その答えはここにある!

アンサー119

子供に勉強を教える時にイライラしない方法

   

子供に勉強を教える時にイライラしない方法

皆さんは子供に勉強を教える時はどうしていますか? 子供が勉強に行き詰ってしまうと、ついついイライラしてしまいますよね。しかし、そのイライラを子供にぶつけてしまえば、子供の教育にも良くありません。どうすれば勉強を教える時にイライラせずに済むでしょうか。また、子供に勉強を上手に教えるにはどのようにすればいいのでしょうか。今回は、子供に勉強を教える時にイライラせずに済む、上手な方法を調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


子供に勉強を教える時にイライラしてしまうと

子供に勉強を教える時にイライラしてしまうと、どのようなことが起きてしまうのかについて見ていきましょう。子供に勉強を教える時、イライラして叱ってしまうと、子供は、わからないと怒られる、ということを無意識のうちに学習してしまい、わからないことを恥じるようになってしまいます。更に「何でこんなこともわからないのか」などの言葉をかけてしまうと、子供は「わからない自分はダメなやつだ」と思い込んでしまい、自信を失ってしまいます。そうしてわからないことを恐れ、自分に対する自信を無くしてしまうと、当然のことですが、子供は勉強に対するやる気をなくしてしまいます。また、勉強を教える度にイライラすると、子供は勉強が親をイライラさせると錯覚し、勉強を嫌いになってしまいます。このように、子供に勉強を教える時にイライラしてしまうと、子供に勉強への苦手意識が植え付けられてしまう危険性があります。

子供に勉強を教える時にイライラしないコツ

子供に勉強を教える時にイライラしないコツについて見ていきましょう。まず、子供に勉強を教える時にイライラしてしまう原因の一つに、自分の子供なのだから解けるはずだ、という勝手な思い込みがあると考えられます。そこで一度、親子という関係から離れた上で教えるという方法をとってみましょう。勉強を教える相手は、自分の子供ではなく、一人の生徒だと思って接してみるのです。いっそ先生になりきってしまえば、かえって冷静になれるでしょう。この時、話し方はゆっくりと、一方的に教えるのではなく、その都度、子供に答えさせるようにしましょう。自分で考えることで、子供に多少勉強への興味がわくかもしれません。また、敬語で話すことで、子供にも緊張感が生まれるため、集中力も高まるため、お勧めです。それでもイライラしてしまった場合は、一度、自分の子供の頃を思い出して、冷静になってみましょう。これらのことに気を付ければ、ある程度のイライラは回避できるでしょう。

子供に勉強を教える時のイライラを解消する方法

子供に勉強を教える時のイライラを解消する方法を見ていきましょう。これを考えるにあたって、まずはイライラの根源を確認しておきましょう。子供に勉強を教える時のイライラの根本的な原因、それは言うまでもなく、「子供が勉強に行き詰る」ことです。問題がわからなかったり、集中が続かなかったり、と行き詰り方はそれぞれでしょう。この原因への対処法は様々あるでしょうが、やはり子供に勉強への興味を持たせることがお勧めです。
勉強への興味の持たせ方として、塾や通信教材、オンライン学習などを使用するのがいいでしょう。これらは、学校の授業等の集団授業と違って、子供のペース、レベルに合わせて勉強できるようになってします。また、子供が勉強に興味を持てるよう工夫された教材を使用している場合も多くあります。これらをうまく活用して、子供が楽しく勉強できる環境を作ってあげましょう。

子供に勉強を教える時のコツ

子供に勉強を教える時のコツに見ていきましょう。まず、子供と勉強するときは、隣に座って一緒に勉強するようにしましょう。教える際は、直接的に答えや解き方を教えない方がいいでしょう。というのも、自分で分かった時のひらめき、快感が勉強の醍醐味です。それを親が奪ってはいけません。子供が諦めそうになったら、間接的なヒントを与えましょう。それでもわからなかった場合は少しずつ直接的なヒントを与えていきます。最終的にほぼ答えを言っているようなヒントでも、子供は自分でひらめいたと思い、自信を持てるでしょう。勉強を教えるにしても、大人はあくまでヒントを与えるだけで、最終的には、子供自身で答えを出せるように導いてあげましょう。

子供に勉強を教える時に気を付けること

子供に勉強を教える時に気を付けることについて確認しましょう。まず、これは最も重要なことですが、絶対に怒ってはいけません。仮に注意するにしても勉強に関してのみに止め、「こんなこともできないのか」などといった言葉で人格を否定しないようにしましょう。次に大事なのが、大人目線で物事を考えないことです。大人にとって、子供の問題が簡単なのは、当然のことです。そう、大人はわかって当たり前で、子供はわからなくて当たり前なのです。このことを忘れてはいけません。ですので、こんな簡単なこと、と思っても、口にしないようにしましょう。勉強法で気を付けることとして、長時間にわたって勉強させない、一度にたくさん詰め込まない、途中で邪魔をしないなどがあります。勉強中のコミュニケーションとして、よその子と比べない、「○○ならできると信じてる!」など、子供を信頼していることを伝える、褒める、テスト等で結果が出なくても、その努力を評価するよう心掛ける、などがあります。これらに注意して、子供に勉強を教えていきましょう。

まとめ

子供と勉強する時間は、子供と触れ合える大切な時間でもあります。せっかくなら、楽しく過ごしたいですよね。完璧を求めることなく、何でも程々に、楽しく勉強していけるといいですね。皆さんが子供との勉強の時間を素敵なものとできますように。

 - 教育 子育て

ページ
上部へ