その答えはここにある!

アンサー119

つけまつげの「のり」でかぶれない方法!

   

つけまつげの「のり」でかぶれない方法!

皆さんはつけまつげの「のり」でかぶれたことはありますか? 肌の弱い人は経験が多いかと思いますが、肌の弱くない人でも、少なからず経験はあるかと思います。つけまつげの「のり」でかぶれないためにはどうすればいいのでしょうか。そもそもどうしてかぶれてしまうのでしょうか。今回はかぶれてしまう原因を紐解きつつ、つけまつげの「のり」でかぶれない方法について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


つけまつげを落とす方法

「のり」の話をする前に、まずは、つけまつげの落とす正しい方法について見ていきましょう。用意するものは、クレンジングオイルやアイメイクリムーバーなど「のり」を落とすものと、綿棒やコットンです。まず、クレンジングオイルなどを綿棒やコットンなどに染み込ませます。十分に染み込んだら、つけまつげのついた部分をそれらで優しくなぞりましょう。この方法なら、綺麗に落ちるだけでなく、痛みも少なく、瞼を傷つけることもありませんのでお勧めです。落ちにくい場合は、アイメイクリムーバー、メイク落とし、洗顔の順に試してみるといいでしょう。ここでひとつ、つけまつげを落とす時に気を付けてほしいことがあります。絶対に、無理に強い力ではがしてはいけません。瞼を傷つけてしまう危険性が高まってしまいます。アイメイクリムーバーなどを用いて、ゆっくり、優しくはがしましょう。

つけまつげの「のり」でかぶれる理由

肝心のつけまつげの「のり」でかぶれてしまう理由についてみていきましょう。かぶれてしまう理由は人によって様々あるため、細かく見ていきます。まず、かぶれてしまう原因のひとつに、つけまつげの使いまわしがあります。ただし、これは「のり」を正しくとらなかった場合に限ります。「のり」を正しくとらないまま使いまわすと、どうしても、汚れがついてしまいます。汚れというのは、皮脂、汗、ホコリ、排気ガスなどを指します。これらの汚れが付いたまま、つけまつげをつけてしまうと、当然、かぶれてしまいます。次の原因として「のり」を落とす時に角質が一緒に取れてしまい、それを繰り返すことによって、皮膚が薄くなり、かぶれやすくなることにあります。また、肌に「のり」が残ったままでも、肌荒れの原因になり、かぶれてしまいます。ここまでは肌が弱くない人でも当てはまりますが、肌の弱い人は特に気を付けなければならないことがあります。それはつけまつげの「のり」に含まれている成分です。安いつけまつげには「シアノアクリレート」が多く使われていますが、これは刺激が強く、シックハウス症候群の原因ともなるホルムアルデヒドを発生させるため、肌の弱い人は特に要注意です。こうした成分のほか、ラテックスなどのゴムやアクリル樹脂に対するアレルギーがあれば、かぶれてしまうため、こうしたアレルギーがある人は、使う前にパッチテストで確認しましょう。以上が、つけまつげの「のり」でかぶれてしまう理由です。

つけまつげの「のり」でかぶれない方法

かぶれないためには、つけまつげを正しく落とすことが重要です。つけまつげの正しい落とし方を見ていきましょう。準備するものは、コットンとお湯、或いはメイク落としだけです。まず、コットンにお湯を含ませます。そして、そのコットンをつけまつげの上から優しくあてましょう。この際、コットンとお湯を用意するのが手間だという方は、メイク落としを優しくなじませるだけでも結構です。次に、目尻から目頭に向かって、指の腹で軽くマッサージしましょう。そうしてほぐしたら、優しくつけまつげを外してください。あとは、洗顔料を使って普段通りの洗顔をすれば大丈夫です。つけまつげを外すときは、絶対に引っ張って取ってはいけません。気を付けましょう。

つけまつげの「のり」でかぶれないもの

つけまつげの「のり」の中でも、かぶれないものを見ていきましょう。肌の強弱に関わらず、瞼に負担をかけたくはありませんよね。こうした場合、天然素材のものを使うといいでしょう。やはり、化学物質が含まれたものよりも、肌に優しく、かぶれにくくなります。少し高めの天然ゴムやアクリル樹脂などが主な成分となっているものを選んでみましょう。肌の弱い人であれば、粘着力が高い「のり」は避けた方がいいでしょう。医療用の成分を含むものを使用してもいいでしょう。ほかにも、アイプチ用の「のり」は、つけまつげの「のり」としても使える上に低刺激とのことですので、アイプチ用の「のり」を持っている人にはお勧めです。また「のり」ではなくテープでも代用できます。

つけまつげの「のり」でかぶれないポイント

最後に、つけまつげの「のり」でかぶれないためのポイントについて押さえておきましょう。まずは、つけまつげの落とし方です。つけまつげを、先程述べた通りに正しく落としましょう。正しく落とすことによって、つけまつげと共に角質が取れてしまうのを防ぐことができます。次に、つけまつげの「のり」の選び方です。少し値は張りますが、天然素材のものを使ってみましょう。他にも、テープやアイプチ用の「のり」で代用すると、瞼への負担が少なくなり、かぶれにくくなります。これらのことに気を付けて、つけまつげの「のり」でかぶれるのを防ぎましょう。

まとめ

つけまつげを使う機会が多くある人や、肌の弱い人には、かぶれることは少なくないでしょう。しかし、肌は綺麗に保ちたいものです。つけまつげの「のり」のかぶれは、ちょっとした方法で防ぐことができます。今回紹介した方法で、かぶれるのを防いでみてはいかがでしょうか。皆さんが素敵なメイクライフを送れますように。

 - 美容 ダイエット

ページ
上部へ