その答えはここにある!

アンサー119

電話対応が苦手なあなたに

   

電話対応が苦手なあなたに

電話の対応が苦手な人は年々増加しているそうです。その理由は電話以外のコミュニケーションツールが増えたからだそうです。そうはいっても会社に入ったら下っ端社員はまず電話対応から始まります。ここではそんな誰もが通る電話対応の苦手を克服するいくつかのポイントについてまとめてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


電話対応が苦手な理由①

電話対応が苦手な理由は複数あります。まず何より大概の場合電話する相手と面識がない場合が多いということです。知り合いでない人とのコミュニケーションは確かに緊張しますよね。それと相手の要件が何かわからないという点も緊張させる要素の1つです。自分宛でない要件であることなんてざらにありますし、クレーム編んである可能性もあります。さらに新入社員では、自社に対する知識も乏しく、社員の名前や役職、業務内容のことだってわかりきっていません。加えて電話に出てしまえばその会社の窓口担当となってしまいます。自分が会社を背負って話しているという感覚も、殊更電話対応の苦手さを助長させるのです。そんな意識的な問題や前提条件の他にも、実際に電話対応していく上で発生する苦手な理由がいくつかあります。

電話対応が苦手な理由②

実際に電話対応していく上で発生する苦手な状況が発生します。まずは相手の言っていることがうまく聞き取れない場合。相手が早口であったり専門用語が出てきたりすると何を言ってるのか分かんなくなります。地味に怖いのが相手の会社名や名前、これも前提知識がないと「何言ってんの?」とチンプンカンプンになってしまいます。相手が誰かもわからない状況下で何度も聞きなおすなんて不躾はできない。さらに電話の怖いところは電波状況で音声がうまく伝わらないことも・・・そんなことがあったら苦手になってしまいますよね。相手の問題もありますが、自分自身の問題も存在しています。説明能力がに自信がない人は電話でのやり取りにかなり苦戦します。そんな問題がある中ではどうすれば電話対応がうまくなるのでしょうか。

電話対応の克服法①

克服する方法の1つ目に「メモを取る」というのがあります。要は内容を可視化するということです。考えながら対話していると聞き漏れたり聞き忘れてしまったりしてしまいます。なので、電話に出る時はメモを用意して、すぐにメモを取るということを意識付けましょう。相手の名前、取り次いで欲しい社員の名前、要件、日時などなどに気をつけてメモを取りましょう。そうして言語化することによって対話の中で何を話すべきかを迷わずにスムーズに電話対応を行いやすくなります。最初のうちは電話しながら書き物をするというのはかなり難しいかと思いますがとにかく数をこなして慣れるしかないでしょう。そうやって慣れていけば、電話対応でもパニックになりにくくなっていくでしょう!

電話対応の克服法②

そしてメモを取るようになったら、次のステップ会話の内容についての克服法を試していきましょう。電話対応にはある程度の定型文が存在しております。たえば電話を取ったら「はい(会社名)の(名前)が承ります」と話し出します(定型文が存在してる会社もあるのでこれが絶対ではありません)そのあとは相手のペースに飲まれないようにゆっくりハキハキと話してください。そして失礼にあたる言葉も存在していますのでそういうのは言い換えて話します。わたしはわたくし(字は一緒ですが)申し訳ありませんは恐れ入りますが、そうですかは左様ですか、わかりましたは承知いたしました、間違えても了解しましたとは言わないように。了解は小難しい言い回しになって知的な印象もありますが、へりくだった言い方ではないので気にされる上司の方が結構多い文言です。

電話対応の克服法③

以上のことに気をつければいいのですが、電話対応で一番いけないのは相手に失礼な対応をしてしまうことです。分かりもしないのに自分だけの判断で勝手なことを言ってしまい、その結果相手が誤った情報を持ってしまうと仕事上取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。分からないことがあった場合は相手に「確認しますので少々お待ちください」と一言述べて、保留にし案件担当者、いなければ自分よりも判断ができるものに確認する作業を行いましょう。対応してくれる場合は他の社員に取り次いでもらうというのも手です。これらの克服法を意識して電話対応していきましょう。電話対応は新入社員が会社への貢献度を証明できる数少ないチャンスの1つです。「あいつよく電話に出てるな」と思われることで社内の評価も上がるのです。

まとめ

電話対応を苦手と言わずに、どんどんチャレンジして苦手を得意に変えちゃいましょう!

 - 未分類

ページ
上部へ