その答えはここにある!

アンサー119

なかなか聞けない夫婦の避妊。みんなの方法とは?

   

なかなか聞けない夫婦の避妊。みんなの方法とは?

夫婦は仲がいいことが一番です。仲良しの夫婦にとってかかせない時間のひとつでもあるのが、2人だけの夜の時間。夫婦それぞれにいろいろな事情やパターンもありますが、夫婦がより親密になることができる貴重な時間ですよね。ですが、そこで切り離せないのが「妊娠問題」。早く子どもが欲しい!もっと子供が欲しい!という人だけではなく、世の中には妊娠を望まない人もたくさんいます。望まない安易な妊娠は、夫婦を、家族を、そしてあなたを、不幸にしてしまう場合もあります。そこで慎重に考えたいのが避妊の問題です。周りの人や友人にもなかなか聞きにくい問題でもある「避妊」についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

布団のカビ対策は天日干しがオススメ!0円カビ対策もご紹介!

お布団のカビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。専...

布団のカビ取りクリーニングの値段と計り知れないメリット!

気が付くといつの間にか出来ていた布団のカビ。気軽に洗えない分...

部屋の臭いの原因を解消して良い匂いを持続させる必殺技!

誰でも、ふとした時に部屋の匂いを感じることがあるかと思います...

部屋の臭いの原因とは?寝室が特に臭いが強い理由と消臭方法

家の中の臭いは、場所によって強さや臭いが違います。トイレや玄...

部屋の臭いを消すには?正しい消臭で悪臭→無臭+薫香

部屋の匂いは、その部屋の印象を変えるもの。どんなにお洒落にし...

ネクタイのカビを自宅で除去するには?絶対ダメ!NG行為3つ

ネクタイはビジネスマンにとっての必需品です。ですが、大抵の方...

部屋の消臭にはペットの臭い対策も必須!動物臭の対策法とは

部屋が臭くてあれこれ消臭対策を取っても、イマイチ臭いがすっき...

部屋の消臭に炭は効果がある?炭で消臭する時のポイント3つ!

炭というと、パッと思い浮かぶのはBBQですよね。ですが、炭は...

テレビの音量は電気代に関係する?気になる節電効果は?

誰しも毎月の出費はできるだけ抑えたいものです。その中でも特に...

お風呂のカビ取りを簡単にとるには?〇〇が効果抜群!

お風呂場の隅に見つけてしまったカビ。いざ掃除しようとブラシで...

朝起きたら部屋が臭い時は?対処法と爽やかな部屋の作り方 !

朝起きたら部屋が臭い!!と思ったことはありませんか?女性では...

スポンサーリンク


あなたたち夫婦には避妊は必要?

出産は「縁」だともいわれています。子どもは自分たち夫婦2人を選んで生まれてくる、という話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。一見運命的なロマンチックな話のようですが、出産には「現実」が切り離せない問題でもあります。子どもを育てる、ということは大きな覚悟と決意も必要です。現実的な金銭問題も大いに関係してきます。一説によると、子どもが生まれてから大学を卒業するまでにかかる費用は約3000万円という調査結果もあります。もちろん、子どもはお金や気持ちを超えるほどの喜びや癒し、そして感動を与えてくれる存在であるだろうことは間違いないですが、たった1人づつの責任ある父や母になるわけですから、慎重に考えるべき問題です。子どもが1人目なのか、それ以上なのかでも大きく違ってくることです。避妊は、あなたたち夫婦にとって、現状の生活や未来の生活の設計をしっかりと考えたうえでベストな答えを見つけるべき大切な問題です。

夫婦にとって大切なのは話し合い

避妊は、どちらか一方だけの努力でできるものでもありません。どちらか一方だけの気持ちでおこなうことでもありません。子どもは、あえて語るまでもなく夫婦2人の子どもであり、その子ども自身も含めての家族の問題です。生活設計、金銭的問題、心理的問題、それぞれの仕事や環境も含めて、夫婦でまずはしっかりと話し合いましょう。「避妊」にとって一番大切なことは、方法や医学の知識以前に、夫婦の話し合いだとも言えます。そのためには、避妊に関しての情報も必要です。男の人は、比較的そういった情報にうとい生きものです。もともと「本能」の生物でもあるため仕方がないのかもしれません・・・。女性からしたらなにかとイライラや不安も感じてしまいますが、この大切な問題をあなたがしっかりリードしてぜひご夫婦で話し合ってくださいね。

避妊のその方法とは?

夫婦で出した結論が「避妊する」という答えになった場合は、次に気になるのがその方法ですね。「避妊」とは、技術や方法・道具や薬などの手段で受精することを防ぎ、妊娠を避けることをいいます。自分たちでできることから、お薬やお医者さんの手を借りたりなどと方法もさまざまです。副作用があったり、体に負担がかかるケースもあるため、しっかりとした予備知識が必要になってきます。一番手軽な避妊の方法としてはやはりコンドームですが、確実性という面では心配な部分もあります。その他にも、基礎体温や排卵日を計算しての避妊法も昔から行われてきたものですが、これは特に不確定なものだと考えていたほうが無難です。女性の体は本当にデリケートなものです。いろんな事情や環境の変化で体のリズムが狂うことはよくあることですよね。大切な避妊問題に関してはより慎重に考えるべきでしょう。
お医者さんの手を借りてより確実性を考える場合は、「ピル」を飲むという方法もあります。これはホルモンをコントロールすることで妊娠をしないよう作られたお薬です。ピルの場合は、飲み忘れさえしなければ効果が高いと考えられています。またほかにも、「ペッサリー」と呼ばれる子宮口にフタをする形で精子の侵入を防ぐという方法もあります。また、最新では「IUS」と呼ばれる子宮内に小さな器具を入れることで避妊をおこなう方法もあるそうです。このIUSは長期間効果が継続することで注目を浴びている最新の避妊法です。

もっとも多い避妊の方法

いくつかの方法をご紹介しましたが、もっとも多い避妊の方法はやはり「コンドーム」です。これは、手軽なことと副作用などの心配がないこと、妊娠だけではなく性感染症などの予防もできることからも人気です。ですが、このコンドームでの避妊法は装着時の失敗などで確実性には疑問もあります。男性には、面倒さと感触の悪さで人気がないという声もよく聞かれます。ですが、この一番手軽な方法は女性側にとっても体の負担が少ない避妊法でもあります。ここで大事になってくるのが夫婦でのしっかりとした話し合いの結果です。面倒さや感触の悪さなんていう小さなことを理由にされないよう、しっかりと旦那さんと話し合ってくださいね!
それでもやっぱり確実性が欲しい・・・という方は、お医者さんで相談しきちんと説明を聞いたうえで、ピルやペッサリー・IUSなどの方法もぜひ検討してみてください。

メリットとデメリットとは?

避妊に関わらず、何ごともメリットとデメリットがあるものです。そのどちらもをしっかり比較したうえで、自分にとってのベストを選択することが必要です。手軽な方法であるコンドームの場合なら、その手軽さがメリットであることに対して、確実性の疑問点がデメリットであるといえます。ピルの場合なら、自分1人の意志で確実におこなうことができ、確実性があるというメリットがありますが、毎日同じ時間に飲まないといけないということや、体への副作用の心配がデメリットとして考えられます。ペッサリーやIUSについても、確実性は大きなメリットですが、お医者さんにかからないといけないことや体への負担を考えると女性にとってはデメリットになる場合もありますよね。ご夫婦、そしてお医者さんとのしっかりとした話し合いでより納得のできる方法をセレクトしたいですね。

まとめ

避妊についてまとめてきましたが、避妊に関して必要な人もそうではない人も、事前に知識を増やしたり学んだりすることはとても重要なことだと思いました。女性にとって妊娠は大切な問題であり、必要な時期やそうではない時期もあります。ですが、妊娠にはタイムリミットがあり、現実的な事情も複雑に絡んでくる家族の大切な問題です。避妊について考えることは、自分たちの未来をしっかりと考えることにもつながると思いました。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ