その答えはここにある!

アンサー119

車道を走る時に気を付けたい自転車事故とは?

   

車道を走る時に気を付けたい自転車事故とは?

交通ルールとして、基本的には自転車は車道を走ることが義務づけられていますよね。ですがやっぱり、圧倒的に自転車より早しスピードで走る車と並んで、走ると怖いことってありますよね。実際に、車道を走っている自転車の事故が多発しています。交通ルールを守ることはもちろん大切ですが、それで事故にあってしまったら元も子もありません。今回は、最近多発している車道を走る自転車の事故と、いかに事故に合わないようにするかについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


自転車は車道を走る!基本的交通ルール

もともと日本では、自転車は車道を走るのが当たり前でした。ですが、昭和40年代になり、車が急激に普及すると、自転車と車の事故が多発、そのため、自転車の歩道通行が認められました。ですが、今度は車道での歩行者と自転車の事故が多発。現在の交通ルールでは自転車は車道走行が基本になっています。現在警視庁が発表している交通ルールとして、自転車は道路交通法上、軽車両と位置付けられています。そのため他の車と同様に車道を走行し、また道路標識にも従う必要があります。自転すあは車道のできる限り左側を走行し、右折の際もこれをしっかりと心がけなくではいけません。信号機に関して、歩行者用信号機、またが自転車用信号機がない場合は、対面する信号機にしたがって走行します。ですがもし歩行者用信号があり、歩行者の通行を妨げる恐れがない時、もしくは自転車を押してであれば、横断歩道を利用することができます。

車道で起きる自転車事故とは?

ここらは実際に発生している車道での自転車事故について紹介していきます。まず最も起こりやすいのが車との接触事故です。とくに狭い道路でお互いスピードを出して走っている時に起こりやすく、尚且つその状況では死亡事故になりかねません。また、路上駐車の車を避けようとして、車道側に出ようとした時に後方から来た車と接触してしまう事故も多発しているようです。その他にも信号のない交差点での車と自転車の事故も少なくありません。その他にも、信号機の見誤りによる事故もあります。実際に2016年に自転車の死亡事故が急増、事故被害者は113名と報告されています。平成25年、自転車の車道歩行規則ができてから、急増したといわれています。

事故防止のためにも知っておくべき歩道を走っていい自転車とは?

基本的なルールとして自転車は車道を走らなければなりませんが、いくつかの特例として歩道を走れることがあります。まず、「自転車交通許可」、または「普通自転車通行指定部分」といった道路標識がある場所では、標識に従い、歩道を走ることができます。また、自転車に乗る人が13歳未満、または70歳以上の場合は交通標識に関わらず、歩道での走行が可能です。これに加え、身体に障害を持っている人なども歩道を走るとことが認められています。そして、「安全のためやむを得ない場合」には自転車の歩道走行が認められていますが、表現があいまいなため、なかなかピンときませんよね。いくつかの例として、道路交通法研究会によると、路上駐車量が多く避けるのが困難な場合・自動車交通量が非常に多く車道も狭い場合・車の危険運転者がいる場合などが、この「安全のためやむを得ない場合」に該当するといわれています。

そこまでして自転車が車道を走るのはなぜ?

ここまでで、自転車が車道を走ることでの事故の危険性と、あいまいな交通ルールをお話しました。それではなぜ、実際に自転車はそんな事故のリスクをおかしてまで車道を走るのでしょうか。それが、交通ルールだから、というのはもちろんですが、その他にも理由があるようです。まず、この交通ルールを無視し車道を歩行し万が一歩行者と事故を起こした場合、かなり重い刑が課せられますし、そもそも事故の加害者にもなりたくないですよね。また、もし事故を起こさなくても、自転車が歩道を走った場合の基本的な罰則は「3年以下の懲役または5万円以下の罰金」となっています。予想以上に重い刑罰ですよね。2015年5月までは、自転車の歩道走行やそのほかルール違反に関して、簡単な注意程度でしたが、2015年6月の法改正以降は、こういった自転車のルール違反の取り締まりは厳しくなっています。このような理由から、多少のリスクをおかしてでも交通ルールを守り自転車は車道を走行しています。

車道での自転車事故を防止するには

では、車道を自転車で走る時、事故を防止するためにはどうしたらいいのでしょうか。まず、当たり前の事として、交通ルールをしっかり知り、守る、ということがあります。曖昧な交通ルールの認識は事故のもとになります。とくに、二人乗りや夜間のライトの付け忘れ、信号機の見誤り、車道での並走などはないように気をつけましょう。最近では、イヤホンをしていたことにより、クラクションが聞こえなかったり、注意散漫のための事故も多発しています。音楽を聴きながらの自転車走行は気持ちいかもしれませんが、非常に危険ですので絶対にやめましょう。音楽と同じく、携帯電話の使用ももちろん厳禁です。これらの行為も、5万円以下の罰金が課せられる場合もあります。しっかりと交通ルールを守り、安全に気を付けて、運転することが大切です。

まとめ

自転車は風を感じることが出来て気持ちいですよね。危険な事故もありますが、しっかり注意して安全に楽しめるようにしましょう。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ