その答えはここにある!

アンサー119

男が知らない女性の体の構造

   

男が知らない女性の体の構造

保健体育の時間で人間の体の構造について習いましたよね?でも小中学生の時に習ったあの情報ってあの当時全然ピンとこなくありませんでしたか?女性は成長すると丸みを帯びます。なんてなんだか文章として違和感があるなとくらいしか思っていませんでした。しかし女性の体の構造は男性のそれとは全く違うのです。今回はそんな女性の体について調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


男が知らない女性の体の構造①

男性の体と女性の体相違点はいくつもありますが、女性性の象徴であるバストはその顕著たる違いではありませんでしょうか。男性は女性のバストを見るとやはり興奮してしまいますし。ちなみに、胸が発達した理由の仮説の1つに二足歩行になったからというのがあります。四足歩行の哺乳類だった頃、まぁ祖先がまだ立ち上がる前、オスはメスのお尻を見て興奮したそうです。今でもお尻から骨盤が大きな女性のことを安産型なんて言ったりしますが、子孫繁栄を至上命題としていたあの時代はそのセックスシンボルであるあの2つの丸みを持つお尻が何より大事な箇所だったわけです。そして四足歩行へ進化して当然目線が変わりお尻を追っかけるばっかりができなくなりました。そうすると女性たちもなかなかプローチされません。なので女性たちは男性の目につくところにお尻に似た2つの丸みを持つように進化した。という、あくまで仮説があるそうです。そのバストですが、男性の大きな胸は鍛え上げられた筋肉だったりするわけですが、実は女性のそれはほとんど脂肪でできているんですね。さらに、赤ちゃんにあげるおっぱい、お乳ですね。それの元となるのは実は血液なのです。いやぁいきなりだけど女性の体ってすごいですね。

男が知らない女性の体の構造②

そしてバストに次いで男性のそれと違う点は下腹部。男性のそれと違い、女性のそれは平坦で奥にくぼんだ形になっています。機能としては男性のそれと同様に排泄行為と生殖行為を行うための期間なのですが、女性の場合は子供を産むという男性にはできないことができるのです。まぁ子供を身ごもるというのはなんとなく理解ができる男性も多いと思いますが、その準備に当たる生理・月経に関してあまり詳しい方はなかなかいません。男性側がデリケートな問題であると判断して母やパートナーに聞かないからです。睡眠が人生の3分の1の時間を占めているという表現がありますが、例えば生理期間が40年ほどだと仮定すると、なんと生理は約6年9ヶ月も占めているのです。びっくりですよね。

男が知らない女性の体の構造③

その生理についてこの機会にもう少し知っておきましょう。生理が起きる理由が赤ちゃんを産む体になるためというのはなんとなく知っていると思います。ではもう少し踏み込んで、経血と普通の血液の違いをご存知ですか?経血は子宮の中に作られた内膜が剥がれて血と一緒に流れ出たものをまとめて経血と呼びます。その経血が出る期間のことを生理と呼びますが、この期間には人によってばらつきがあります。だいたい4日から7日くらい、そしてその生理はサイクルするのですがそのサイクルも人によってばらつきがあり、だいたい25日から28日程度と言われています。その生理期間はホルモンバランスが乱れやすく人によっては体調を崩したりイライラしたりする人もいます。

男が知らない女性の体の構造④

初めて女性と付き合ってキスしようとした時「あれ、こいつヒゲ生えてない?」なんて思ったりした人もいるかもしれませんね。男性は思春期を超えるとヒゲが生え始めて大学生なんて調子に乗ってヒゲを蓄えてる人もいたりしますが女性もヒゲが生えることにびっくりする人も多いと思います。このヒゲが生える原因にホルモンが関係しています。ホルモンには性ホルモンという種類があり、さらに男性ホルモンと女性ホルモンの2つがあります。男性も女性もこの両方のホルモンを保有しており男性は男性ホルモンが、女性は女性ホルモンが多めに保有しているのですが、その少量のホルモンでも男性ホルモンによって男性毛と呼ばれるヒゲや胸毛、腹や背中の毛が生えてくるのです。驚くかもしれませんが、人間だものと受け流してあげてください。

男が知らない女性の体の構造⑤

男性の体と女性の体を見比べると、男性の方が骨ばって筋肉質なのに対して女性は丸みを帯び優しいフォルムになっています。そしてそのフォルムから受け取れるイメージそのままに男性より女性の方が軟体であるのです。これには関節の構造とホルモンが関係しています。男性と女性の体の構造のベースで最も大きく異なるのは骨盤です。男性に比べ女性は骨盤の関節内にスペースがあります。これが可動域の広さを生み出しています。そして女性ホルモンの1つリラキシンによる人体を弛緩させる効果によって骨盤を広げることができるのです。ただこのホルモンで体を柔らかくしているのではなく関節を固めずに不安定にした結果、筋肉によって補う運動をする必要性が出たため柔軟性が高くなっているのです。

まとめ

女性の体にはまだまだ男性が知らない点が沢山あります。また機会があればまとめてみたいと思います!

 - 雑学 おもしろ

ページ
上部へ