その答えはここにある!

アンサー119

塩おにぎり〜おすすめの塩や握り方をご紹介

   

塩おにぎり〜おすすめの塩や握り方をご紹介

大人も子供大好きなおにぎり。おにぎりと言えば具は何にするか、というのも楽しみのひとつですよね。ですが最近では、”塩むすび”という、ただ塩だけで握ったおにぎりがジワジワと流行ってきているようです。塩だけなんてなんだか味気ない…と感じる人もいるかもしれませんが最近では塩むすびにおすすめの塩なども出ているようです。そこで今回は塩むすびにおすすめの塩や握り方などを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

トイレの観葉植物で消臭ができる!画期的なオススメ消臭植物

トイレに観葉植物を置いたら消臭効果があるのか?疑問に思ってい...

観葉植物に虫がわかないようにしたい方必見!効果抜群対策法

観葉植物を育てていると、どうしても虫がわいてしまったりします...

部屋が綺麗な人の見た目はどんな感じ?部屋の綺麗さとの関係

人の第一印象は見た目が9割と言います。確かに、きちんと整った...

観葉植物を室内で育てる時の水やりの正しい方法と注意点

室内で観葉植物を育てていても、うまく水やりが出来なくて枯らし...

トイレ掃除はどこから始めるのが正解?正しいトイレ掃除手順

現代の若者はトイレ掃除の手順を知らない人が多いそうです。実際...

観葉植物を室内で育てる時の虫の駆除方法とオススメ予防法!

部屋の中にいつの間にか入り込んでいる虫。小さなコバエから人々...

部屋が綺麗な人は仕事ができる?仕事の仕方を覗き見!

会社に行けば、いつもデスク周りはきれいに整っていて仕事もバリ...

ママ友との会話が苦手な方必見!会話術 !

子供ができると保育園や児童館に足を運ぶことがあるかと思います...

物を減らす片付けで部屋をすっきりさせよう!

部屋を片付けるには時間がかかるし、労力が必要になります。ドラ...

目に入ったゴミの取り方!

目にゴミが入ると痛くて涙が出てきますよね!鏡で目を見てもゴミ...

香水の付け方!冬バージョン !

実は香水って時期によって付け方が違うのをご存じですか?今回は...

アイロンのしわが伸びない時の対策とシワの予防方法!

普段からアイロンがけをしている方もそうでない方も、なかなかし...

スマホの電波改善におすすめのアンテナ!

自宅や外出先でスマホの電波が悪いとイライラしてしまう方は少な...

人付き合いが苦手な人におすすめの仕事!

人との関わりはとても大切なことですが、たまに億劫に感じてしま...

ポリエステルについたシワが取れない時の対処方法!

ポリエステル素材の衣服についたシワってなかなか取れずらいです...

お風呂のカビ取りが簡単にできる方法 !

寒くなりお風呂が恋しい季節になってきましたね(笑)お風呂に入...

トレンチコートのお洗濯を失敗させない方法 !

トレンチコートが大活躍するこの季節!頻繁に使うものですがなか...

観葉植物を育てよう!虫がわかないための育て方 !

部屋に緑があるとなんとなく癒されるものです。室内に観葉植物を...

安心してお部屋に使える!消臭スプレーを手作りする方法 !

お部屋の臭いが気になるときの選択肢のひとつとして、消臭スプレ...

20世紀に活躍した近代・現代美術の画家たち

美術の歴史は大変古く、一万年以上前の旧石器時代のものとみられ...

スポンサーリンク


塩おにぎりの魅力とは?

具があってこそのおにぎり!と言う方も少なくないのにも関わらず最新少しづつ流行ってきている塩むすび。なぜそんなに人気が出てきているのでしょうか。まず理由のひとつが健康面です。少し小腹が空いたときにおにぎりを食べる、って方も多いですよね。ですがおにぎりは具材によっては意外とカロリーが高かったり塩分の取りすぎになったりしてしまうことも…。そんなカロリーを気にする女性からの指示もありシンプルな塩むすびの人気が上昇しているようです。また、ナチュラル志向のブームにより、米や塩の本来の味を楽しむことのできる塩おにぎりは、流行って当然、と言っても過言ではないのかもしれません。その証拠に最近ではほとんどのコンビニのおにぎりコーナーで塩むすびを発見することができます。

塩おにぎりにおすすめの塩とは

塩おにぎり、塩とお米だけで出来ているわけですからお塩はかなり重要な役割を持ちます。そこで、塩むすびにおすすめのお塩をご紹介していきます。
まずは宮古島の福塩。島尻のとても自然が豊かな場所で海水から取水した釜で炊かれた塩。ほぼ手作りで作られているので、自然の恵みと、手作りの温かさが味わえるおにぎりにぴったりのお塩です。
続いても同じ宮古島からの雪塩です。こちらはドラム缶状の製塩機で濃縮された海水を数秒でいっきに結晶にして作られており、その特徴としてしょっぱみは弱いのに、コクがある、という逸品です。湿気に弱く水分ですぐ固まってしまうので握る時には注意が必要ですが、味は最高です。
最後にご紹介する塩が伊江島の荒波というお塩です。こちらは濃縮から結晶にするまで、完全天日で行なっているのが特徴です。味に関しては先ほどの雪塩とは逆に、しっかりとしたしょっぱみと程よい苦味とコクが特徴で、はっきりしたり味が好きな方はこっちの塩でおにぎりを握ってみるといいかもしれません。

塩おにぎりをおいしく作るためのおすすめの握り方

おにぎりにぴったりの美味しいお塩が準備できたら、次は握り方です。実は塩おにぎりは握り方ひとつで味が全く変わってきます。まず大切なのが必ず手で握る事。めんどくさかったり衛生面を気にしてラップで握り方も多いですが、ラップでは空気がうまく含まれなかったり粒が潰れすぎてしまいます。しっかり手を洗って必ず手で握りましょう。そして次に塩の取り方です。よく、手に塩をひとつまみして、手のひらに広げてお米をとって握る、という方が多いですがこれだと意外に塩にムラが出てしまいます。あらかじめ大さじ4のお水に小さじ1の塩で塩水を作り、それを手につけておにぎりを握るとまんべんなく塩がつき塩加減もほどよく仕上げることができむす。そして実際に握り時のポイントとして、最初の数回で形を整える程度にふわっと握り、ほんの1、2回だけキュッキュッと握るのがおすすめです。というのも握りすぎてしまうとお米がベタベタしてしまったり粒感がなくなってしまいます。握りすぎには気をつけて優しく握るようにしましょう。

塩おにぎりをさらにおいしくする方法とは?

おいしいお塩にちゃんとした握り方、すでに十分おいしい塩むすびを作ることができますが、ここでさらに塩おにぎりをおいしくしていく方法をご紹介します。まずはお米を炊く時のポイントです。米を洗ったら炊く前に必ず15分程度は置くようにしましょう。この15分でお米の甘みに違いがでます。また、少し面倒かもしれませんが炊く時に出汁をとる時などに使う干し昆布を15センチほどに切り一緒に炊飯器に入れて炊くと、塩おにぎりにぴったりな格段においしいお米が炊き上がります。次に、塩おにぎりをおいしくする方法として、ちょい足しです。塩むすび、おいしいけどどこか物足りない…もう少し味に変化が欲しい、という人におすすめなのがごま油です。おにぎりを握る時に少しだけごま油をまぶすだけ。これだけでいっきに香ばしさがでて、食欲をそそる味に変化するのでとてもおススメです。

その他のおすすめのおにぎり

塩むすび以外のおすすめおにぎりを紹介していきます。まず、不動の人気、そしてとくに暑い時期におすすめなのが梅干しのおにぎりです。シンプルでヘルシーながらおにぎりとの相性は抜群。年齢問わず人気のおにぎりです。そして暑い季節にはおにぎりが悪くなるのも防いでくれるので、とてもおすすめです。続いてのおすすめがツナマヨ。こちらも誰からも愛されるおにぎりのひとつですがとくに若い世代や、子供たちに大人気。遠足やお出かけのお弁当のおにぎりの具にすると喜ばれるかもしれません。その他にも焼きおにぎりもおすすめなひとつです。こちらも、一度表面を、焼く事で傷みにくくする効果もあるので暑い季節には特におすすめです。また、いくら握るだけとは言え朝の忙しい時間におにぎりを握るのはちょっと…という方も、焼きおにぎりは冷凍食品でもかなり質の高いおいしいものが売られているので、時間のない方にはこちらもおすすめです。

まとめ

魅力たっぷりの塩おにぎり、おいしいお塩と正しい握り方で一手間かけてワンランク上の塩むすびを作ってみるのもいいかもしれません。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ