その答えはここにある!

アンサー119

猫エイズの症状 口内炎から始まる?

   

猫エイズの症状 口内炎から始まる?

ペットの代表的な動物である猫。犬よりもなつかないその他人行儀さに動物らしさを感じる。たまに寄ってくるその姿の愛らしさにやられてしまう人も多いでしょう。そんな猫もエイズに羅漢するのはご存知でしょうか?猫エイズの症状として代表的なのは口内炎です。今回はそんな症状例から治療法まで調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

マンションとアパートはどっちがいいか比較してみた

一人暮らしを始めるにあたってまず、不動産屋で自分に合ったアパ...

コートをクリーニングに出し忘れると起こる悲惨な現状とは?

ついうっかりして、ワンシーズン着たコートをクリーニングに出し...

カビ取りには片栗粉が便利!テレビで紹介されたカビ取り方法

片栗粉といえば料理の調味料ですが実は片栗粉には調味料以外にも...

イギリスで人気のブランド靴!

イギリスといえばみなさんどんなイメージがありますか?私は勝手...

タオルを洗濯しても臭い原因と3度訪れる悪臭タイムに注意

良い匂いでフワフワのタオルを期待していたのに、いざタオルを使...

登山用品ブランドは日本製がおすすめ!

登山専門店に行くと、目移りしてしまうほど沢山ある色とりどりの...

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

スポンサーリンク


そもそも猫エイズとは?

通称猫エイズ、正式名称は猫後天性免疫不全症候群と言います。ネコ免疫不全ウイルスによって引き起こされる様々な症状についてを刺した病名となっています。発見されたのは1986年ですが、それ以前から存在していた病気だと推測されています。そのウイルスの潜伏は白血球にあるT細胞であったりマクロファージであったりします。動物病院で行える血液検査によって調べることが可能です。ただし抗体が確認できるまで約1ヶ月かかります。なので感染の可能性が高いと感じた場合は、初回の検査から1ヶ月以上開けて再検査した方が得策です。また生後2ヶ月程度で検査した際は陽性だったが、6ヶ月以降再検査した場合陰性になっていた場合も存在しています。理由は母猫の母乳の中にネコ免疫不全ウイルスの抗体が含まれていてそれが検査に引っかかったと考えられています。

猫エイズの原因

猫エイズの原因には様々な原因が考えられます。中には予防できるものもありますので予め飼い主さんが気をつけて行動しましょう。主な原因の1つ目に接触感染があります。交尾やケンカによる体液の接触。交尾に関してはその行為自体より、交尾を行う際にオス猫がメス猫の首にかみつくネックグリップによる唾液感染が重大だと考えれています。猫エイズ自体感染力はたいしてなく、舐め合いなどで感染することも基本ありません。また人間のHIVと同様の「レトロウイルスかレンチウイルス属」に当たりますが、他の動物に感染せずネコ属内にしか映らないウイルスとなっています。接触感染以外では垂直感染という母親の胎盤を経由して感染するパターンも存在しています。

発症後の主症状の流れ

猫エイズには幾つかの段階が存在しています。まず最初に急性期と呼ばれる症状が見受けられるようになります。エイズウイルスに感染した猫たちすべてが発症するわけではありませんが、感染した後1ヶ月ほどで、風邪や下痢、そしてリンパ節の炎症が起こります。このような比較的軽度な状態が1年ほど続いていきます。そして無症状キャリア期と呼ばれる段階に以降します。急性期に発症した症状たちが一時治ります。なぜならウイルスたちが猫を攻撃するのを止め、リンパ球に潜り込んだからです。それにより治ったと勘違いしてしまいがちですが、当然そんなわけはありません。目に見えないところでウイルスたちはリンパ球に攻撃を行って破壊活動を行っているのです。そうして猫の免疫力をどんどんと弱めて行っているのです。この無症状キャリア期は4年から5年ほどという長い間続きます。

エイズ発症期と口内炎

そして無症状キャリア期が経過すると後天性免疫不全症状群を発症、エイズ発症期という最終段階に以降します。この段階入ると今までになかった症状がたくさん見受けられるようになります。体重減少や嘔吐下痢、体調の悪化による風邪、日和見感染症、皮膚炎、脱水症状や食欲減退など免疫力が弱くなったことによって引き起こされるものがあります。また歯肉歯周の炎症、口内の潰瘍、口臭の発生などが口周りの問題が多く発見されています。そして最近感染によって引き起こされる口内炎は症状の代表的な1つに当たります。この症状が見受けられたら早めに治療を受けることが最優先事項になります。よだれがひどく出ていたり、口周りに痛みを感じるような光景を見たりした場合は早く動物病院に行き診察してもらいましょう。

口内炎の対抗策

口内炎の症状を和らげるためにステロイドを使用されることがあります。ステロイドは消炎作用があり炎症を抑えるのに効果がありますが、一過性のものであり、使用頻度が高まると投与する量が増えることになり副作用の懸念があります。またステロイドを使用することによって免疫を抑える効果があることからエイズウイルスを活性化させる可能性もあるため、あまり多用するべきものではないことは覚えておきましょう。ステロイドは効果的ですが依存すべきでないので、他にもサプリメントを使用したり、なるべく猫によい生活環境をつくり負担を少しでも減らしてあげてください。エイズに感染し免疫力が弱まることで一番懸念すべきことは肺炎やがんなどの重い病気に羅漢しやすくなっていることです。もしかかっていることが分かった場合は最新の注意を払って治療してあげてください。

まとめ

少し古いデータですが、2010年段階で日本の飼い猫のおよそ23.2%が羅漢していると言われています。それほど蔓延した病気を防ぐことはかなり難しいかもしれません。それでも愛する猫ちゃんのため、精一杯の努力を是非行ってあげてください。

 - 動物 植物 ペット

ページ
上部へ