その答えはここにある!

アンサー119

コインランドリーの乾燥機で縮むのを防ぐ方法!

   

コインランドリーの乾燥機で縮むのを防ぐ方法!

皆さんはコインランドリーの乾燥機を使ったことはありますか? 雨の続く日や、冬の日にはとても助かる代物ですが、乾燥機を使ってうっかり服が縮んでしまった! なんて経験がある方も多いかと思います。私の母も先日、洋服を縮ませて嘆いていました(笑) そこで、今回はコインランドリーの乾燥機で縮むのを防ぐ方法について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


コインランドリーの乾燥機で縮むのはなぜ?

まずは、コインランドリーの乾燥機で縮むのは何故なのか、その原理を見ていきましょう。洗濯物が縮むということは、つまり衣類に使われている繊維が縮むということです。それでは、この繊維が縮むのは洗濯のどこの過程なのでしょうか。通常の洗濯の手順を確認すると、まずは洗剤を使っての水洗い、その後にすすぎ、脱水で完了です。乾燥機を使う場合はこの後に乾燥、冷却といった手順が加わります。繊維が縮むのは、洗濯時の脱水、そして乾燥終了時の冷却の過程です。簡単に説明すると、繊維が水を吸い、脱水することによって小さく縮んでしまい、乾燥の過程で元に戻っても、乾燥終了時の冷却で、繊維が急速に冷え、縮んでしまうわけです。また、素材によっては、水分を吸収しやすく、水を吸うことで繊維が一時的に膨張し、膨らんで太くなった糸は、変形しやすくなっており、そのために縮んでしまうこともあるようです。ほかにも乾燥時間が長いと、熱や冷却によって縮んでしまうとのことです。こうした原理によってコインランドリーの乾燥機を使用した洋服は縮んでしまうようです。

コインランドリーの乾燥機で縮むもの・縮まないもの

コインランドリーの乾燥機で縮む可能性が低いものと高いものについてみていきましょう。まずは縮まないものから見ていきます。コインランドリーの乾燥機にかけても縮まないものとして、真っ先に挙げられるのはタオル類ですが、ポリエステル素材のものも縮みにくいとされています。次に縮むものですが、これは様々あるので要注意です。ニット、絹や綿、麻などの天然素材系は縮みやすいイメージがあるので大丈夫かと思いますが、ほかにも、浴衣、本革・合皮・毛皮、ナイロン、レーヨンなど、縮みやすいものはたくさんあります。意外に思われれるかもしれませんが、ポロシャツやジャージ、Tシャツなどの編み地のものも要注意です。また、新品の洋服は縮む可能性が高いです。新品の洋服は一度洗濯すると縮んでしまうことはよく聞く話ですが、それは、洋服が作られる過程で、繊維は仕上がりの過程で強い力で引っ張られ、その形を保つ丈夫な繊維となります。しかしその繊維は洗濯すると、元の形に戻ってしまうことがあり、それで縮んでしまうのです。ただの洗濯でさえ縮んでしまうのだから、乾燥機にかけるとより縮む可能性は高まってしまいます。ですので、新品の洋服はできるだけコインランドリーを使用する前に、自宅の洗濯機で何回か洗濯を繰り返した後がいいでしょう。このように、コインランドリーの乾燥機を使用することで縮みやすいものは多くあります。乾燥機にかける前にきちんと確認しておきましょう。

コインランドリーの乾燥機で縮むのを防ぐには

コインランドリーの乾燥機で縮むのを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。まずは、洗濯物を乾燥機にかけてよいものと駄目なものとに分けましょう。乾燥機の使用の是非は、洋服などのタグについている、取り扱い絵表示・材質表示を確認すればわかります。その中でも、ドライマーク付きのものは「ドライコース」を使用しましょう。この作業をするだけでも、縮む可能性はぐっと低くなります。次に、乾燥をする時間を短めにしてみましょう。短めといっても普段の8割程度です。こうすることによって生乾きの状態になり、収縮しにくくなり、洗濯時に気になるしわも、ある程度取れるため、効果的です。ただし、生乾きのまま乾燥機に入れっぱなしにしておくと、菌の繁殖の危険性がありますので、乾燥機から早く取り出すように心がけましょう。そうして生乾きの状態になったら、天日干し、あるいは吊り干ししましょう。ある程度乾いているため、洗濯物が乾く速度は通常よりも早くなります。最後に、洗濯物が縮んでしまった時の対処法を紹介します。まず、ぬるま湯に、ジメチコン成分が入ったコンディショナーを入れます。次に衣類を入れて、30分ほど放置します。そして、よくすすいだ後に、戻したい大きさに伸ばします。最後に自然乾燥させれば、完全とは言い切れませんが、ある程度の縮みは解消されるでしょう。これらの方法を利用して、縮むのを防ぎましょう。

コインランドリーの乾燥機を上手に使おう

ここまで調べていくと、コインランドリーの乾燥機はあまり良くないもののように見えてきますが、勿論、そんなことはありません。コインランドリーの乾燥機は、上手に使えば、洗濯の効率が一気に上がります。ここではコインランドリーの乾燥機には、どのようなメリットがあるのかを見ていきます。梅雨の時期、部屋干しばかりしていると、洗濯物が臭ってしまう、なんてことはよくありますよね。そんな時こそコインランドリーの乾燥機を使いましょう。コインランドリーの乾燥機には脱臭効果があります。それだけでなく、殺菌効果もあるため、梅雨や夏といった湿気の多い時期には大いに活躍するのです。また、そうした時期に限らず、ほこりが気になる洗濯物にも使えるダスター効果や、自宅ではなかなか干しにくい絨毯や毛布などの大きなものも、丸ごと乾かすことができます。こうした利点を活用して、コインランドリーの乾燥機を上手に使用しましょう。

コインランドリーの乾燥機を使う際の注意点

コインランドリーの乾燥機を使う際の注意点について見ていきましょう。まずは、洗濯物の素材や生地です。乾燥機にかけてもよいものか、事前に確認しておきましょう。注意すべきものとして、先ほど挙げた天然素材系のものや、編み地のもの、ニットなどがあります。また、ここで特に注意してほしいのが、ウールなどの毛製品です。これは万が一縮んでしまった倍、元に戻らなくなってしまいます。毛素材の靴下やセーターは絶対に乾燥機にかけないようにしましょう。次の注意点として脱水の時間です。脱水を短め、弱めにすることで、洗濯物が縮む可能性は低くなります。これらに注意して、コインランドリーの乾燥機を使用しましょう。

まとめ

コインランドリーの乾燥機は便利ですが、使い方を間違えると、トラブルの種にもなります。使うときは、衣類の絵表示などをしっかり確認しておきましょう。皆さんが洗濯物の悩みから解消されて、素敵な日々を送れますように。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ