その答えはここにある!

アンサー119

パスポートの料金はカード払いがお得?

   

パスポートの料金はカード払いがお得?

皆さんはパスポートを取得する際の料金を、カード払いすることができる、という話はご存知ですか? 中でもカード払いは現金で払うよりもお得、なんていう話は、ネットや風の噂で耳にしたことのある人は多いかと思います。ということで、今回はパスポートの料金はカード払いでお得になるのかについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


パスポートの申請方法と料金:通常の場合

通常のパスポートの申請方法とその料金を確認しておきましょう。パスポートを取得するには、2種類の申請のための料金が必要になります。ひとつは、都道府県収入証紙です。これは、パスポートの種類や年齢に関係なく2000円ほどかかります。次に、収入印紙です。これはパスポートの有効期限や年齢によって値段が異なります。10年間有効の場合は14000円、5年間有効の場合は9000円ほどとなり、12歳未満が4000円となっています。これらの2つは、都道府県庁などの役所や、役所内にある売店、パスポートセンターなどで、セット販売されているところが多いです。また、収入印紙は郵便局、収入証紙は銀行や警察署、行政書士事務所などでも購入できます。最寄りの旅券窓口で、これらの料金の支払い方法と併せて、印紙・証紙の販売場所を確認しましょう。この2つを購入したら、多くの都道府県では、パスポート申請時に渡される旅券引換証に、それらを貼り付けて納めるのが通常の流れになります。とはいえ、地域によって、印紙・証紙の購入場所や貼付方法が異なりますので、詳しくは申請する予定の窓口で確認しておきましょう。

パスポートの申請方法と料金:カード払いの場合

カード払いの場合のパスポートの申請方法とその料金を確認しておきましょう。先に言っておきますが、収入印紙は、換金などの不正を防止するためにカード払い出来ないのが一般的です。気になるのは、どういう場合にカード払いができるのかということですよね。カード払いができるのは、ずばり、コンビニでの購入時になります。収入印紙は店舗にもよりますが、コンビニで購入できます。とはいえ、クレジット機能の付いたファミマTカードといった特定のクレジットカードや、nanacoカードなどのクレジットカードでチャージした特定の電子マネーに限った話になります。また、クレジット機能の付いたファミマTカードの場合はポイントが加算されますが、nanacoカードの場合はポイントの付与がありませんので、注意しておきましょう。購入した後の手続きは、通常と同じになります。また、収入証紙はコンビニで取り扱っていないことの方が多いため、別の販売窓口で現金にて購入しなければならない場合がほとんどです。カード払いができるといっても、特定のものに限られるようですね。

パスポートの申請料金をカード払いする際のポイント

パスポートの申請料金をカード払いする際のポイントを見ていきましょう。カード払いする際に重要なのは、収入印紙を購入するコンビニの選択です。というのも、コンビニで購入できる収入印紙は、大概が使用されることの多い200円のものになっています。つまり、これよりも高額な収入印紙を取り扱っているところが少ないというわけです。しかし、そんな中でも、高額な収入印紙を取り扱っていることの多いコンビニがあります。それは、裁判所や法務局、労働局などの周辺にあるコンビニです。高額な収入印紙を貼り付ける必要のある手続きを扱っている場所の付近にあるコンビニでは、購入できる可能性が高いということです。とはいえ、万が一ということもあるので、もしもコンビニで購入する場合は、事前にパスポートを申請するのに必要なだけの収入印紙が購入できるのか、確認しておきましょう。

パスポートの料金をより安くするポイント

パスポートの料金をより安くするポイントを軽く押さえておきましょう。まず、最初に述べた通り、パスポートの料金は、有効期限によって異なります。実は、年間に換算して考えてみると、5年パスポートより10年のパスポートの方がお得になっています。また、これは先程触れましたが、クレジットカードでの支払いをすると、ポイント分(100円程度)お得になります。最後に、これが最もお得になる方法ですが、既にパスポートを所持しており、更新する場合の話ですが、有効期限が切れるギリギリで、申込みをすると、本来なら必要な戸籍謄本が必要なくなりますので、その分安くなります。これらのポイントを把握しておけば、パスポートの料金は安くなるでしょう。

パスポートをカード払いで発行する際の注意点

パスポートをカード払いで発行する際の注意点を確認しておきましょう。まず、直接窓口でクレジットカード払いすることはできません。カード払いが可能なのは、あくまでコンビニで購入する場合のみです。それも収入印紙のみです。収入証紙は役所等の窓口にて、ほとんどが現金で支払うことになっています。また、先程も述べた通り、コンビニで購入できる収入印紙は200円のものとなっており、高額な収入印紙を取り扱っているところはなかなかありません。コンビニで購入する際は、事前に必要な分の収入印紙が購入できるのか、確認しておきましょう。以上のことに気を付けて、パスポートを発行しましょう。

まとめ

パスポートを発行するための収入印紙がカード払いできる場合は、コンビニ購入に限ることがわかりました。あくまで個人的な感想ですが、カード払いでお得になるといっても数百円程度ですので、コンビニを探す手間を考えると、通常通り、現金で支払った方がいいのかもしれませんね。皆さんが無事にパスポートを発行することができますように。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ