その答えはここにある!

アンサー119

洗剤と柔軟剤を間違えた!そんな時どうすればいい?

   

洗剤と柔軟剤を間違えた!そんな時どうすればいい?

最近では、洗剤、柔軟剤、ともにいろんな種類がありますよね。また、洗濯機もどんどん、いろいろな機能がついたものが増え、メリットもたくさんですが、少し複雑になりすぎてしまい、いろんな間違えをしてしまう人も少なくないようです。その中でよくあがる間違えとして、洗剤と柔軟剤を、入れ間違えてしまう、というもの。今回は、洗剤と柔軟剤を入れ間違えるとどうなるのか?その対象法などについてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


そもそも洗剤と柔軟剤、役割の違いは?

ひと昔前までは今ほど柔軟剤の種類もなく、使わない人すらたくさんいましたが、最近では、たくさんの柔軟剤があり、当たり前のようにみんなが使っていますよね。洗濯をたくさんする主婦の方や一人暮らし歴の長い方には当たり前のことかもしれませんが、ここでまず、洗剤と柔軟剤の違いについておさらいします。簡単に言うと洗剤の役割は汚れを落とすこと、柔軟剤は、衣類などのケアです。そもそも洗濯は、洗剤だけあればしっかり洗えます。基本的な洗濯の目的である汚れを落とす、という役割を担ってくれるのが洗剤です。これに加えて、洗濯物をふわふわにしたり、いい匂いにしたり、といったようにその仕上がりをキレイさ以外にもアップさせたい時に使うのが柔軟剤です。柔軟剤では、汚れは落ちません。ですが、洗剤と合わせて使うことで、フワフワいい香りに洗濯物を仕上げることができます。

洗剤と柔軟剤を間違えるとどうなる?

そんな洗剤と柔軟剤を間違えるとどんなことが起きるのでしょうか。そもそも洗濯機の、柔軟剤を入れるところには大抵、『柔軟剤以外は絶対に入れないでください』と書いてあります。なので、間違えてここに洗剤を入れてしまうと焦りますよね。では、実際に入れてしまうと何が起きるのでしょうか。それは、単純に、洗濯物に洗剤が残ってしまいます。洗剤が残ってしまった洗濯物は肌に悪いことはもちろん、パリパリなってしまったりします。また、柔軟剤入れのところにも洗剤が残り、最悪の場合にはその洗剤がそこで固まってしまい柔軟剤入れが詰まってしまうことも。つまらなかったとしても、洗剤残りは柔軟剤の効果を、半減させてしまいます。忙しい朝には、間違えてしまうこともありますが、間違えてしまうと、このようなデメリットが起きてしまいます。

洗剤と柔軟剤を間違えた時の対処法

とは言え、忙しくて間違ってしまった、という人は少なくありません。では、実際に間違えて柔軟剤入れに洗剤を入れてしまった時にはどうしたらいいのでしょうか。その対処法を紹介していきます。まず、洗濯物に関しては、もう一度、洗濯機ですすぎをすれば大丈夫です。もう洗剤がついて回った状態ですので、洗いをもう一度する必要はなく、すすぎだけ行ってください。洗剤によりますが、もともと必要とされている回数のすすぎを行いましょう。これで洗剤は取れるので、後は干す、またはもう一度今度はちゃんと柔軟剤の過程を行えば大丈夫です。また、洗剤の液体がついてしまった洗濯機の柔軟剤入れですが、ここに洗剤が固まってしまうと大変です。そのため、熱すぎないお湯、またはぬるま湯で数回しっかり流しましょう。柔軟剤ケース、そこから出てくる水に滑りがなくなれば大丈夫です。これをすぐに行わないと洗剤が中で固まってしまうことがあるので、間違えてしまったら、すぐにやるようにしましょう。

洗剤と柔軟剤を間違えないようにするには?

そもそも洗剤と柔軟剤を間違えないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。1つめの対処法として、柔軟剤効果がある洗剤を使う、という手があります。最近では、洗剤の種類もかなり増え、洗剤だけでも十分にフワフワにいい香りに洗えるものも少なくありません。毎日とても忙しい、という人には、時短にもなりそもそも間違える心配もないのでオススメです。その他の方法として、洗剤と柔軟剤の置き方に気をつけることです。なんとなくてきとうに洗濯機の近くに置いてあると、忙しい時には間違えてしまうことも。なので、一目で違いが分かるようにして、それぞれの置き場所を、しっかりと決めることで、それが定着すれば、見なくても、ボーっとしていても身体が勝手に間違えなくなりますので、今までなんとなく1つの棚にてきとうに置いていた人にはこれもオススメの方法です。

洗剤や柔軟剤を使うときに気をつけること

最後に、洗剤や柔軟剤を使う時に気をつけることを紹介していきます。どちらを使うときにも気をつけなければいけないのが、使いすぎと、洗い残しです。使いすぎや洗い残しは、洗剤、柔軟剤に限らず、肌にとても悪影響を及ぼします。すぐに現れなくても、肌がなんとなくかゆい、なぜか肌が少し荒れてきた、という時には意外にも洗剤や柔軟剤によるものだったりすることも少なくありません。肌荒れの時には見過ごしがちな洗剤と柔軟剤ですが、肌荒れが起きたらまず、すすぎ残しがないか、使用容量はちゃんと守れているか確認しましょう。場合によっては、他のものに変えてみてもいいかもしれません。また、その他にも使いすぎは、環境にとっても悪影響です。洗剤や柔軟剤に含まれる界面活性剤は川や海を汚します。近年では環境に配慮した商品が増え、有名人も環境に優しい生活を送ったりする人が増えてきていますよね。もちろん洗剤や柔軟剤を一切やめる必要はありませんが、毎日の生活で少し意識するだけでも、確実に変化があるはずです。

まとめ

いろいろな洗剤や柔軟剤がある今の時代ですが、使い方に間違えないように、いろいろな事に配慮しつつ効率的に使っていけるといいですね。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ