その答えはここにある!

アンサー119

パスポートの取得方法は?取得料金は?5年10年どっちが得か?

   

パスポートの取得方法は?取得料金は?5年10年どっちが得か?

最近格安航空チケットを販売している航空会社が増えてきました。それに合わせて海外旅行に行く人も年々増えてきています。そこで、世界各国必ず必要になるのがパスポートです!しかしどのように取得するのか?どのくらい時間がかかるのか?取得するのにかかる料金は?などを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


日本国パスポートの歴史とは?

日本で最初にパスポートが発行されたのは、江戸幕府が外国との行来を制限していた「鎖国」が終わって12年後の、1866年です。第1号は、フランスで開催されたパリ万博に向むかう、曲芸団の曲芸師に出されました。当時は写真の技術が一般的ではなかったので、名前や年齢、身長のほか、「鼻高キ方」(鼻が高い)、「面細長方」(顔が細長い)などの特徴も記されていました。でも、日本人としては鼻が高くても、他の国では鼻が低くい方だったかもしれません。顔写真が貼られるようになったのは1917年頃からです。

どうしてパスポートが必要か?5年『紺色』10年『赤色』違いは??

世界各国には国々に合わせたデザインのパスポートがあります。しかし単純にどうしてパスポートが必要なのか?
パスポートは、持主が誰だれなのかを国が証明してくれる身分証明書です。また、発行した国が、旅先の国に対して、持主が安全に旅行できるようお願いする公の文書でもあります。日本のパスポートでは、表紙をめくったところに、お願いの文章が日本語と英語で書かれています。

通常外国へ行くときはビザ(入国許可書)が必要ですが、日本のパスポートは世界的に評価が高く、多くの国で短期間の滞在ならビザなしで入国できるようになっています。又パスポートには5年『紺色』、10年『赤色』更新の2種類あります。5年と10年何故2種類あるのか?それは、乳幼児〜未成年(20歳未満)の場合は5年パスポートのみ有効です。20歳以上であれば5年『紺色』、10年『赤色』どちらかを選ぶことができます。

5年、10年パスポート取得に必要な書類は?

初めてパスポート取得時に必要な基本申請書類は?

10年パスポートの場合
◆一般旅券発給申請書:1通
◆戸籍謄本:1通
◆住民票の写し:1通
◆パスポート用の写真:1枚
◆本人確認のための書類(免許書、マイナンバーカードなど)です。

次に5年パスポートの場合は:上記の書類と申請書裏面の「法定代理人署名」欄に親権者(父母またはそのいずれか一方)、もしくは後見人の署名が必要です。以上の書類を用意したら都道府県のパスポート申請窓口で申請しましょう。申請してから通常約6〜7営業日で発行されます。詳しくは都道府県の申請窓口まで問い合わせてください。

5年、10年パスポート取得にかかる料金(手数料)は?

パスポートにかかる費用は都道府県収入証紙と収入印紙代がかかります。しかし5年と10年パスポートと手数料が違います。まず、10年間有効なパスポート(20歳以上)は都道府県収入証紙2,000円収入印紙代が14,000円で合計16,000円の費用がかかります。

次に5年間有効なパスポートには12歳以上と12歳未満場合と料金がちがいます。まずは(12歳以上)の場合は都道府県収入証紙2,000円収入印紙代が9,000円で合計11,000円の費用がかかります。また(12歳未満)の場合は都道府県収入証紙2,000円収入印紙代が4,000円で合計6,000円の費用がかかります。

渡航先でパスポートを紛失したらどうすれば?再発行するのに必要な書類や料金は?

渡航先でパスポートを扮した場合は、長期滞在者と短期滞在者によって手続き方法が変わり、手続きは2パターンあります。まず長期滞在者の場合は、必要申請書類集めから再発行まで:約2週間かかります。再発行手続きは総領事館で行うことになります。書類準備から提出まで約1週間。書類を総領事館に提出からパスポート受け取りまで約1週間となるので、早くて約2週間はかかります。

短期滞在者の場合、帰国日が迫っていて、パスポートの再発行が間に合わない人は必要書類集めから再発行まで約数日〜約1週間かかります。再発行手続は上記と同じく総領事館で行います。

【必要な書類】
⑴紛失届出書(当地警察署発行)
⑵戸籍謄(抄)本
⑶一般旅券発給申請書
⑷紛失一般旅券等届出書
⑸写真2枚
⑹本人確認の身分証明書
⑺滞在国での滞在資格が確認できる書類が必要になります。

【旅券失効、及び申請同意書】
申請者が未成年である場合はこちらの書類も提出が必要になります。(総領事館で取得可能)パスポートの再発行には発行と同じだけの料金がかかります。

まとめ

今や格安で気軽に海外旅行が楽しめる時代になりました。だから海外でのトラブルに巻き込まれることも多数出てきます。そんな時には、まず冷静になって対処していくことが大切です。それには旅行に行く前に色々調べて行くことがとても大切だと思います。
楽しい旅行なので楽しい思い出を沢山残してほしいものです。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ