その答えはここにある!

アンサー119

ライターのガス 〜 オイルの入れ方と注意点!

   

ライターのガス 〜 オイルの入れ方と注意点!

100円ショップやコンビニなどで買える使い捨てライターが普及していますが、最近ではデザインが豊富でかっこいいものから可愛いものまで自分に合ったものが選べるガスライターも人気です。ですが、ガスライターやオイルライターはひとつの単価がそれなりにいいのでもちろん使い捨てるわけにはいかずガスが切れたら自分で入れなければいけません。そこで今回はそんなライターのガスの入れ方についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


ガスライター、オイルライターの違いは?

燃料を補給しなければならないライターがガスライターとオイルライターです。ですが実際にこの2つはどのように違うのでしょうか。まず主な違いはその燃料です。ガスライターは、高圧液化ガスを燃料としていて、オイルライターは液体の油を燃料にしています。ガスライターでは100円ショップでよく見かけるライターや、DuPontなどで有名なブランド品もあり、値段やクオリティとピンからキリまでです。マイナスポイントとして寒さや風に弱いですが、臭いがないのがメリットです。ちなみに風に弱いので、それに対抗するためのターボというのがついているのもガスライターの特徴のひとつです。続いて、オイルライターでは、最も有名で不動の人気なのがZippoのライターです。オイルライターの強みは寒い場所や風が吹いているところでも問題なく着火できるところです。ですが、高温化で液漏れを起こしたり、その状態で火をつけると急に燃えたりするなど、事故の原因になりかねず、それが原因などの火災も少なくないようです。

ライターのガスの入れ方

ガスライターのガスがなくなった場合どのようのガスを補充していけばよいのでしょうか。4つの手順に分けて説明していきます。
最初のステップとして、まずはライターに残留ガスがないか確認して、もしあればなるべく空の状態にしましょう。その後、ライターについているガス注入口のネジを外します。
続いて、補充するガスボンベを使用前にしっかりと振り、ライターの注入口を上に向けて持ちます。
次に、ライターのガス注入口にボンベのノズルを垂直に入れて、強く押します。この時に注入口とノズルがしっかりと合っていることを確認しましょう。また、ライターによっては専用の器具やノズルを使わなければならないこともあるようで、その場合は説明書に従って行います。
最後に、注入中に、ガスが漏れでてきたら、ガスが満タンになった証拠なのでノズルを抜きましょう。他にも確認方法として注入口を細いドライバーの先などで押してみてガスが出てきたら注入完了の証拠です。最後にネジを締めてガス入れの完了です。

ライターのオイルの入れ方

続いてオイルライターのオイルの入れ方をご紹介していきます。
まず始めに、ライターの外装ケースを外しましょう。ライターによってはガスライターのようにオイル注入口がネジ式になっているものとあるので、その場合はネジを外します。次に、オイル缶を立てたままノズルを上に向けます。ライターのタンクを逆さまに持ち、フェルトがある場合はフェルトをめくりましょう。
次に、オイル缶のノズルを、ライターのタンク内の綿に直接当てて、注入していきます。オイルが綿の表面に染み出してくるのが見えたら、オイルが満タンに入った証拠です。
最後に外装ケースやネジを元に戻せば完成です。
オイルライターの場合は特に、オイルの入れすぎはオイル漏れの原因になるので、しっかりと注意して行えようにしましょう。

ライターのガスやオイル、燃料の取り扱いに関する注意点

ライターに補充するガスやオイルなどの燃料に関して、しっかりと保管、取り扱いしないと以外な事故の原因になります。まず、注意すべき最初の事項として、ガス、オイル共に必ずこどもの手の届かないところに置くようにしましょう。また、うっかりキャップを閉め忘れる人も少なくないようですが、とても危険ですので、キャップを閉めたかちゃんと確認してからしまいましょう。保管場所も、必ず直射日光を避けて、高音の場所(40度以上になる可能性のあるところ)に置いたままにしたり、間違っても保管しないようにしましょう。以上、当たり前の注意点に終えますが、こういった基本的な事だからこそついつい忘れてしまったり、甘く見てしまい、事故や火災につながることも少なくありません。必ず全てしっかりと確認して取り扱いするようにしましょう。

ライターを使うときの一般的な注意点

最後に、ライター全般の取り扱いに関する注意点についてご紹介していきます。まずは、基本的な事ですが、必ず子供の手の届かないところに置くようにしましょう。わかってはいても、ライターくらい…と思って家の公共スペースに置きっぱなしに、子供が手に取り誤って着火してしまって火傷を負ったり、火事になるという事故が多発しています。子供の周りではとくに注意が必要です。また、ガスやオイルの補充について、一般に出回っている、使い捨てのライターに無理矢理ガスやオイルを注入する方がいますがこれも危険行為です。今までまぐれで問題なくできた方もいるかもしれませんが、事故の原因になりかねないので、使い捨てライターは燃料が切れたらしっかりとガス抜きし、市町村のゴミ捨てのルールにのっとり処分するようにしましょう。

まとめ

しっかりとルールを守って、自分に合う素敵なガスライターやオイルライターを使いこなせると楽しいですね。

 - 雑学 おもしろ

ページ
上部へ