その答えはここにある!

アンサー119

焼酎と日本酒、飲みやすいのはどっち?

   

焼酎と日本酒、飲みやすいのはどっち?

焼酎と日本酒、どちらも日本で昔から飲まれているお酒ということはわかるのですが、見た目や名前の雰囲気が似ていて、まぎらわしいですね。居酒屋で注文するときに、どちらが飲みやすいのか悩むこともあると思います。焼酎や日本酒が大好きな人も、これから挑戦してみたい人も、気になる2つのお酒の違いを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

トイレの観葉植物で消臭ができる!画期的なオススメ消臭植物

トイレに観葉植物を置いたら消臭効果があるのか?疑問に思ってい...

観葉植物に虫がわかないようにしたい方必見!効果抜群対策法

観葉植物を育てていると、どうしても虫がわいてしまったりします...

部屋が綺麗な人の見た目はどんな感じ?部屋の綺麗さとの関係

人の第一印象は見た目が9割と言います。確かに、きちんと整った...

観葉植物を室内で育てる時の水やりの正しい方法と注意点

室内で観葉植物を育てていても、うまく水やりが出来なくて枯らし...

トイレ掃除はどこから始めるのが正解?正しいトイレ掃除手順

現代の若者はトイレ掃除の手順を知らない人が多いそうです。実際...

観葉植物を室内で育てる時の虫の駆除方法とオススメ予防法!

部屋の中にいつの間にか入り込んでいる虫。小さなコバエから人々...

部屋が綺麗な人は仕事ができる?仕事の仕方を覗き見!

会社に行けば、いつもデスク周りはきれいに整っていて仕事もバリ...

ママ友との会話が苦手な方必見!会話術 !

子供ができると保育園や児童館に足を運ぶことがあるかと思います...

物を減らす片付けで部屋をすっきりさせよう!

部屋を片付けるには時間がかかるし、労力が必要になります。ドラ...

目に入ったゴミの取り方!

目にゴミが入ると痛くて涙が出てきますよね!鏡で目を見てもゴミ...

香水の付け方!冬バージョン !

実は香水って時期によって付け方が違うのをご存じですか?今回は...

アイロンのしわが伸びない時の対策とシワの予防方法!

普段からアイロンがけをしている方もそうでない方も、なかなかし...

スマホの電波改善におすすめのアンテナ!

自宅や外出先でスマホの電波が悪いとイライラしてしまう方は少な...

人付き合いが苦手な人におすすめの仕事!

人との関わりはとても大切なことですが、たまに億劫に感じてしま...

ポリエステルについたシワが取れない時の対処方法!

ポリエステル素材の衣服についたシワってなかなか取れずらいです...

お風呂のカビ取りが簡単にできる方法 !

寒くなりお風呂が恋しい季節になってきましたね(笑)お風呂に入...

トレンチコートのお洗濯を失敗させない方法 !

トレンチコートが大活躍するこの季節!頻繁に使うものですがなか...

観葉植物を育てよう!虫がわかないための育て方 !

部屋に緑があるとなんとなく癒されるものです。室内に観葉植物を...

安心してお部屋に使える!消臭スプレーを手作りする方法 !

お部屋の臭いが気になるときの選択肢のひとつとして、消臭スプレ...

20世紀に活躍した近代・現代美術の画家たち

美術の歴史は大変古く、一万年以上前の旧石器時代のものとみられ...

スポンサーリンク


焼酎と日本酒の主な違い

一番の違いは、焼酎は「蒸留酒」で日本酒は「醸造酒」であることです。

蒸留酒
蒸留酒は、簡単に言うと醸造酒を蒸留したものです。焼酎、ウイスキー、ブランデー等が蒸留酒です。お酒は原料を酵母でアルコール発酵させて作りますが、酵母が生きられるアルコール度数には限界があります。そこで、お酒を沸騰させて、水よりも早く沸騰するエタノールの蒸気を集めて濃縮するのが「蒸留」です。なので、一般的に醸造酒よりもアルコール度数を高くすることが可能です。

醸造酒
醸造酒は、原料をアルコール発酵させたものです。お米に酵母を加えて発酵させたものが日本酒、ぶどうからはワイン、麦からはビールが醸造されます。

焼酎と日本酒の共通点

お米から日本酒が作られ、日本酒を蒸留すると焼酎になります。ただし、通常日本酒と焼酎では原料に使うお米の種類が違いますし、焼酎はお米以外にも芋や麦なども原料になります。焼酎と日本酒の最大の共通点は、製造の際に麹菌を使うところです。これは、ワインやビール等、西洋のお酒には無い特徴です。味噌や醤油の醸造でもおなじみの「麹菌」は東洋にしか存在しない微生物で、麹菌によって糖化→酵母によって発酵のコンボでもろみが出来上がります。麹は味噌や醤油などの発酵に利用されることでもおなじみで、日本の食生活に欠かせないものです。同じ麹を利用したお酒と和食がぴったり合うのもうなずけます。麹はうまみのもとになり、体に必要な酵素を補い、保存性を高めるため、麹菌は東洋の微生物の王様と言われています。

飲みやすい焼酎の飲み方いろいろ

焼酎の飲み方は主にストレート、ロック、お湯割り、水割り、その他ソーダやジュースで割る方法があります。お湯割りの際は、コップにお湯を入れた後に焼酎を加えることで、お湯が下から上に上がり、焼酎と混ざり合って良い香りが立ち昇ります。ストレートは焼酎そのもののコクが楽しめますが、苦手な人はロックで氷が少し溶けてなじんだところで飲んだり、水割りにして香りは残しつつ口当たりをマイルドにして楽しむのも良いでしょう。本格焼酎はシンプルに飲んで風味を味わうことが多いですが、甲類焼酎と言われる無味無臭に近い焼酎は果汁を加えてサワーとしても楽しむことが多いです。

飲みやすい日本酒の飲み方いろいろ

日本酒の飲み方は、ストレートが基本です。ただし、温度によって呼び方がいくつもあるように、飲み方の幅は広いと言ってもいいでしょう。大きくは冷酒、常温、お燗ですが、温度帯によってさらに細かく冷酒…雪冷え、花冷え、涼冷え、常温…冷や、お燗…日向燗、人肌燗、ぬる燗、上燗、あつ燗、飛び切り燗、と分けられます。また、低い温度から温めてぬる燗にしたものと、高い温度から冷ましてぬる燗にしたものでは味わいが変わってきます。自分の好みの温度がどのあたりなのか探ってみるのも楽しそうです。また、ストレートで飲むのが苦手な人も、ジュースや他のお酒で割って楽しむ「日本酒カクテル」というものもあります。また、氷を入れてロックにしたり、凍らせてシャーベットにしたりと、自由なアレンジで好みの飲み方ができそうです。

焼酎と日本酒の比較結果

アルコール度数
飲みやすさを考えるとき、第一にアルコール度数が気になります。アルコール度数製造方法の違いから、焼酎の方がアルコール度数が高く、焼酎は25度、日本酒は15度くらいのものが一般的です。ただ、その分焼酎は水などで割って飲むことが多いので、同じ量で焼酎の方が酔いやすいとは一概に言いきれません。

カロリー
お酒をたしなむ上で、カロリーも気になるところです。カロリーは日本酒よりも焼酎の方が高いと言えます。100mlあたり焼酎は150〜200kcal、日本酒は100kcal程度です。しかし、焼酎は蒸留という製造過程のため、糖質が含まれていません。日本酒は糖質を含んでいるため、ダイエット中は注意が必要です。

味わい
蒸留酒である焼酎は、すっきりとした味わいと香りが特徴です。原料が米、芋、麦など様々なため、味や香りの幅がとても広いです。醸造酒である日本酒は、豊富なエキスが含まれているため、奥深い味わいが特徴です。簡単に言うのなら、広くすっきりした焼酎と深く芳醇な日本酒といったところでしょうか。

まとめ

焼酎と日本酒の特徴や様々な飲み方を知ることで、自分の好み一杯が見つかりそうです。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ