その答えはここにある!

アンサー119

赤で名前を書くのはどうしていけないの?

   

赤で名前を書くのはどうしていけないの?

よく、赤で名前を書いてはいけない、って聞きますよね。人によっては、小学校など初めて手紙を書いた時に、周りの大人に言われて以来、よく分からないけど、書かないようにしてた…なんて人も少なくありません。今回はそもそもなぜ、赤で名前を書いてはいけないのか、赤にどんな意味があるのかなどを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

トイレの観葉植物で消臭ができる!画期的なオススメ消臭植物

トイレに観葉植物を置いたら消臭効果があるのか?疑問に思ってい...

観葉植物に虫がわかないようにしたい方必見!効果抜群対策法

観葉植物を育てていると、どうしても虫がわいてしまったりします...

部屋が綺麗な人の見た目はどんな感じ?部屋の綺麗さとの関係

人の第一印象は見た目が9割と言います。確かに、きちんと整った...

観葉植物を室内で育てる時の水やりの正しい方法と注意点

室内で観葉植物を育てていても、うまく水やりが出来なくて枯らし...

トイレ掃除はどこから始めるのが正解?正しいトイレ掃除手順

現代の若者はトイレ掃除の手順を知らない人が多いそうです。実際...

観葉植物を室内で育てる時の虫の駆除方法とオススメ予防法!

部屋の中にいつの間にか入り込んでいる虫。小さなコバエから人々...

部屋が綺麗な人は仕事ができる?仕事の仕方を覗き見!

会社に行けば、いつもデスク周りはきれいに整っていて仕事もバリ...

ママ友との会話が苦手な方必見!会話術 !

子供ができると保育園や児童館に足を運ぶことがあるかと思います...

物を減らす片付けで部屋をすっきりさせよう!

部屋を片付けるには時間がかかるし、労力が必要になります。ドラ...

目に入ったゴミの取り方!

目にゴミが入ると痛くて涙が出てきますよね!鏡で目を見てもゴミ...

香水の付け方!冬バージョン !

実は香水って時期によって付け方が違うのをご存じですか?今回は...

アイロンのしわが伸びない時の対策とシワの予防方法!

普段からアイロンがけをしている方もそうでない方も、なかなかし...

スマホの電波改善におすすめのアンテナ!

自宅や外出先でスマホの電波が悪いとイライラしてしまう方は少な...

人付き合いが苦手な人におすすめの仕事!

人との関わりはとても大切なことですが、たまに億劫に感じてしま...

ポリエステルについたシワが取れない時の対処方法!

ポリエステル素材の衣服についたシワってなかなか取れずらいです...

お風呂のカビ取りが簡単にできる方法 !

寒くなりお風呂が恋しい季節になってきましたね(笑)お風呂に入...

トレンチコートのお洗濯を失敗させない方法 !

トレンチコートが大活躍するこの季節!頻繁に使うものですがなか...

観葉植物を育てよう!虫がわかないための育て方 !

部屋に緑があるとなんとなく癒されるものです。室内に観葉植物を...

安心してお部屋に使える!消臭スプレーを手作りする方法 !

お部屋の臭いが気になるときの選択肢のひとつとして、消臭スプレ...

20世紀に活躍した近代・現代美術の画家たち

美術の歴史は大変古く、一万年以上前の旧石器時代のものとみられ...

スポンサーリンク


赤で書いてはいけない理由はお墓にある?

赤で名前を書いていけない理由として言われているひとつが、墓石に関係にしていると言われています。生前、生きているうちに墓石を建てることは、縁起がよいと言われています。このように、生きているうちに墓を建てた時に、名前を入れるときは必ず”赤”で入れます。そして亡くなった後に黒に塗り替えるのですが、このようにもともと、お墓の名入れに使う色のため縁起がよくないと言われる事が多いようです。とくに手紙など、相手に思いを伝えるような書面において、墓や、生死を連想させるような色で名前を書くことはよくないとされ、タブーとして考えられてきました。若い人や、子供など、お墓を考えない年齢の人には全く馴染みのない理由かもしれませんが、今よりメールなどもない、手紙世代の人にとっては当たり前のルールのようです。

赤で名前を書くと縁起が悪い?

もっとも知られている理由のひとつかもしれませんが、垢で名前を書くことは縁起が悪い、と言われています。縁起が悪いと言われる理由もたくさんあるようですが、今回はその中でもよくいわれているものについて紹介ていきます。まず、赤とういう色が血を連想させるということから縁起が悪いという考えにつながる事があるようです。また、死刑執行の命令に書かれるサインは赤鉛筆で書かれると言われており、これもまた、縁起が悪いような気がしますよね。その他には、戦時中の赤紙なども、赤で書かれた名前が縁起が悪い、というイメージにつながっているようです。また、こうした具体的な理由だけでなく、単純に赤という色が、禁止事項や、注意事項、危険事項などを書く時に使われる色である、ということから、文字を書くときには縁起のいいものではない、というイメージが広がったようです。

赤で書いた名前の相手と絶好に?

赤で名前を書いてはいけない有名な理由として、赤で名前を書くことは、その相手との絶縁や絶好を意味してしまう、というものがあります。この由来も、諸説ありますが、まず言われているのが、もともと、武士の果たし状からきていると言われています。昔、武士が決闘を挑む時や、その他相手に戦いを挑む時、赤で名前を書いた果たし状を送っていました。そのため、憎む相手や、倒すべき相手の名前を書く色として使われていた赤は、絶縁や絶好を意味するという考えが広がったようです。その他にも絶好状や血判状でも、赤字で書くため、赤で名前を書くということは、相手のことを嫌いである、ということを意味すると考えられてきまして。そのため、手紙などを書くときには赤で名前を書くことは相手に喧嘩を売ることになってしまうので、タブーとされてきました。

赤で書いていけないのは迷信?常識?

ここまで赤で名前を書くことがいけないとされる理由を挙げてきましたが、それは、あくまでも迷信なのでしょうか。それとも常識といえるのでしょうか。いろいろなところでこの問いは議論されていますが、その答えは出ていません。そもそも、迷信と常識の違いが曖昧です。迷信とは、論理的な根拠のない説が、噂などを、通じ人には伝わり、広がって出来たものですが、もし、それが人々の中で当たり前とされれば常識ともなります。赤で名前を書くことがいけないということに法的な拘束力などはもちろんなく、それぞれの理由も、縁起の悪さなど証明できるようなものではありませんよね。ですが、年代にもよりますが、多くの人がこのことを認識しており、当たり前のこととして考えている、という時点で、迷信だとしてもそれは常識になっているのかもしれません。

赤で名前を書いてはいけない本当の理由

人によってはそれらはあくまで迷信で、どれも根拠のない理由だ!と考える人もいるようです。では、赤で名前を書くことは、本当にいけないことなのでしょうか?赤で名前を書いてはいけない理由は、実際に縁起が悪いのか、歴史的な由来なのか、という事に関わらず、そういった理由を知った上で、自分の名前が赤で書かれた手紙を受けとった人は不快な気持ちになるからです。そもそも手紙は自分の想いや、感謝、大切なことを伝えるものです。そんな役割を果たすはずの手紙が相手を不快にさせてしまっては、元も子もありませんよね。赤で名前を書いてはいけないと言われる由来はたくさんありますが、1番いけないことは相手を不快にすること。名前の書く色を気をつけるだけで、相手を不快にすることなく想いが伝えられるわけですから、あえて赤で名前を書く必要はありませんよね。

まとめ

赤で名前を書いてはいけないと言われる理由はこのようにいろいろな背景はあることがわかりましたね。これらの理由が本当なのかただの迷信なのかに関わらず、人が不快に感じないような手紙を書きたいですね。

 - 雑学 おもしろ

ページ
上部へ