その答えはここにある!

アンサー119

ウサギを飼う上で、後で後悔しないために知っておくべきこと。

   

ウサギを飼う上で、後で後悔しないために知っておくべきこと。

近年、ペットを飼う人が増えていますよね。そんな中でとくに女性に人気なのがウサギです。犬や猫よりも小さく、散歩も必要ない、そして何よりとてもかわいいウサギはペットとしてとても魅力的ですよね。ですが、軽い気持ちで深く考えずに飼ってしまうと飼った後に後悔してしまったり、手放したくなってしますことも。飼う前にしっかりとその動物について調べたり、本当に自分が飼えるのか?と慎重に考えてから飼うことが大切です。今回はウサギを飼う上で知っておくべきこと、どんなことで後悔してしまうのか、まとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


ウサギの基本的な飼い方

まず、ウサギを飼う上で必要なものは、ケージ、ケージの床に敷くコルクマットや牧草など、トイレ、そしていざという時に行ける近くの動物病院を見つけておくことも大切です。ウサギを迎えたら、まずトイレの場所を覚えさせるようにしましょう。最初にトイレの場所を覚えないと、部屋のいろんなところでトイレをしてしまうようになります。食事に関して、基本的な食事はペレットと牧草ですが、薄くスライスしたものであれば、根菜も食べさせることができます。逆に、炭水化物類は絶対に与えないようにしてください、ウサギの腸内で異常発酵につながり、病気の原因になります。ペレットや牧草の与える量ですが、体重の1.5%が理想と言われています。それ以下、またはそれ以上あげてしまうと、それもまた病気につながるので気をつけましょう。後は、噛まないようにしつけること、そしてかわいがることが大切です。ただ過剰にかわいがることはウサギのストレスになる事もあるので様子を見ながら触れ合っていきましょう。

ウサギを飼う前に知っておくべき事

ウサギを飼う前に、しっかりウサギについて知っておく事が大切です。ここでは基本的なウサギの性格、生体を紹介していきます。

まず、ウサギには個性があります。自分でウサギの性格に対して勝手なイメージ、期待を持たず、迎えた子をしっかり受け入れることが大切です。

次に、ウサギはストレスに弱い生き物です。環境に気をつける必要があります。暑い、寒い、などとくに気温に気を付けてあげる必要があります。

そしてウサギは自分で悪い食べ物を判断できないので、与える食べ物に細心の注意を払うことはもちろん、ウサギの手の届くところに、ウサギにとって良くない食べ物をおかないようにしましょう。

また、いくらちゃんとしつけをしていても、ウサギはもともとなんでもカリカリかじる動物です。なので、大切なものをウサギの手の届くところに置かないようにすること。もし、カリカリされてもむやみにしからないことが大切です。

最後に、ウサギはさみしがり屋です。これは有名なことですよね。さみしくて死んでしまう、ということは実際はないようですが、さみしさがたまると、ストレスの原因になり、そのストレスが病気の原因になってしまうことだってあります。だからといって四六時中つきっきり、というのは無理ですが、家にいる間はたくさん話しかけてかわいがってあげましょう。

ウサギを飼うことで得られるメリットは?

ウサギを飼って、得られる最大のメリット、それは”癒し”です。ウサギは仕草ひとつひとつがとてもかわいく、見ているだけでもとても癒されます。されに、もちろんそのウサギの性格にもよりますが、基本的にさみしがり屋で、人懐っこい性質があるので、疲れて帰った後、自分によってきたり、なでてなでてとせがむ姿は疲れも吹っ飛ばしてくれます。また、ウサギを飼って、ウサギ仲間に出会える、なんてこともあるようです。最近ではウサギを飼う人も増え、その魅力を共有したいと感じる人も多く、そんな人たち同士でコミュニティーが出来たりしているようです。また、子供がいる家族からは、子供に、生き物とのふれあいの場を与えることが出来た、生き物を飼うということがどういうことか教えることが出来た、という意見もあるようです。

ウサギを飼って後悔してしまうことは?

ここまでウサギを飼ってよかった事を紹介しましたが、ここからはウサギを飼って、後悔してしまうことについてお話していきます。まず、最も多くあげられるのが、ウサギの死に向き合えない、という事です。当たり前の事ですが、大抵ウサギは人間より先に寿命がきます。それを分かって飼ったとしても、かわいがってきた、家族のような存在であるその子が死んでしまうと、「こんな辛い思いをするなら飼わなければよかった」と後悔してしまう人が少なくないようです。これはウサギに限ったことではありませんが、動物を飼う、ということはその死に直面することを覚悟しておく必要があります。いくら覚悟しても、”死”というのはもちろん悲しいことですが、それを乗り越え、飼ったことを後悔せず、楽しかった思い出をしっかりと持つことが大切です。

また、次によくある後悔として、想像以上に世話が必要で、忙しくて世話出来ない、ということです。犬や猫より小さく散歩も必要ない、という点から、簡単に飼えるという理由で、深く考えず飼うことを決めてしまうと、このように後悔してしまうことがあるようです。このような理由で後悔しないためにも事前にしっかりと調べて、考えることが大切です。

ウサギや動物を飼うということ。

ここまでウサギの飼い方やメリット、後悔についてまとめてきました。最近ではペットとして飼われていた犬猫の殺処分が問題としてよく取り上げられていますが、犬猫だけでなく、ウサギはもちろん、他の動物もペットとして受け入れたら最後まで世話をする責任があります。どの動物の命もその命の価値は人間と同じです。ですが、ペットを飼って慣れてくるとどうしてもそれを忘れてしまうことがあります。いくらペットだからといって、人間がその命をどうこうしていいものではありません。一度おうちに受け入れるということは、その命を預かるということ、自分の都合でその命を手放すことは許されることではありません。ですが、どうしようもない事情で、それ以上飼うことが難しい状況が来てしまうこともあります。そんな時は、その後の決して捨てたりせず、その後いくおうちを決めてあげる必要があります。それが、命を預かる、動物を飼う上での最低限の責任です。ウサギを含め、ペットを飼うことは大変なこともたくさんありますが、その子たちはその分必ず何か与えてくれます。

まとめ

現代のストレス社会の中で癒しを与えてくれるウサギはペットとしてとても魅力的ですよね。命を預かるということを自覚し、責任もって、ペットとの素敵な生活が送れるといいですね。

 - 動物 植物 ペット

ページ
上部へ