その答えはここにある!

アンサー119

高校受験で不合格だった時どうすれば?

   

高校受験で不合格だった時どうすれば?

学歴社会ともいえる現代では、子供たちのほとんどは、高校受験に挑むことになります。とはいえ高校受験は厳しいですよね。入るのが難しい高校を受験した場合、第一志望に不合格という可能性も出てきます。そんな時、受験した子供本人はどう捉え、そしてその親はどのように支えるべきなのでしょうか。今回は、もしも高校受験で不合格だった場合の受け止め方、またその今後について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


高校受験で不合格だった時の捉え方

はじめに「不合格だった」という事実をどう受け止めるかについて考えていきましょう。不合格というと「失敗」というイメージが強くなりますが、まずはそこから捉え方を変えてみましょう。第一に、不合格は失敗ではなく、あくまで結果です。一生懸命勉強した結果が仮に不合格であったとしても、一生懸命取り組んだことに意味がある、と考えるようにしましょう。何より、特に努力することなく、周りに流されて妥協した受験よりも有意義であり、今後の人格形成にも役立ちます。何も無駄なことはないのです。不合格は失敗ではなく、次に進む為の大切な礎なのです。

高校受験で不合格だった時のアフターケア

とはいえ、子供はすぐにそう受け止めることはできません。そこで、両親は子供の心のケアをする必要があります。この時に注意すべきは、両親がおろおろしていてはいけないということです。どれだけ辛くとも、事実をしっかりと受け止め、子供の為にその後の最善の道を提案できるようにしましょう。一番つらいのは受験をした本人である子供です。全力でサポートしましょう。サポートと言いましたが、励ますだけがサポートではありません。子供が落ち込んでいるうちは、前向きな言葉を投げかけるのは避けましょう。誰しも、落ち込んでいるときに真逆のことを言われても受け入れがたいものです。子供を責めるなんてもってのほかです。十分に注意しましょう。子供が落ち込んでいる間は、励ます前に、まず共感し、頑張りを認めることが大事です。そうして子供の気持ちが変化したタイミングで、前向きな言葉をかけていきましょう。心のケアで大切なのは、共感、頑張りを認めること、そして、次の道を一緒に考えることです。

第一志望が不合格で他に進路がある場合

では次に、不合格だった場合の対処法を、ケース別にみていきましょう。まずは、第一志望が不合格で、他の高校で合格をもらっている場合、或いはまだ受験できる場合です。これは、進路相談の先生方との相談が必須になるでしょう。考えておかなければならないことは色々とあります。例えば、第一志望が公立高校だった場合、既に私立高校に合格しているのであれば、どの私立に行くかについて考えなければなりません。この時、どの大学へ行きたいかなどの進路も頭に入れておきましょう。また、第一志望が私立高校だった場合、公立高校の受験校を変更するか否かについて考えておかなければなりません。子供や進路相談の先生方と冷静によく話し合って、再度進路選択を見直しましょう。

高校受験で不合格だった時:大学に進学したい場合

もしもすべての高校で不合格だった場合はどうしたらいいでしょうか。これには幾つも手があります。これには高校に進んだその先の進路が重要になってきます。まずは大学に進学したい場合に打つべき手についてみていきましょう。まずは二次募集を検討してみましょう。大体の場合、いくつか募集している高校があります。どうしても行きたい高校があり、環境が許すのであれば再受験という選択肢もいいでしょう。ただし、一般的に言うところの「浪人」するわけですから、周りの目を気にする機会は多くなるので、覚悟をしておきましょう。また、定時制高校への進学という手もあります。大学進学を目指す学生が少なく、そのための学校のサポートもそれほど期待はできませんが、卒業してしまえば高卒資格を取得できるというメリットはあります。それと同じ理由で通信制高校に進むのもいいでしょう。高卒資格という点でいえば、高卒認定試験を受けることもできます。中には高卒認定試験のサポート校もあるのでそれを活用してみましょう。いずれの選択肢を選ぶにしても、進路担当の先生と相談しながら、進路についてしっかりと考えましょう。

高校受験で不合格だった時:就職・専門職に進む場合

もしも高校の先の進路が、大学ではなく、就職や専門職につきたいというものであれば、また違った選択肢があります。就職する場合、高卒資格を取らずに中卒のまま就職するという手もありますが、いい条件で働きたいという場合は高卒資格が必要になる可能性が高いです。そこでお勧めなのが、先ほども紹介した、定時制高校への進学です。働きながら学ぶこともできますし、高卒資格を取得することもできます。専門職に進みたいという方には、通信制高校や高等専修学校への進学をお勧めします。定時制と同じく、高卒資格を取得できるだけでなく、カリキュラムとの選択肢が多く、将来の目標がはっきり決まっている人には全日制に通うよりもメリットがあります。高等専修学校は、美容系やファッションといった職業を目指している人にお勧めです。また、先ほど紹介した高卒認定試験を受けることでも取得できます。こういった場合でも進路相談の先生方や家族内でよく話し合って決めましょう。

まとめ

高校受験で不合格だったとしても取れる策は山ほどあります。しかしどの選択肢を選ぶにせよ、大切なのはよく話し合うことです。両親がすべきは、まず子供の心のケアをし、元気になったら原因を考え、対策を講じ、これからどうするかを一緒に相談すること。もしもの時のために、家族で今一度話し合ってみてはいかがでしょうか

 - 人生 社会 経済

ページ
上部へ