その答えはここにある!

アンサー119

両親が結婚に反対・・・家柄ってそんなに大切?!

   

両親が結婚に反対・・・家柄ってそんなに大切?!

結婚とは、大好きな人とこれからの人生を共に過ごすことです。これからの2人の人生に夢や期待が高まる反面、いざ「結婚」となると2人だけの問題ではなくなるのが結婚の難しいところです。結婚を考えるにあたり、両親や家族・親戚などの近しい人たちとの繋がりを改めて意識することになる場合も多いはず。特に、ご両親からの反対に頭を悩ませる人は少なくはありません。現代を生きる私たちにとってなかなか理解が難しいのが、「家柄」の違いにおける反対です。そこで、家柄の違いで結婚に反対をされる理由についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


そもそも家柄ってなに?

小説や映画の中ならまだしも、現代の私たちにとって「家柄」と言われてもなかなかピンとこないものですよね。そもそも家柄とは、先祖代々から受け継がれてきたその家の格式や社会的評価のことです。これは、身分が祖先から子孫に世襲されていた封建時代からの流れです。昔は、華族や士族とその他の血筋などでの身分に対する違いが大きく、それを区別する家柄が結婚には不可欠なものでした。ですが現代では、家庭環境や職業・学歴・経済力の水準などという意味で捉えられていることも多いです。

家柄が違う結婚って何が大変なの?

私たちにとって身近な、現代での家柄と捉えられている「家庭環境・職業(両親も含む)・学歴・経済力」ついて考えていきます。まず、これらのことがお付き合いをしている段階よりも確実に、何倍も違いとして感じることになるのが「結婚」です。繰り返しになりますが、結婚は2人だけのものではありません。これから先、さまざまな場面でお互いの両親や親族と関わっていくことになります。冠婚葬祭ひとつでも、家柄が違うことで大きな違いに驚いたり、戸惑ったりすることになるかと思います。中には、結婚後に家柄の違いに上手く馴染むことが出来ず、結婚自体が大きなストレスの原因となる人もいます。一緒の家庭を築いていくにあたり、家庭環境の違いは2人が乗り越えなければならない大きなハードルです。そこに、「家柄」の違いがプラスされることは、より大きな覚悟が必要となります。

結婚に反対のその理由とは?

  

家柄の違う2人の結婚は、ある意味始まる前から挑戦していくようなものです。そこに、結婚となると2人だけの問題ではなく、相手のご両親の意向が大きく関係してきます。家柄が違うことで、あなたが辛い思いをするのではないか・・・ご両親はあなたよりも身近に家柄の違いの問題を自覚している分、心配になってしまうのも仕方ありません。また、ご両親自身も辛い思いやみじめな思いをしないとも言えないのがこの家柄問題です。
ここで冷静に判断したいのが、ご両親の反対がどこにあるのかということです。いくら結婚が2人だけのものではないとはいえ、最終的にそのハードルを越えていくのはあなた自身です。反対の意見にも素直に耳を傾けることは必要ですが、その反対の理由が「誰」のためなのかを見極めることは大切です。

反対された結婚に大切なこととは?

 

家柄の違いが結婚にあたって大きなハードルになり得ると十分に理解をしたうえで、それでも結婚を選ぶ人にとってなによりも必要なものは「覚悟」です。この覚悟をしっかりと自覚するためにも、ご両親の反対意見は一度しっかりと受け入れることが大切です。そして、次に大切なのが2人の意識です。結婚生活は1人では成立しません。さまざまな問題も、1人で乗り越えるには困難です。反対された結婚には、その反対理由も含めて、当事者2人が共通の理解と覚悟をもつことが大きな違いとなります。反対された結婚は、いざという時にもなかなか人に頼ることが難しいものです。ですがその分、自分たちで決定できる自由や、自分たちらしい人生を選ぶことも可能です。そのためにも、2人の覚悟と理解を深めることが大切です。

説得の方法とは?

  

家柄の違いで反対された結婚を、2人の覚悟で決行するにしても説得は必要です。説得は2人の気持ちを伝える大切な場でもあり、たとえご両親が許してくれなかったとしても、相手の胸にその思いは残るものです。ここで大切なのは、感情的にならないこと。ついどうしても感情的になってしまう場面ですが、感情が全面に出てしまうと、伝えたいそのことよりも、そのときの感情のみが相手に伝わってしまうものです。おそらく、ご両親も感情的になってしまうこの場面だからこそ、努めて冷静に振る舞うよう努力しましょう。感情的になってきたなと感じたら、仕切り直しの意味でまた新たな機会を設ける方が建設的です。

まとめ

「家柄」とは、普段は現代の私たちにとってあまり身近に感じることがないものです。ですが、確かに今でも仲人が縁を繋ぐようなお見合い結婚では必要なことのひとつともされています。これは幸せな結婚生活の中に「釣り合い」が重要視されていることの現れなのかもしれません。とはいっても、やはり選択するのは本人です。どんな結婚であれ、必ず問題点は発生するものだと個人的には思います。マイナス面も十分に理解したうえで、2人の覚悟と決意で越えられるものだと期待したいです。

 - 人生 社会 経済

ページ
上部へ