その答えはここにある!

アンサー119

洗濯物が乾く原理を理解して上手に洗濯物を干そう!

   

洗濯物が乾く原理を理解して上手に洗濯物を干そう!

皆さんは洗濯物がどうして乾くのか知っていますか? また、雨の日や冬の日はどうして洗濯物が乾かないのか、不思議に思ったことはありませんか? 実は、この原理を知っているだけで、洗濯物を干す効率はぐっと上がります。今回は、そんな洗濯物が乾く原理と、それを利用した効率の良い干し方について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


洗濯物が乾く原理:四大要素

洗濯物が乾く原理を紐解く上で、重要な四大要素について見ていきましょう。洗濯物が乾く原理で重要になる四大要素は「温度」「湿度」「風力」「表面積」です。最初の二つはよく聞きますが、後半の二つはなかなか馴染みがありませんよね。それでは、どうしてこの四つが重要なのかを説明していきます。皆さんも知っての通り、気温が高く、湿度が低ければ洗濯物はよく乾きます。気温が高ければその分、水分が蒸発しやすくなりますし、湿度が低ければ、空気は乾燥して、水分が外に逃げやすくなります。風力、すなわち風は空気を循環させてくれます。表面積というのは、洗濯物の表面積のことを指しており、洗濯物を大きく広げれば、空気に触れる面は大きくなり、洗濯物は乾きやすくなります。こうした理由から、「温度」「湿度」「風力」「表面積」が重要となるのです。まとめると、気温が高く、湿度が低く、空気が循環しており、洗濯物が大きく広がっていればいるだけ、洗濯物は早く乾くというわけです。

洗濯物が乾く原理

肝心の洗濯物が乾く原理について見ていきましょう。まず、洗濯物の表面に触れている空気が乾燥していると、繊維に含まれる水分が蒸発して、洗濯物の表面にある空気に水分の膜を作ります。次に、風によって、その水分を含んだ空気の膜が吹き飛んで、繊維の表面は乾燥した状態になります。すると衣類の内側の水分が再び表面に移動し、新しい水分の膜を作ります。これがまた風によって吹き飛ばされ、と、これを繰り返して洗濯物が乾くのです。表面の水分が蒸発し、内側の水分が外に出て、またそれが蒸発する、というサイクルによって洗濯物は乾いていくのですね。

洗濯物が乾く原理と要素

この洗濯物が乾く原理と、最初に述べた要素の関係性を見ていきましょう。先程も述べた通り、洗濯物が乾く時、初めに、一定の「温度」になると、繊維に含まれる水分が蒸発して、洗濯物の表面にある空気に水分の膜を作ります。すると洗濯物の表面の「湿度」が高くなります。ここで、「風」によって空気が循環し、洗濯物の表面の空気が入れ替わり、湿度が低くなります。洗濯物の内側の水分が表面に出て蒸発され、乾燥していきます。この時、洗濯物が二重・三重に折り曲げられていると、空気の入れ替わりがうまく行かず、乾燥しにくくなってしまいます。洗濯物を広げて「表面積」を大きくしておけば、洗濯物の乾燥した空気に触れる部分が多くなり、乾くのが早くなります。このように、四大要素は洗濯物が乾く原理と深く関わっているのです。

洗濯物が乾く原理から見る乾かない原因と対策

これらの原理から見て、洗濯物がなかなか乾かない場合の原因と対策を見ていきましょう。まずは、冬場や曇りの日など、外に干して乾かない場合の原因は、第一に気温が低いことが考えられます。先程も説明した通り、気温が低いと、水分は蒸発してくれません。次に考えられる原因は、湿度が高いことです。気温が高く、水分が蒸発しても、干し方次第や天候によっては、湿度が高いまま空気が乾燥せず、乾かないことがあります。次に、雨の日などによる部屋干しで乾かない場合ですが、これは言うまでもなく、湿度が高いことが原因です。それでは気温や湿度によって洗濯物が乾かない場合はどうすればいいのでしょうか。気温や湿度の条件が揃わない場合、キーとなるのは、空気の循環です。空気を上手に循環させれば、多少、気温や湿度の条件が揃わなくても乾きます。最も効率のいい空気の流れは、洗濯物の表面の水分を吹き飛ばす水平方向の流れです。洗濯物の表面に対して水平に風に当てることで、洗濯物がはためき、その運動によって、水分が押し出され、乾燥するという仕組みになっています。洗濯物がなかなか乾かない場合は、空気の循環を重視して干してみましょう。

洗濯物が乾く原理を利用した部屋干し

これらの原理を利用した部屋干しの方法について見ていきます。ここで四大要素をおさらいしておきましょう。原理の四大要素は「気温」「湿度」「風力」「表面積」です。つまり、この四つの要素をうまく利用すれば、効率よく部屋干しすることができるのです。部屋干しの際に最も重要な要素は「湿度」と「風力」です。普通の部屋干しでは湿度が高く、それが原因でなかなか乾かない場合が多いです。これを他の要素を利用して解決していきます。まずは気温と風力です。これはエアコンを利用しましょう。エアコンの熱と風力によって洗濯物はより早く乾くでしょう。エアコンを使わない方法として、洗濯物の下に新聞紙を敷いて湿度を下げたり、扇風機や換気扇を回すことで風力を生んだりするなどがあります。次に、表面積ですが、これは一回の洗濯量を減らして、風通しを良くして干したり、洗濯物自体を広げて干したりする方法があります。部屋干しの際に重要なのは「湿度」と「風力」です。湿度を低くし、風通しを良くして、部屋干しの仕方を変えてみましょう。

まとめ

「気温」「湿度」「風力」「表面積」の条件さえ揃えば、洗濯物は効率よく乾かすことができます。冬場や雨期は洗濯物がなかなか乾かないかもしれませんが、これらの原理を活用して、効率よく干してみましょう。少しでも家事の負担を減らして、皆さんが素敵な日々を送れますように。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ