その答えはここにある!

アンサー119

パスポートの取得方法は?取得料金は?5年10年どっちが得か?

   

パスポートの取得方法は?取得料金は?5年10年どっちが得か?

最近格安航空チケットを販売している航空会社が増えてきました。それに合わせて海外旅行に行く人も年々増えてきています。そこで、世界各国必ず必要になるのがパスポートです!しかしどのように取得するのか?どのくらい時間がかかるのか?取得するのにかかる料金は?などを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

トイレの観葉植物で消臭ができる!画期的なオススメ消臭植物

トイレに観葉植物を置いたら消臭効果があるのか?疑問に思ってい...

観葉植物に虫がわかないようにしたい方必見!効果抜群対策法

観葉植物を育てていると、どうしても虫がわいてしまったりします...

部屋が綺麗な人の見た目はどんな感じ?部屋の綺麗さとの関係

人の第一印象は見た目が9割と言います。確かに、きちんと整った...

観葉植物を室内で育てる時の水やりの正しい方法と注意点

室内で観葉植物を育てていても、うまく水やりが出来なくて枯らし...

トイレ掃除はどこから始めるのが正解?正しいトイレ掃除手順

現代の若者はトイレ掃除の手順を知らない人が多いそうです。実際...

観葉植物を室内で育てる時の虫の駆除方法とオススメ予防法!

部屋の中にいつの間にか入り込んでいる虫。小さなコバエから人々...

部屋が綺麗な人は仕事ができる?仕事の仕方を覗き見!

会社に行けば、いつもデスク周りはきれいに整っていて仕事もバリ...

ママ友との会話が苦手な方必見!会話術 !

子供ができると保育園や児童館に足を運ぶことがあるかと思います...

物を減らす片付けで部屋をすっきりさせよう!

部屋を片付けるには時間がかかるし、労力が必要になります。ドラ...

目に入ったゴミの取り方!

目にゴミが入ると痛くて涙が出てきますよね!鏡で目を見てもゴミ...

香水の付け方!冬バージョン !

実は香水って時期によって付け方が違うのをご存じですか?今回は...

アイロンのしわが伸びない時の対策とシワの予防方法!

普段からアイロンがけをしている方もそうでない方も、なかなかし...

スマホの電波改善におすすめのアンテナ!

自宅や外出先でスマホの電波が悪いとイライラしてしまう方は少な...

人付き合いが苦手な人におすすめの仕事!

人との関わりはとても大切なことですが、たまに億劫に感じてしま...

ポリエステルについたシワが取れない時の対処方法!

ポリエステル素材の衣服についたシワってなかなか取れずらいです...

お風呂のカビ取りが簡単にできる方法 !

寒くなりお風呂が恋しい季節になってきましたね(笑)お風呂に入...

トレンチコートのお洗濯を失敗させない方法 !

トレンチコートが大活躍するこの季節!頻繁に使うものですがなか...

観葉植物を育てよう!虫がわかないための育て方 !

部屋に緑があるとなんとなく癒されるものです。室内に観葉植物を...

安心してお部屋に使える!消臭スプレーを手作りする方法 !

お部屋の臭いが気になるときの選択肢のひとつとして、消臭スプレ...

20世紀に活躍した近代・現代美術の画家たち

美術の歴史は大変古く、一万年以上前の旧石器時代のものとみられ...

スポンサーリンク


日本国パスポートの歴史とは?

日本で最初にパスポートが発行されたのは、江戸幕府が外国との行来を制限していた「鎖国」が終わって12年後の、1866年です。第1号は、フランスで開催されたパリ万博に向むかう、曲芸団の曲芸師に出されました。当時は写真の技術が一般的ではなかったので、名前や年齢、身長のほか、「鼻高キ方」(鼻が高い)、「面細長方」(顔が細長い)などの特徴も記されていました。でも、日本人としては鼻が高くても、他の国では鼻が低くい方だったかもしれません。顔写真が貼られるようになったのは1917年頃からです。

どうしてパスポートが必要か?5年『紺色』10年『赤色』違いは??

世界各国には国々に合わせたデザインのパスポートがあります。しかし単純にどうしてパスポートが必要なのか?
パスポートは、持主が誰だれなのかを国が証明してくれる身分証明書です。また、発行した国が、旅先の国に対して、持主が安全に旅行できるようお願いする公の文書でもあります。日本のパスポートでは、表紙をめくったところに、お願いの文章が日本語と英語で書かれています。

通常外国へ行くときはビザ(入国許可書)が必要ですが、日本のパスポートは世界的に評価が高く、多くの国で短期間の滞在ならビザなしで入国できるようになっています。又パスポートには5年『紺色』、10年『赤色』更新の2種類あります。5年と10年何故2種類あるのか?それは、乳幼児〜未成年(20歳未満)の場合は5年パスポートのみ有効です。20歳以上であれば5年『紺色』、10年『赤色』どちらかを選ぶことができます。

5年、10年パスポート取得に必要な書類は?

初めてパスポート取得時に必要な基本申請書類は?

10年パスポートの場合
◆一般旅券発給申請書:1通
◆戸籍謄本:1通
◆住民票の写し:1通
◆パスポート用の写真:1枚
◆本人確認のための書類(免許書、マイナンバーカードなど)です。

次に5年パスポートの場合は:上記の書類と申請書裏面の「法定代理人署名」欄に親権者(父母またはそのいずれか一方)、もしくは後見人の署名が必要です。以上の書類を用意したら都道府県のパスポート申請窓口で申請しましょう。申請してから通常約6〜7営業日で発行されます。詳しくは都道府県の申請窓口まで問い合わせてください。

5年、10年パスポート取得にかかる料金(手数料)は?

パスポートにかかる費用は都道府県収入証紙と収入印紙代がかかります。しかし5年と10年パスポートと手数料が違います。まず、10年間有効なパスポート(20歳以上)は都道府県収入証紙2,000円収入印紙代が14,000円で合計16,000円の費用がかかります。

次に5年間有効なパスポートには12歳以上と12歳未満場合と料金がちがいます。まずは(12歳以上)の場合は都道府県収入証紙2,000円収入印紙代が9,000円で合計11,000円の費用がかかります。また(12歳未満)の場合は都道府県収入証紙2,000円収入印紙代が4,000円で合計6,000円の費用がかかります。

渡航先でパスポートを紛失したらどうすれば?再発行するのに必要な書類や料金は?

渡航先でパスポートを扮した場合は、長期滞在者と短期滞在者によって手続き方法が変わり、手続きは2パターンあります。まず長期滞在者の場合は、必要申請書類集めから再発行まで:約2週間かかります。再発行手続きは総領事館で行うことになります。書類準備から提出まで約1週間。書類を総領事館に提出からパスポート受け取りまで約1週間となるので、早くて約2週間はかかります。

短期滞在者の場合、帰国日が迫っていて、パスポートの再発行が間に合わない人は必要書類集めから再発行まで約数日〜約1週間かかります。再発行手続は上記と同じく総領事館で行います。

【必要な書類】
⑴紛失届出書(当地警察署発行)
⑵戸籍謄(抄)本
⑶一般旅券発給申請書
⑷紛失一般旅券等届出書
⑸写真2枚
⑹本人確認の身分証明書
⑺滞在国での滞在資格が確認できる書類が必要になります。

【旅券失効、及び申請同意書】
申請者が未成年である場合はこちらの書類も提出が必要になります。(総領事館で取得可能)パスポートの再発行には発行と同じだけの料金がかかります。

まとめ

今や格安で気軽に海外旅行が楽しめる時代になりました。だから海外でのトラブルに巻き込まれることも多数出てきます。そんな時には、まず冷静になって対処していくことが大切です。それには旅行に行く前に色々調べて行くことがとても大切だと思います。
楽しい旅行なので楽しい思い出を沢山残してほしいものです。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ