その答えはここにある!

アンサー119

家庭菜園でトマトを栽培する時の雨よけはどうしたらいいの?

   

家庭菜園でトマトを栽培する時の雨よけはどうしたらいいの?

野菜の値段が上がる中、自宅の庭やベランダで簡単な野菜の栽培をする人も多いですよね。また、最近では家庭菜園は健康志向の若い人や、忙しい毎日の息抜きとして土いじりをしたい、という若者の間でも流行ってきているようです。そんな家庭菜園の中でも人気の野菜、トマト。栄養はもちろん、女性にはうれしい美容に良い成分も入っているので、とても人気な家庭菜園の野菜のひとつです。今回はそんなトマト栽培の基本と、ポイントとなる雨よけについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


家庭菜園でトマトを育てる前の準備

まず、トマトに限らず野菜を育てる時は、適切な植え付けの時期、収穫の時期をしっかりと把握してから始めることが大切です。トマトの場合は、日本の気候では5月頃の植え付けがベストだと言われていて、収穫はだいたい7月から10月までという長期間で可能です。トマトを家庭菜園で育てる時、始め方は2種類あります。ひとつは種からの植え付け、もうひとつはすでに苗になっているものを購入して始める苗かたの植え付けです。どちらも家庭菜園で可能ですが、初心者の方には苗を購入して植え付ける方が簡単で始めやすいのでおすすめです。そのため、まず必要な準備としては丈夫なトマト苗の購入です。丈夫なものを選ぶ時のポイントは節が太く、深い緑色のものを選びましょう。また葉も縮れておらずツヤの良いものを選ぶのもポイントです。

次に土づくりです。基本は他の家庭菜園と大きく変わりませんが、ポイントとしてまず、トマトは根を深くはるので、深くまでしっかりと耕しておくことが大切です。またトマトは過湿に弱いので、排水性の良い土を選びましょう。

ここまでで基本的なトマト栽培の準備はおしまいです。

家庭菜園でトマトを育てる時の基本

つづいて、家庭菜園でトマトを育てる際の基本的なポイント、流れについて説明していきます。まず始めのステップが苗の植え付けです。事前に準備した土に苗を植え付ける穴をほりそこにポットかた大師ら苗の根鉢を崩さないように植えていきます。この時苗が倒れないように上から軽く押しつけ、仮の支柱を立てて茎と支柱を軽く結ぶと苗が安定します。次に本葉10枚程度になったら仮支柱かもっと太くて長い本支柱に取り替えます。この時のポイントして、トマトの茎は結構太くなりますので、支柱と茎をきつく結びすぎないことが大切です。ゆるく優しく結んであげましょう。そして支柱建てをする時に雨よけも設置し、梅雨の雨からトマトを守ってあげましょう。この雨よけについては次の項目で詳しく説明します!そして実がつき始めたら、追肥を行いましょう。肥料を株から20センチ程度離れたところに散布していきます。これを2〜3週間おきに一度の間隔で行っていきます。そして最後のポイントとしてわき芽摘みです。わき芽は大きくなるとどれがわき芽か分からなくなってしまうので、出てきたらすぐに積むようにしましょう。ここまできたら収穫期を待って収穫するのみです。

トマトを栽培する時、なぜ雨よけは大切なの?

トマトは雨に当たると病気や実割れを起こしやすい作物です。また、植え付けの時期も梅雨前で、収穫は梅雨明けから、つまり必ず梅雨を経験しなければなりません。もともとトマトは乾燥が好きな作物。そのため、雨よけの屋根を張るのがおすすめです。特にプチトマトではなく大玉トマトを育てる場合、完熟までに時間がかかり、過湿によって問題が起こりやすいので、雨よけ屋根は必須です。また、過湿だけでなく、梅雨の時期の強い雨によって跳ね飛ばされた土が葉につくと、葉っぱかた病原菌におかされてしますこともあります。特に”疫病”という雨によって伝播するトマトの病気は深刻な被害を与えます。なので、元気なおいしいトマトを育てるためには雨よけは大切です。

トマトを栽培する時の雨よけの方法

まずはプランターではなく地植えの時の雨よけの方法について説明していきます。

地植えの場合雨よけの方法はふたつ。ひとつは市販の雨よけを購入し、設置するものです。

園芸店やホームセンター、最近ではオンラインでも簡単に購入することができます。大きさも様々なので、あらかじめ設置するスペースやトマトの株数などを確認して購入するようにしましょう。

次の方法として、自分で雨よけを作ることもできます。スペースが狭かったり、株数自体もそんなに多くない…という場合は自分で作ってみるのもいいかもしれません。作り方としては、トマトに植え付けた支柱よりも背の高い支柱を用意します。それを植えてある部分の外側に何本か並べて立てて、その上からビニールをかぶせます。この時風に飛ばされないようにしっかりくくりつけるようにしましょう。使うビニールは園芸用のものがベストですが、どうしても用意できない場合はごみ袋を切って広げたものでも代用できます。

そしてもし地植えではなく、プランターで育てている場合、一番手っ取り早い方法としては、雨の当たらない場所に移動させて育てることです。ただもし、雨のあたらない場所がない…という場合は地植えの手作り雨よけと同じ要領で、支柱とビニールを用意して作ることもできます。ただし、地面に立てるよりも、浅いため支柱が倒れやすいので注意が必要です。

トマトを栽培する時に気を付けること

最後にトマトを栽培する上で気をつけるポイントを紹介します。トマトはそのみずみずしいイメージから、水やりをたくさんした方がいいと思う人も多いようですが、それは間違いです。先ほど紹介したようにトマトは湿気を嫌います。水のやりすぎには注意しましょう。また、家庭菜園をしていると、どんどん大きくなっていくのを見るのが楽しみになりますよね。ですが、トマトは、大きくなりすぎに注意です。実が大きくなる分にはOKなのですが、背がどんどん高くなったり、茎がどんどん太くなっていったりするのはあまり良いことではありません。もちろんある程度の成長は必要ですが、茎が成長しすぎるということは、実に行くはずの養分が茎にいってしまし、実が小さく育ってしますことにつながります。大きく育ちすぎてしまったなと思ったら、茎の頂上を切るなどの対処をするようにしましょう。

まとめ

家庭菜園と聞くと、一見めんどうなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、忙しい毎日から少し抜け出す方法としてとてもおすすめです。

 - 趣味 エンターテイメント

ページ
上部へ