その答えはここにある!

アンサー119

年金の未納期間!学生は免除?

   

年金の未納期間!学生は免除?

みなさんはきちんと年金を支払っていますか?就職時期によっては年金未納期間が発生する可能性が大いにあります。また何歳から年金の支払いが始まるかみなさんご存知でしょうか?実は学生時代でも支払いの義務が発生するのです!そんな知ってるようで知らない年金の支払い問題についてまとめてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


国民年金保険のシステム

そもそも国民年金保険とはなんぞやという話からさせていただきます。国民年金保険とは日本に住んでいる20歳〜60歳までの人が支払い義務を持つ制度のことで、老後、つまり働くことが困難になってから給付されるお金のシステムのことを言います。。何歳から支払いが始まるのかは年々ドンドンと後ろずらしになっているため、最近では年金を支払わずに貯金をするといった方法を取っている方も多数おられます。そうしたい気持ちも重々わかりますが、これは国が定めた義務なので、基本的に支払わないという選択肢がないものなのです。それはそうと前半に書いた支払い期間覚えていますでしょうか。そう20歳〜60歳なのです。四年生大学に進学したりした場合は在学期間中から支払いの義務が発生してしまうのです。

学生期間に訪れる年金支払い

というわけで大学在学中から年金の支払い義務が発生してしまうんですね。でも大学生の場合、就労しているケースは少ないし、バイトしているお金も学費や生活費になくなってしまう。つまり一般的に見て、仕事に従事している社会人に比べて支払いが困難だと思われます。「え?じゃあどうすればいいの?お金ないよ?」といった方もたくさんいるかと思います。しかし慌てないでください。そういった学生を助けるために「学生納付特例」という制度が存在しています。この制度を利用すると、大学在学期間中は年金を支払わなくていいというなんと太っ腹なシステム。いやぁ大学行っといてよかったー!ってそうは問屋がおろさないんです。甘いもんじゃありませんね。この制度は大学在学期間中支払いを免除されます。しかし。卒業した後に今まで払ってこなかった分、つまり未納分を支払わなければいけないのです。

学生納付特例

さらにこの学生納付特例の恐ろしい点がもう一つ。この支払わなかった空白の期間の保険料ですが、実はある時期までに支払わないといけない制度になっています!その時期というのは、本来収めるべきであったとされる年度から10年。さらに怖いのは支払い年から2年経過すると利息が加算されてしまうのです。利息額は2年経過後で60円程度ですが、7〜8年ほっておくと1000円の大台に乗ってしまいます。奨学金の返済と学生納付特例のダブルパンチが給料の少ない入りたての新人社会人時代に来てしまうわけですね!初めて入った給料で何買おうかな〜?なんて呑気に浮かれたくなるんですが、現実をきちんと見て、収入と支出をしっかりと計算する必要があるのです。次からは未納期間が発生した場合のお話です。

年金の未納期間

再三になりますが、年金は支払い義務があります。そんな義務を怠って未納していた期間がある場合は一体どうなるのでしょうか?国民年金保険料を満期の40年間きちんと支払うと(平成28年度価格)年間78万100円の年金を一生涯受給することができます。しかし、未納期間がある場合、例えば、この学生納付特例で支払い免状されていた2年間の年金を支払わなかった場合はどうなるのか。その支払わなかった期間1年間で約2万円が年間支給額から減額されてしまいます。学生時代2年間未払いでは4万円の減額。つまりそれ以降年金を支払い続けたとしても、年間74万円の支給が一生涯続いてしまうのです。老後のためにきちんと貯金を積み立てしとくのは当たり前ですが、生命線になる年金が減額されるならなおのこと支払った方がいいですよね。

年金未納期間の損得

この減額ですが、現金な考え方をしてみましょう。先ほどの例で学生期間の2年間支払わなかった場合、追納金額は約36万円。そして老後に増える年金学約4万円。これを割ると9という数字がでます。この9は、年数を表しています。つまり、追納金額である約36万円を納めても、年金受給が開始されて9年経てばトントンになり、それ以上経つ見込みがあるなら追納した方がお得になるということなのです。また、追納した国民年金保険料は、社会保険料控除にあたり、年末調製で会社に納付した証明書があれば税金が安くなるというメリットも存在します。年金が受けるとれるのは65歳からなので、自分の元気さに自信があるのであれば、追納した方がメリットが多いのです。

まとめ

支払い忘れの年金がないかどうか、あれ学生納付特例払ったっけ?って不安の方は、ぜひ今一度調べてみてくださいね!

 - 人生 社会 経済

ページ
上部へ