その答えはここにある!

アンサー119

親との同居のタイミングとは?

   

親との同居のタイミングとは?

最近では二世帯住宅も増え、親と同居生活を送る人も増えてきていますよね。親との同居は、助け合うことができて助かることも多いですが、問題もつきもの…。また、どういったタイミングで同居に踏み切るかも重要になってきます。そこで今回は、親との同居の利点やマイナス点、どのようなタイミングで同居に踏み切る人が多いのか、調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


親との同居の利点とは

親との同居することでどのような利点があるのでしょうか。これは状況によって様々ですが、もし子供がいてなおかつ共働きの場合、子供の面倒を見てもらえるというのが1番大きな利点になります。とくに送り迎えが必要な子供が小さい時など、面倒を見てくれる人がいると助かりますよね。また、次に上がる利点として、親が介護や手伝いが必要な年齢、一人暮らしさせるのが心配な年齢になった時、いちいち親の家に世話をしに行ったり様子を見に行くのは面倒ですよね。一緒に住んでしまえばそういった面倒をいっきに無くすことができます。また、親がもともと土地を持っている場合、その土地を使って二世帯住宅を建てることで夢のマイホームの実現と、親の面倒を見る、ということを両立させることが出来るのも、利点と考える人も多いようです。

親との同居のマイナス点

親と一緒に暮らすとどのような問題が生まれるのでしょうか。これも状況により様々ですが、1番多いのが嫁姑問題です。どのような形態で同居するかにもよりますが、近い距離感で暮らすと、もともと嫁姑が仲が良かった場合でも、生活の違いや、子供の育て方の違いなど、様々な違いが見えてくることで、争いのもとになることもあるようです。また、とくに目に見える争いがなくとも、毎日気を使ってしまいとても疲れてしまう奥さんも少なくないとか。せっかく子供の面倒を見るのを手伝ってもらえても、自分が疲れてしまったら意味がないですよね。また、その他にも経済的な問題として、生活費の区分や家のローンの区分など、誰がどの程度、または、どちらかが全額払うのかなど、金銭的な問題も生じてくることがあるそうです。

親と同居するタイミングで多いのは?

親と同居を始めるタイミングとして多いのが、出産直後に加え、親が一人暮らしだった場合です。産後は何かと大変で、手伝いがいたら助かりますよね。そんな時にたまたま親も一人暮らしの場合、親を1人にしておくのもまた心配ですし、一緒に住めば産後の手伝いもしてもらえるということで、産後のタイミングで同居を決める人も多いようです。また、家の建て替えのタイミングも、同居を決めるきっかけになっているようです。どうせ家を建て替えるなら二世帯住宅にして親と住むことで親の心配もなくなります。また、新たな場所に家を建てることを考えている場合、親が土地を持っていることも多いようで、その土地に家を建て、同居を始めるという家族も少なくありません。また、3人目や4人目の子供が増えるタイミングも同居のタイミングとしては多いようで、やはり子供の数が多くなってくると手伝ってくれる人がいると助かりますよね。

親との同居スタイルの種類

親との同居、どのようなスタイルが多いのでしょうか。まず最近増えているのが二世帯住宅です。これは一軒家の家を縦割りまたは横割りでしっかりと世帯ごとに分けて住める住宅で、リビングルームや共有スペースがある住宅もあれば、基本的には全て別になっている住宅もあるようです。注文住宅で家を建てる場合には自分たちの都合でそういった細かい部分も決められるので、金銭的な余裕があり二世帯住宅を検討している方は、一度注文住宅のメーカーに相談してみるのもいいかもしれません。また、マンションでも部屋が余分にあり、十分なスペースがある家の場合には、親が1人の場合はそこに住まわせることもあるようです。これは完全に親と生活を共にすることになるので、関係性によっては難しいこともあるかもしれません。また、逆に片親が亡くなった場合、親の実家に移り住み、残った親と同居の形をとることもあるようです。こちらも、家の大きさや家族関係によって、向き不向きがあるかもしれません。

親との同居で気をつけること

親と同居する時注意するべきこととはなんなのでしょうか。まず何より気をつけるのが家族内の人間関係です。例え仲が悪くなかったとしても、気を使うもの同士がともに暮らすとストレスを感じてしまったり、それが争いになり兼ねません。また、そういった関係性や空気感は子供には必ず伝わります。同居を決める前にそういった家族内の関係性や、子供の年齢など、様々なことをしっかり考慮してから決めるようにしましょう。また、せっかくもともといい関係性を築けていても、金銭的な問題が絡むとそういった関係にヒビが入ることも少なくありません。同居を決めるときは、自分たちだけでなく、親の意見もしっかり聞き、なおかつ事前にお金のことや、同居スタイルなどを入念に全員で話し合うようにしましょう。

まとめ

難しい点もありますが良い関係性で親との同居を始められるとお互いにとってとても良いですね。

 - 人生 社会 経済

ページ
上部へ