その答えはここにある!

アンサー119

3ヶ月以上入院する必要のある病気って?

   

3ヶ月以上入院する必要のある病気って?

皆さんは入院したことはありますか? 長期的な治療が必要な時、人は入院をやむなくされます。病気によっては、長期間、入院することもあると聞きますが、長期間の入院を必要とする病気とはいったいどのようなものなのでしょうか。どれくらいの期間を入院し、どのような治療を施すのでしょうか。今回は3ヶ月以上の入院を必要とする病気について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


一般的な入院日数と病気

はじめに、一般的に入院を必要とする病気の入院日数と、長期的に入院を必要とする病気の入院日数を見ていきましょう。まず、結核は平均で65日ほど、ウイルス肝炎だと15日ほど入院が必要になります。有名な病気を紹介していくと、糖尿病が36日、心疾患が22日、食道、胃、十二指腸などの消化器系の病気16日、また、高血圧性疾患は41日ほどの入院を必要としているようです。こうしたものを総括して、全体的な平均入院日数は33日となっています。長期的な入院を必要とする病気として、アルツハイマー病・アルツハイマー型認知症が236日、血管性認知症、また正体不明の認知症が359日、統合失調症・統合失調症型障害・妄想性障害が561日と、200〜500日前後の入院が必要となっています。このことからわかるように、長期入院が必要な病気は、脳神経や精神にかかわるものが多いです。

3ヶ月以上入院が必要な病気:アルツハイマー病

それでは、ここからは長期的な入院が必要となる病気の代表的なものをそれぞれ見ていきましょう。まずはアルツハイマー病、アルツハイマー型認知症です。認知症の中でも最も多く、全体の約6割を占める病気で、平均入院日数は236日となっております。アルツハイマー病には、記憶障害や判断能力の低下などの症状があり、男性よりも女性に多く見られ、患者数が増加の傾向にあります。このアルツハイマー病は、脳に特殊なたんぱく質が溜まり、神経細胞が破壊され、死滅していく為に認知機能に障害が起こるとされています。基本的に、入院後は、抗精神病薬と精神科リハビリテーションなどによる治療を行いますが、入院する確率は0.03%と非常に低く、一般的には自宅で治療を行うようです。アルツハイマー病は、入院すると長いですが、入院するケースはごく稀なようです。

3ヶ月以上入院が必要な病気:血管性認知症など

次に、血管性認知症についてみていきましょう。血管性認知症は認知症の20〜30%を占める病気で、平均入院日数は359日になります。主な症状として、認知機能障害や、手足の麻痺、行動・心理症状などがあります。この血管性認知症は、脳梗塞や脳出血・くも膜下出血など、脳の血管の病気によって引き起こされます。これら脳の血管の病気によって、脳の血管が詰まったり、出血したりすることで、脳の細胞に酸素や栄養が送られなくなり、細胞が壊れてしまい、細胞の機能が停止することが原因とされています。これらによって脳の細胞が死んでしまうと、戻ることはないため、脳血管障害の再発予防と認知症の症状への対症療法が中心となります。対症療法として、新たに脳の神経細胞を失わないために、血圧をコントロールしたり、原因となる脳血管障害を治療したり、リハビリを行うことで進行を抑えていきます。ちなみに、こちらも入院する確率は0.03%と低いようです。血管性認知症も、入院すると長く、対症療法が中心となりますが、入院する確率は非常に低くなっています。

3ヶ月以上入院が必要な病気:統合失調症

次に、統合失調症・統合失調症型障害・妄想性障害について見ていきましょう。ここでは3つをまとめて統合失調症と表記します。統合失調症は、考えがまとまらなくなる状態が続く精神疾患で、平均入院日数は561日です。これについては、原因は未だはっきりとわかっていませんが、脳内の神経伝達物質のバランスの崩れが関係しているのではないかといわれています。他にもストレスや遺伝子の関係も認められているようです。約100人に1人がかかるとされており、思春期から40歳くらいまでに発症しやすくなっております。アルツハイマー病と同様に、入院後は、抗精神病薬と精神科リハビリテーションなどによる治療が行われます。統合失調症で入院する確率は0.13%と、先ほどの2つよりも少し高くなっていますが、やはり低いことがわかります。統合失調症も、他2つと同様に、入院すると長くなってしまいますが、入院する確率は低く、通常は通院による治療が行われています。

入院した場合の費用

最後に、入院する際に必要とされる費用について、入院費の内訳を細かく確認しておきましょう。まず、入院基本料です。これは一日毎で計上される基本料金となっています。診察、看護、室料、寝具代など、すべて含んだ費用になります。次に、入院費には、当たり前のことですが、薬代も含めた治療費が含まれています。その他にも、投薬、注射、点滴などのほか、各種の検査費用や、場合によっては手術やリハビリのための費用も追加されます。次に食事代です。高齢の方向けに作られた特別食は少々割高になるようです。次に、これは人によりますが、差額ベッド代が含まれる場合もあります。通常の大部屋ではなく、2人部屋や個室などを希望した場合に発生する追加料金となっていますので、大部屋の場合は含まれません。その他にも、着替えなどの衣類、書籍や雑誌などが必要となります。これらを諸々含めた1日あたりの自己負担費用は平均19800円となっており、利用している保険会社によって自己負担費用は変動します。これらの費用は人によって異なりますので、各自確認しておきましょう。

まとめ

3ヶ月以上の長期的な入院をする病気は存在するものの、実際に入院するケースは少なく、通常は通院が主となっているようです。これらの病気に気を付けて、皆さんが素敵な毎日を健康に過ごせますように。

 - 健康

ページ
上部へ