その答えはここにある!

アンサー119

コンビニの商品の値段が高い理由は?

   

コンビニの商品の値段が高い理由は?

皆さん、コンビニはよく利用しますか? コンビニは便利ですが、商品の値段がちょっと高いですよね。スーパーやドラッグストアの方が安いイメージがありますが、コンビニの商品はどうして値段が高いのでしょうか。また、そんな中でもコンビニを上手に利用する方法はあるのでしょうか。今回はコンビニの商品の値段が高い理由について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


コンビニの商品の値段が高い理由:仕入れの量

コンビニの商品の値段が高い理由を見ていきましょう。コンビニの商品の値段が高い理由は様々ありますが、大きな理由の一つとして、仕入れの量があります。決して仕入れの量が少ないわけではありません。とはいえ、やはりスーパーに比べると、仕入れの量は少ないです。当たり前のことですが、仕入れは量が多ければ多いほど安くなります。コンビニは在庫を置くスペースや、陳列できる商品の量に限りがありますから、どうしてもスーパーよりも少なくなってしまい、商品の値段に差が出てしまうということです。また、仕入れの方法にも問題があります。大きなスーパーと違って、コンビニは店舗が各地に点在していることから、各店舗に配送する分、コストがかかってしまいます。更に、消費期限などの点から、1日に何回も配送トラックが来ます。このトラックですが、これを1台走らせるだけで、人件費や燃料費、トラックの維持費が発生します。また、これに加えて運送会社への支払いもありますよね。そうなるとコストは更にかさみます。こうした仕入れの問題から、コンビニの商品の値段が高くなってしまうのです。

コンビニの商品の値段が高い理由:経費とその他

コンビニの商品の値段が高い理由で、次に大きな理由となっている経費の問題を見ていきましょう。コンビニは、1つの店舗に対して、規模が小さい割に経費がかかります。この経費というのは、先程述べた、仕入れにかかる経費のほかにも、人件費や光熱費などがあります。人件費は小さな店舗に2〜3人必要ですし、24時間営業のため、電灯や空調といった光熱費がかさみます。また、コンビニには、ショーケースが多いため、電気代もより高くなってしまいます。更に、深夜帯になると、人件費は割高になってしまいますので、それも関係しています。コンビニの商品の値段が高い理由は他にもあります。コンビニは、スーパーと違って、店舗の独断では、見切り品などの値下げができません。期限を過ぎた商品は廃棄処分となってしまいます。また、コンビニはグループで経営していますので、店舗独自の価格設定ができません。つまりコンビニの商品はほとんどが「定価」となってしまいます。スーパーはそれぞれの店舗で値引きをしているので、比較すると、コンビニの商品が高く感じてしまうというわけです。

コンビニで値段が安いもの

それではここで高いイメージのあるコンビニの商品の中でも、安く買える商品について見ていきましょう。まずは、店舗のコーヒーマシンで淹れられるコーヒーなどの飲み物です。これは1杯100円前後で購入できる上に、淹れたてが飲めますので、とてもお得です。飲み物でいうと、ペットボトル飲料のお茶なども、100円未満で購入できます。スーパーなどと違って、ポイントが多めにつくなどの特典もついていますので、これもお得といえるでしょう。コンビニならではの商品といえば、チキンやコロッケなどの総菜がありますよね。こちらも100円前後で購入できますし、新商品も続々と登場していますので、お勧めです。食品だと、これらのほか、ビールなどの酒類やつまみ、アイスクリームなどもお安くなっています。食品以外だと不祝儀袋がお得です。こうしたものは急を要する場合が多いですが、枚数も少なめで、値段も安くなっているため、お得だけでなく便利となっています。このように、コンビニの商品でも安く買い求められるものがあります。

コンビニは値段が高いのに利用者が多い理由

ここまで、コンビニの商品の値段が高いことに触れてきましたが、そんな中でも、コンビニを利用する人は多いですよね。そこで、ここではコンビニの値段が高いのに利用者が多い理由について見ていきましょう。まずは最新性です。そしてコンビニの名前の由来ともなっている利便性が高いところでしょう。次に、お客さんの回転率が高いことです。車を停めてすぐにお店に入ることができますし、店舗のスペースの関係上、すぐに目的の商品にたどり着き、またすぐにレジで精算できます。つまり買い物に時間がかからないところも大きな理由の1つとなっているようです。ほかにも、コンビニで雑誌を買うとおまけでクリアファイルがついていたり、キャンペーン等で限定のお菓子を購入すると、豪華なおまけがついていたりすることも多くあるため、そこも人気の理由となっています。これらの理由から、多少商品の値段が高くても、コンビニを利用する方は多いようです。

コンビニを利用する際のポイント

コンビニをお得に利用する際のポイントを確認しておきましょう。まず、コンビニを利用する上で重要なのはポイントカードです。コンビニにはそれぞれポイントカードがありますよね。このポイントカードというのは案外馬鹿にできないもので、小銭の代わりに端数を払えるだけでなく、クーポンが発行できたり、割引がきいたりします。よく行くコンビニがあるなら、必ずポイントカードを作っておきましょう。コンビニの商品は確かに高いように思えますが、カードを作っておけば、ポイント分は多少お得になります。次に確認しておくべきは、キャンペーンやフェアです。おにぎりやおでんが安くなったり、総菜が安くなったり、フェアの内容は地味なものが多いですが、アニメや映画などとのキャンペーンは豪華なものが多いです。情報は随時更新されますので、コンビニ限定の商品やコラボ商品などはチェックしておくといいでしょう。これは余談ですが、時々行われるコンビニの一番くじなどは目玉の景品がなくなったり、残りが少なくなったりすると半額になることがあります。ラストワン賞を狙うなら、この半額の時期を狙うといいかもしれませんね(笑) これらのポイントを踏まえた上で、上手にコンビニを利用しましょう。

まとめ

コンビニは値段が高いように思われますが、あくまで「定価」です。そう考えると、キャンペーンやフェアがある分、コンビニは十分魅力的です。皆さんがコンビニを上手に利用して、素敵な買い物ができますように。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ