その答えはここにある!

アンサー119

空飛ぶ宝石の異名を持つあの鳥の正体とその見つけ方!

   

空飛ぶ宝石の異名を持つあの鳥の正体とその見つけ方!

みなさんは『空飛ぶ宝石』と聞いて何を思い浮かべますか?あまり何もピンとこない…という人もいるかもしれませんが、実は野鳥であるカワセミの持つ異名がこの空飛ぶ宝石。カワセミに関して名前を知っている方は少なくないですが実際にどんな鳥なのか、生で見るにはどうしたらいいのか、知られていないことがたくさんあります。そこで今回はそんな空飛ぶ宝石カワセミの特徴や見つけ方についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アタック洗剤の違いや種類について!

アタック洗剤ってたくさん種類があってどれを使えばいいのか悩ん...

鏡の水垢に激落ちくんは効果があるのか?!

鏡の頑固な水垢。。。皆さんはどのようにしてきれいにしています...

トイレの観葉植物で消臭ができる!画期的なオススメ消臭植物

トイレに観葉植物を置いたら消臭効果があるのか?疑問に思ってい...

観葉植物に虫がわかないようにしたい方必見!効果抜群対策法

観葉植物を育てていると、どうしても虫がわいてしまったりします...

部屋が綺麗な人の見た目はどんな感じ?部屋の綺麗さとの関係

人の第一印象は見た目が9割と言います。確かに、きちんと整った...

観葉植物を室内で育てる時の水やりの正しい方法と注意点

室内で観葉植物を育てていても、うまく水やりが出来なくて枯らし...

トイレ掃除はどこから始めるのが正解?正しいトイレ掃除手順

現代の若者はトイレ掃除の手順を知らない人が多いそうです。実際...

観葉植物を室内で育てる時の虫の駆除方法とオススメ予防法!

部屋の中にいつの間にか入り込んでいる虫。小さなコバエから人々...

部屋が綺麗な人は仕事ができる?仕事の仕方を覗き見!

会社に行けば、いつもデスク周りはきれいに整っていて仕事もバリ...

ママ友との会話が苦手な方必見!会話術 !

子供ができると保育園や児童館に足を運ぶことがあるかと思います...

物を減らす片付けで部屋をすっきりさせよう!

部屋を片付けるには時間がかかるし、労力が必要になります。ドラ...

目に入ったゴミの取り方!

目にゴミが入ると痛くて涙が出てきますよね!鏡で目を見てもゴミ...

香水の付け方!冬バージョン !

実は香水って時期によって付け方が違うのをご存じですか?今回は...

アイロンのしわが伸びない時の対策とシワの予防方法!

普段からアイロンがけをしている方もそうでない方も、なかなかし...

スマホの電波改善におすすめのアンテナ!

自宅や外出先でスマホの電波が悪いとイライラしてしまう方は少な...

人付き合いが苦手な人におすすめの仕事!

人との関わりはとても大切なことですが、たまに億劫に感じてしま...

ポリエステルについたシワが取れない時の対処方法!

ポリエステル素材の衣服についたシワってなかなか取れずらいです...

お風呂のカビ取りが簡単にできる方法 !

寒くなりお風呂が恋しい季節になってきましたね(笑)お風呂に入...

トレンチコートのお洗濯を失敗させない方法 !

トレンチコートが大活躍するこの季節!頻繁に使うものですがなか...

観葉植物を育てよう!虫がわかないための育て方 !

部屋に緑があるとなんとなく癒されるものです。室内に観葉植物を...

スポンサーリンク


空飛ぶ宝石、その名の由来は?

野鳥であるカワセミですが、そもそもなぜ、空飛ぶ宝石なんていう名前が付くようになったのでしょうか。その由来は、一目瞭然、とてと美しい見た目から来ています。カワセミはコバルトブルー、エメラレルドグリーンのような背中に、オレンジ色のお腹を持ち、小さなその身体のわりに長く細いきれちな形の真っ黒のくちばしが特徴です。その鮮やかでとても綺麗な色は昔から見る人々を魅了してきました。また、その背中のブルーが光って見えることや、水に濡れてその水滴がついた身体がキラキラして見えることも、宝石と呼ばれる由来のひとつであると言われています。カワセミは、空飛ぶ宝石という名前以外にも水辺の宝石と呼ばれることもあるようです。このように、とにかく宝石と呼びたくなってしまうほどに美しい身体を持った野鳥が、カワセミなのです。

空飛ぶ宝石〜カワセミのその他の特徴

実際にカワセミはその美しい見た目以外にはどのような特徴があるのでしょうか。カワセミは平均で体長17センチと、とても小さい鳥です。ですが、獲物を仕留めるその姿は意外にも野生的で、川の上を低空飛行し、獲物を見つけるとその長いくちばしで一発で捉えます。それを岩や石に叩きつけてから丸呑みするというとてとワイルドな狩を行います。水に飛び込んで獲物を捕まえる時に水しぶきがとても少ないのもカワセミの特徴のひとつですが、それは細くとても尖ったそのくちばしが要因だと解明されていて、その抵抗の少なさから、日本の新幹線の先のモデルになったとも言われています。繁殖期になるとオスのカワセミの狩は一段と盛んになります。というのもカワセミは繁殖期には求愛としてオスがメスに獲物を与えるのです。そしてつがいになったオスとメスのカワセミは、川の上の崖などに穴を掘ってそこを巣にして生活します。

空飛ぶ宝石〜カワセミはどこで見られる?

カワセミは、川の魚を取って生きている野鳥です。つまり、生きるためには魚がたくさん生きる川が不可欠。高度経済成長の際には川の水質汚染が深刻で、魚が全く川に見られなくなると同時にカワセミもその姿を消していました。ですが、最近では川の水質が改善し、たくさんのカワセミが川に戻ってきました。山の近くの川はもちろん、都会や住宅地でも川の近くではカワセミが暮らしています。また、カワセミは流れの早くない川で、川に近い枝や木に止まってそこから川に向かって魚を仕留めます。そのため、その川の中でも、流れの早くない場所、そしてその周辺の木々や、岩の上などによく見られます。また、都会の川では、川の水の近くのダムや塞き止めのためのコンクリートの上などにいることも少なくないとか。とにかくカワセミは、川の水の流れがとてもゆっくりな辺りで、その周辺にある背の高くない止まれる場所にいることが最も多いと言えます。

空飛ぶ宝石〜カワセミを見つける方法

では実際にカワセミを見てみたい!!という場合、どのように探せばいいのか、ご紹介していきます。まず、都内の場合ではたくさんの都市公園の池にカワセミ用の止まり木が用意されています。そしてその周りにはカワセミを撮りに来たたくさんのカメラマンがいるので、もしかしたらカワセミを直接探すよりカメラマンがたくさんいるスポットを探す方が早いかもしれません。ちなみにそんなカワセミですが、とくに、6月から10月の分散期に発見しやすいと言われています。都内の公園以外にも、水が比較的きれいな川の流れの遅いエリアで、双眼鏡などを持ってバードウォッチングに行けば簡単に見つけることができます。ですが、カワセミの背中の色が、周りの草木に紛れやすいので、実はたくさんいるのになかなか見つけられない人も少なくないようです。双眼鏡を目に当てたままゆっくりと視野を広げていくことで、草木に止まったカワセミも見つけやすくなります。

バードウォッチング〜カワセミを見つけに行く時の注意点

空飛ぶ宝石であるカワセミやその他の鳥を見にバードウォッチングに行く際の注意点についてお話ししていきます。先ほどお話ししたように、カワセミは川の小魚を食べていきています。そしてそんな小魚が生きるにはある程度のきれいさを持った川が必要です。最近ではたくさんの川で水質が改善されている一方、バードウォッチングで訪れた人たちがゴミなどを持ち帰らなかったり、川を汚してしまうことも少なくないようです。せっかくきれいな鳥を見に来てもそこで川を汚すことに貢献してしまうと逆にそんなきれいな鳥がいなくなってしまう原因になります。また、カワセミはもちろん大抵の野鳥は静かな場所を好みます。大勢でバードウォッチングに来るのはいいですが、そこでワイワイしてしまうと鳥が逃げてしまったり、周りのバードウォッチングに来た人の迷惑になってしまうこともあります。カワセミはもちろん、野鳥観察に行く時は注意するようにしましょう。

まとめ

しっかりモラルやルールを守って、バードウォッチングで空飛ぶ宝石カワセミを見つけられるといいですね。

 - 動物 植物 ペット

ページ
上部へ