その答えはここにある!

アンサー119

国民年金と厚生年金、両方払う?

   

国民年金と厚生年金、両方払う?

皆さんは、年金、きちんと支払っていますか? 一口に年金といっても様々ありますが、中でも厚生年金は、少し仕組みがややこしいですよね。国民年金と厚生年金は別のもののように思えますが、両方払うべきなのでしょうか。それとも、片方だけ払えばいいのでしょうか。そもそも国民年金と厚生年金の違いは何なのでしょうか。今回は厚生年金の仕組みに頂点を置いて、国民年金と厚生年金は両方払うべきかについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


年金とは

知っているようで知らない、年金について詳しく見ていきましょう。そもそも年金とは「老齢年金」「遺族年金」「障害年金」の総称となっています。それぞれ詳しく見ていきましょう。老齢年金とは、基本として、加入者が65歳以降の老後に支払われるものを指します。一般的な年金はこれをイメージしますが、他にもあります。次に遺族年金ですが、これは加入者が死亡した際に、遺された家族に支払われるものです。最後の障害年金は、加入者が事故や病気で、何らかの障害を負った際に支払われるものとなっています。これが年金の3種類の支払われ方です。次に加入の仕方ですが、これも3種類あります。よく聞くであろう「国民年金」「厚生年金」のほかに「共済年金」があります。一般的に耳にしがちな国民年金ですが、これは別名、基礎年金とも言われており、個人事業を行っている、主に自営業の方が加入します。次に厚生年金とは、会社員や従業員な、一般的にサラリーマンと呼ばれる方が加入するものです。最後の共済年金は、公務員の方が加入します。こうした加入の仕方によって、老後や死後、事故時にもらえる金額が変わってきます。ですので、一般的には当てはまりにくい事情がある方は、お近くの年金事務所や、役所などに相談してみましょう。年金と一口に言っても、支払われる方法から加入の仕方まで様々あるようです。

国民年金と厚生年金の違いって?

国民年金と厚生年金がどう違うのかについて見ていきましょう。加入の仕方が違うことは先程確認しましたが、国民年金と明らかに違う点は、厚生年金は「国民年金+報酬比例分」という風に成り立っています。つまり、厚生年金を支払っている人は、国民年金分も支払っており、国民年金のみに加入している人よりも、多く年金を支払っているのです。それと同時に、厚生年金に加入している人は、国民年金のみの人よりも、その後もらえる金額が多くなります。つまり、国民年金と厚生年金の違いは、支払額と、その後のもらえる金額ということになります。

国民年金と厚生年金は両方払う?

肝心の国民年金と厚生年金は両方払うべきかについて見ていきましょう。先程の部分を読めばわかっていただけたかと思いますが、厚生年金に加入している、ということは、国民年金を支払った上で、給料に応じた金額を支払っているわけです。つまり、厚生年金は、国民年金分も払っているため、国民年金と厚生年金は両方払う必要はありません。また、厚生年金に加入したからといって、国民年金の脱退手続きも必要ありません。というのも、会社が厚生年金の加入手続きをすると、国民年金は自動で脱退となるからです。ですので、加入者がすることといえば、厚生年金の加入のための書類を、会社に提出することくらいとなります。ただし、厚生年金に加入した後でも、国民年金に登録していた口座が解除されるまでは、数回ほど、国民年金分が引き落とされてしまうことがありますので注意しておきましょう。そのための対処法は後で述べます。以上のことからわかるように、厚生年金に加入している人は、厚生年金に国民年金分が含まれているため、両方払う必要はありません。

国民年金と厚生年金の両方払ってしまった場合

国民年金と厚生年金の両方を支払ってしまった場合の対処法について見ていきましょう。まず、国民年金と厚生年金を両方払うケースが起こるのは、だいたいが、年金を前納、つまり前払いしていた場合です。このように国民年金と厚生年金の支払いが重複した場合でも、たいして問題はありません。ちゃんと還付されます。それでは、還付までの流れを確認しておきましょう。まず、就職して1〜2ヶ月ほど経つと「国民年金保険料過誤納額還付・充当通知書」が年金事務所から送られてきます。届かない場合は、年金事務所での再発行が必要となりますので、連絡が必須となりますので注意しておきましょう。書類が届いたら、国民年金保険料還付請求書に、必要事項を記入して、年金事務所に提出しましょう。必要事項といっても、振込を希望する口座情報を記入するだけとなります。これらに記入したら、それを年金事務所に郵送するか、直接持って行っていきましょう。その後、国庫金振込通知書が届きます。それには住所、氏名、振込先の金融機関名、金額、支払予定日が記載されていますので、確認しましょう。通知書が届くと、払い過ぎた保険料が口座に入金されます。とはいえ、実際に入金されるのは、還付請求書を提出してから1〜2ヶ月後となります。すぐには入金されませんので、気を付けましょう。これらが還付までの手続きの流れとなります。

国民年金から厚生年金に移行した場合の年金を払う際の注意事項

国民年金から厚生年金に移行した場合の年金を払う際の注意事項をおさらいしましょう。まず、厚生年金には、国民年金分が含まれているため、国民年金と厚生年金を両方払う必要はありません。仮に重複してしまった場合でも、還付されるので、手続きを怠らないようにしましょう。次に、厚生年金に加入しても、国民年金を脱退する必要ありません。先程も確認した通り、会社が厚生年金の加入手続きをすると、国民年金は自動で脱退となります。最後に、今回とは逆のケースで、厚生年金から国民年金へ変更した時は、会社への確認が必要となりますので、しっかり確認しておきましょう。これらのことに気を付けて、年金を払いましょう。

まとめ

年金は何かと複雑ですし、手続きも面倒に思われるかもしれませんが、自分の未来のために必要なものです。面倒くさがらずに、年金をしっかりと払い、いざというときに備えておきましょう。

 - 人生 社会 経済

ページ
上部へ