできないと考えられます。ですが、素材の臭みを消すという目的であれば、お料理によっては使用することも可能です。旨みや風味はその他の調味料で上手く補うことも可能です。個人的には、焼酎ではありませんが、旨み成分が含まれた料理酒よりも、飲料用のお酒を使ってお料理をするとおいしく出来上がるようにも感じています。ムダにすることなく、まずは少量からチャレンジしてみて、その家庭ならではの利用法を見つけてみてくださいね。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ