その答えはここにある!

アンサー119

コインランドリーの乾燥機を使う時、ネットは外す?

   

コインランドリーの乾燥機を使う時、ネットは外す?

皆さんはコインランドリーの乾燥機を使う時、洗濯ネットはどうしていますか? 洗濯が済んだらそのまま乾燥機にポイっとしちゃう人も多いかと思います。コインランドリーの乾燥機を使う時は洗濯ネットを外したほうがいいのでしょうか? また、外すのと外さないのでは、どのような違いがあるのでしょうか? 今回はコインランドリーの乾燥機を使う時は洗濯ネットを外したほうが良いのかについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


コインランドリーの乾燥機を使う時にネットは外す?

コインランドリーの乾燥機を使う時は、洗濯ネットを外した方がいいのかどうかを見ていきましょう。一般的に、乾燥機を使う際、洗濯ネットは外さない人が多いかと思います。洗濯したそのまま乾燥機に放り込んだ方が楽ですし、なんといっても、いちいちネットを外すのが手間ですよね。しかし、実は、コインランドリーの乾燥機を使う時は、洗濯ネットを外した方が良いのです。理由については後で触れていこうと思いますが、だいたいの場合は洗濯ネットを外してから、乾燥機にかけた方が良いようです。とはいえ、外さないほうがいい場合もあります。例えば、ハンカチや靴下など、細々したものは、洗濯ネットにまとめた方が良いとされています。他にも、赤ちゃん用のものなど、小さいものを乾燥させたい場合は、柔らかい素材でできた洗濯ネットを準備しておくといいでしょう。場合にもよりますが、ほとんどの場合、コインランドリーの乾燥機を使う際は、ネットを外した方が良いようです。

コインランドリーの乾燥機を使う時にネットを外す理由

何故コインランドリーの乾燥機を使う時は、洗濯ネットを外した方が良いのでしょうか。洗濯ネットの有無で、乾き方にどのような違いが出るのでしょうか。まず、洗濯ネットをつけたまま乾燥機にかけた場合、洗濯物が生乾きの状態になってしまう可能性が高まります。また、生地が傷んだり、洋服が破れたりする原因にもなってしまいます。ものによっては、ネットそのものが、乾燥時の熱によって壊れたり、変形したりしてしまう可能性もあります。そもそも、コインランドリーの乾燥機は、ガス熱で乾燥させているので、しわになりにくく、ふっくらした仕上がりになるというメリットがあります。しかし、ネットに入れたままだと、うまく衣類が伸びずに、しわになりやすくなってしまいます。ここでは、コインランドリーの乾燥機に重きを置いていますが、普通の洗濯乾燥機を使う場合もネットは外した方が良いようです。

コインランドリーの乾燥機の使い方

ご存知かとは思いますが、コインランドリーの乾燥機の使い方について、改めて確認しておきましょう。まずは、湿った洗濯物を乾燥機に入れます。この時、先程も述べた通り、洗濯ネットは外しておきましょう。また、衣類等の絡まりをほどきながら入れると、しわが伸び、よりふっくらした仕上がりになります。香りをつけるための、シート用柔軟剤をつかう場合は、ここで洗濯物と一緒に入れておきましょう。次に、乾燥機のドアを閉め、料金を入れ、ボタンを押してください。最後に、乾燥が終わったら、次の人のためにも、すぐに取り出しましょう。取り出した後は、すぐに畳むのが理想的ですが、面倒だという方は、しわが気になるものについてのみ、コインランドリーにある台などで畳んでおくといいでしょう。これらの手順を確認して、コインランドリーの乾燥機を正しく使用しましょう。

コインランドリーの乾燥機を使う時のコツ

コインランドリーの乾燥機を使う時のコツについて見ていきましょう。乾燥機を使う時に気を付けたいのは、乾燥機にかける時間です。綿が素材のTシャツや、タオルが多い場合は30分から40分程度が目安となります。他にも、ジーンズや大きめのバスタオル、厚手のトレーナーやスウェットがある場合は50分程度が良いでしょう。コインランドリーの乾燥機は乾燥時間が長いと、洋服が縮んでしまう可能性があります。縮ませたくない洋服については、通常の8割程度の時間で乾燥機にかけるのがお勧めです。乾きにくいものを乾燥させている場合は、乾きが足りない時のために、乾かし終わる1〜2分前に一度止めて、中の乾き具合を確認しておきましょう。コインランドリーの乾燥機を上手に使うには、乾燥時間に気を付けると良いようです。

コインランドリーの乾燥機を使う際の注意点

コインランドリーの乾燥機を使う際の注意点について確認しておきましょう。コインランドリーの乾燥機を使う際に、最も注意すべきは、乾燥機にかける洗濯物の種類です。まず、コインランドリーの乾燥機には、絶対にかけてはいけないものがあります。化学繊維の服や下着、ウールなどの天然素材のもの、セーター、レーヨンなど繊細な素材の衣類は、乾燥機にかけてはいけません。熱に弱い化学繊維や天然素材の毛でできた服は、コインランドリーの乾燥機の強い熱によって縮む恐れがあります。他にも、襟や袖に飾りのついた服や、おしゃれ着用のブラウスも要注意です。これらは飾りの部分だけ縮む可能性があり、おしゃれ服としての機能を下げてしまう危険性があります。こうした洋服の種類のほかに、乾燥機にかける洗濯物の量にも気を付けましょう。洗濯物は湿った状態だと少なく感じますが、仕上がりは膨らむため、詰め込みすぎると、乾きにくくなってしまいます。ですので、洗濯物はドラムの下から3分の1ほどの高さを目安に入れましょう。コインランドリーの乾燥機を使う際は、洗濯物の種類と量に気を付けましょう。

まとめ

コインランドリーの乾燥機を使う時は、洗濯ネットを外した方が、より乾きやすく、しわもできにくいようです。コインランドリーの乾燥機は、梅雨や夏の湿った時期、乾きにくい冬の時期などにはとても便利です。コツをつかんで、上手に利用しましょう。皆さんが洗濯物の悩みから、少しでも解放されますように。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ