その答えはここにある!

アンサー119

高卒と大卒の違いって?

   

高卒と大卒の違いって?

就職活動をするとき、やはり気になるのは最終学歴ですよね。学歴社会、なんて言葉もある時代ですが、高卒と大卒はそんなに違いが出るものなのでしょうか。また、どんな違いが出るのでしょうか。今回は、高卒と大卒の違いについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


高卒と大卒の違い:生涯年収

まずは、働く上で気になる年収の違いについて見ていきましょう。高卒と大卒では、生涯年収に大きく開きがあります。その差は平均でおよそ6000〜7000万円と大きく、一般的に大卒の方が年収は多いとされているようです。男性の場合、大卒は高卒よりも6120万円多く、女性の場合、大卒は高卒よりも6900万円多くなるとされています。何故ここまで年収に開きがあるのかというと、会社に就職した場合、大卒のほうが、出世が早く、昇給もあるため、生涯年収に自然と差が出てしまうようです。しかし、勤め先によっては、この例に当てはまらないところもあります。例えば、高卒でも給料が高いところに勤めれば、大卒の並みの生涯年収になることもありますし、大卒でも給料が低いところに勤めれば、生涯年収は低くなってしまいます。とはいえ、ここまで述べたことは、あくまで一般的な話で、最近では学歴に関係なく、仕事ができる人が出世していく会社も多くあります。なので、一般的には、高卒と大卒の生涯年収には違いがある、と考えておきましょう。

高卒と大卒の違い:就職先の範囲

次に、就職活動において重視される就職先の範囲について見ていきましょう。これは分かり切ったことかもしれませんが、高卒と大卒では就職先の範囲が違います。何故なら、求められる人材の条件には「高卒以上」と「大卒以上」があり、高卒は「高卒以上」のみですが、大卒は「高卒以上」「大卒以上」の両方に当てはまり、就職先の幅が広がるからです。また、高卒と大卒では、就職先だけではなく、就職した後の仕事の範囲にも違いがあります。同じ会社に就職した場合にも高卒と大卒では仕事内容が異なるのです。例えば、研究や開発などの専門的な知識が必要になる仕事は、大卒のほうが多いです。大学でこれらの知識を既に得ているためですね。また、将来、会社の経営を担っていく人材になるために、販売・営業・運営など、様々な仕事を経験する総合職に就く人も多いようです。一方で、高卒はマニュアルに基づいて仕事を行う一般職に就く人が多いとされています。先程の年収の違いの時にも述べましたが、これもあくまで一般的な話で、学歴に関係なく、様々な仕事を任され、結果を出せる人が出世できるという会社も多く存在しますので、注意しておきましょう。これらのことからわかるように、一般的には、高卒と大卒で、就職先や仕事の内容に違いが出るようです。

高卒と大卒の違い:能力

次に、仕事をするにあたって必要な能力についての違いを見ていきましょう。高卒と大卒では、高校や大学で獲得した能力、仕事において求められる能力が違います。これは一般的な例ですが、高卒には「協調性」、大卒には「コミュニケーション能力」を求めている企業が多いようです。また、大卒は大学入試試験を受け、大学で専門的な知識を学んでいます。これにより与えられた問題を解く能力、自分で課題を見つけて分析・解決する能力が磨かれます。これは会社に入れば様々な場面で求められ、結果が残せれば社内でも重宝されるでしょう。大学でしっかり勉強することで、物事に多する理解力や洞察・分析する力が養われ、知識量も増えます。しかし、就職してしまえば学歴ではなく、仕事の出来が第一となりますので、大卒だからといって油断せず、学んだことを生かす努力をするのが重要になるでしょう。

高卒のメリット・デメリット

それではここで、高卒のメリット・デメリットについて見ていきましょう。高卒の最大のメリットは社会に早く出られるというところです。なので、長い時間をかけて、技術を身に着けていかなければならない職人などは、高卒で始めた方がいいでしょう。次に、大学の学費がかからないため、経済的な負担が少ないというメリットもあります。奨学金等の返済もないため、働きだしてからの出費も抑えられるでしょう。また、若いうちから自力で稼ぐことができますので、経済的にも、精神的にも、自立するのが早くなります。デメリットについてですが、高卒の最大のデメリットは、やはり就職活動中や転職時に、学歴に阻まれる可能性があることです。また、生涯賃金が大卒よりも低いところが多く、学歴にコンプレックスを持ちやすい傾向にあります。ここまでが高卒のメリット・デメリットになります。

大卒のメリット・デメリット

最後に、大卒のメリット・デメリットについて見ていきましょう。大卒の最大のメリットは、学歴で就職が不利になることがないという点です。次に、大学に在学している間に、将来何をしたいか考える時間が持てるところです。この時間があると、より自分に合った就職先を見つけられる可能性が高まるでしょう。また、自由な時間が多く、好きなことができ、留学、旅行など、社会人になってしまうとなかなか経験できないようなことをできるチャンスが設けられます。しかし、それ故、大卒は社会に出るのが遅くなるというデメリットがあります。また、先程述べたような時間を有効に活用できなかった場合、膨大な無駄な時間を過ごすだけになってしまう可能性があります。また、多額の学費がかかる上に、奨学金返済の負担が増える人も多くなります。在学中の時間は、いかに活用するかによって、メリットにもデメリットにもなるようですね。

まとめ

高卒と大卒には様々な違いがあるようですが、それぞれにいい点と悪い点があり、それをいかに活かすかが人生を充実させるポイントになるでしょう。違いがあるとはいえ、最近では、学歴差別の傾向もなくなりつつあるので、最終学歴が何であろうと、自身の能力を磨いて、お仕事に役立てましょう。皆さんが素敵なお仕事に巡り合えますように。

 - 人生 社会 経済

ページ
上部へ