その答えはここにある!

アンサー119

不安を解消する魔法の薬?について調べてみました!

   

不安を解消する魔法の薬?について調べてみました!

近年精神的な病気に関して広く容認されるようになってきました。そうした精神に悩みを持つ人は心療内科にて不安を解消する魔法の薬の処方箋をもらいます。しかし、怪我などでしか病院に行ったことがない人にとって、薬は痛み止めだったり炎症を防いだりするものだという認識で精神的に聞くものなんてあるの?って思うのが普通。そんなわけで今回は不安を解消できる不思議な薬について調べてきました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生は将来にたくさんの不安を抱く!?

近年では、大学を卒業しても就職が難しいといわれるほど就職難で...

水をきれいにする微生物について!

皆さんの生活に必要不可欠な水ですがどのように綺麗になっている...

血液型〜 B型の男性・女性の仕事への姿勢について!

血液型占いや、血液型別取扱説明書など血液型でおおまかな性格の...

紅葉の秋に! 登山初心者おすすめの山!

日本全域が高気圧に覆われ、澄み渡るような快晴となることの多い...

洗濯物の臭いの取り方と予防法は原因を知ればより効果UP!

洗っても落ちない洗濯物の臭いにおい。一体どうやったらすっきり...

ぬいぐるみの洗い方とは?セスキを使えば簡単綺麗!

赤ちゃんから大人まで大好きなぬいぐるみ。ずっと大事にしてきた...

ぬいぐるみについたよだれの洗い方!必見洗濯法!!

ぬいぐるみにこびり付いたよだれは、見るからに手強い感じがしま...

ウールのコートが洗濯で縮み悲惨なことに!原状回復できる?

ウールコートを自分で洗濯したら、見事に子供服になってしまった...

ウールコートの洗濯を自宅でしても失敗しない超重要なコツ

ワンシーズンだけしか着ないウールコートは、クリーニングに出す...

アイロンでしわが伸びないなんて言わせない!コツは1つだけ

アイロンがけが苦手だとする方はとても多く、自宅にアイロンがな...

アイロンでシワが取れない!そんなお悩みは○○で一発解消!

頑張ってアイロンがけをしても、どうしても取れない洋服のシワに...

衣類のカビはうつるの?その真相とカビうつりを阻止する方法!

衣類の入れ替えやずっと着ていなかった洋服を着ようと、久々にク...

布についたカビの取り方&カビを生やさないポイントは3つ!

押し入れやクローゼット、物置などにしまっていた布製品を久々に...

カビが部屋にいるとどうなるの?カビが与える影響とは?

カビが私たちの生活において悪影響を及ぼすことはわかっているけ...

カビは洗濯で死滅させるだけではダメ!カビを防ぐには?

生えてしまったカビはできるだけ綺麗に落としたいですが、一番に...

鏡のうろこはクエン酸にお任せ!高確率で綺麗に落とせるテク!

お風呂の鏡にこびり付いている、固まった白い汚れ。世間で「うろ...

家の匂いが体臭の臭いになってない?臭いをセルフチェック!

玄関を開けたら臭う、嫌な臭い。なんでこんな臭いがするの!?と...

カビは移る?食べ物や場所などカビが好む環境と盲点 !

常温保存だけではなく、冷蔵庫の中の食べ物にカビが生えてしまっ...

お風呂の鏡に付いた頑固な水垢を本当に落とす方法とは?

ちょっとこすっただけでは落とせない、お風呂場の鏡についた白い...

布についたカビによる黒ずみの取り方と注意点!

ちゃんと毎日洗濯をしているのについてしまった、布製品へのカビ...

スポンサーリンク


不安を解消する薬の種類

例えば外科でも体の部位によって対処法が異なるように精神病にも様々な種類が存在しています。そしてそれぞれには特徴的な症状が存在しています。それに症状のレベルも人によって千差万別です。その病気、症状の重度によって使用される不安を解消する薬、精神安定剤も当然使い分けられているのです。そして薬にもありとあらゆる種類が存在しているのです。その精神安定剤を分類すると大きく分けて4つに分けることができます。その4つとは抗精神病薬・抗うつ薬・抗そう薬・抗不安薬になります。すべて何かに抗っているのですね。そして今回は、記事のタイトルにもありますように不安に着目して、抗不安薬に関した内容をどんどんと掘り下げていきたいと思います。

不安を解消する抗不安剤①(どんな薬?)

抗不安剤というのは不安を和らげるために使用される薬です。不安なんて日常生活を送っていればどんな人間であれ抱えるものです。大事な会議であったり試合だったりの前は不安になることは誰にでもあることでしょう。ただこの不安にも強度が存在しています。この不安があまりにも大きくのしかかってきた時に軽度の不安時になかった症状が現れます。代表的なので言えばめまい、そして心拍数の増加、果ては不眠症状などが発生します。そう言った発展した不安の症状を抑えるために使用されるのが抗不安剤なのです。以上がざっくりとした抗不安剤の説明になります。それでは、抗不安剤は一体どのような場面で使用されているのでしょうか見てみましょう。

不安を解消する抗不安剤②(使用されるケース)

抗不安剤が使用されるケースは大まかに分けて3つあります。
①全般性不安障害やパニック障害などで引き起こされる不安障害
②不眠症に陥った場合の改善
③精神の病気以外の不安。

この3つになります。それぞれ詳しく見てみましょう。

①全般性不安障害やパニック障害などで引き起こされる不安障害。不安障害というのは元来危険な状況に陥った場合や過度のストレスを受けることによって発生するはずであるとされている不安感が、何か明確な原因があるわけでなく突然発症したり、度々発症したりして、通常の生活を満足に過ごすことができない状態になってしまったことを言います。

②不眠症に陥った場合の改善。これも精神的な悩みで不眠に落ちっている場合に薬を処方されることが多いです。しかし、薬が睡眠導入の役割をしているわけではありません。不安を和らげることで不眠を改善させようとする方法です。

③精神の病気以外の不安。これは精神の問題でなくイベント的にストレスを抱えている人という意味で、緊張をほぐすための処方となります。

不安を解消する抗不安剤③(身体への作用)

そんなさまざまなケースで使用される抗不安剤ですが、実際どのように身体に作用するのでしょうか?例を出して説明させていただきます。まず抗不安剤で最もポピュラーなものにベンゾジアゼピン系と呼ばれる薬があります。これは睡眠薬などの薬に多く用いられています。そして作用は基本的には睡眠薬のそれと同様となっていて、ベンゾジアゼピン系の薬には神経機能を抑える効果があるのです。そしてその抑制の対象となっている神経はノルアドレナリンや、セロトニンと呼ばれる神経です。ノルアドレナリンは不安に関係する神経、セロトニンは精神の平静に関係している神経になります。そこに作用して働きを抑えてくれるので不安が緩和され精神が穏やかになるわけですね。

不安を解消する抗不安剤④(薬の副作用は?)

抗不安剤を飲んで不安が解消され心が穏やかになるんだったら万事解決じゃん、なんて楽観的に考える人は・・・まぁそういないと思います。テレビなどの情報もあって皆さんもご存知かもしれませんが、薬物の多くには副作用というのが存在しています。先ほど例に挙げたベンゾジアゼピン系の副作用は様々あります。筋弛緩作用、筋肉が緊張できず弛緩状態になり体を上手く扱えなくなります。持ち越し効果、薬を飲んだ翌日など体のだるけや眠気が取れないなど日常活動に支障をきたします。離脱症状、不安・不眠・イライラ・めまい・頭痛・知覚異常など薬をやめることによって現れる作用もあります。記憶障害、健忘、作用中の記憶がごっそり抜け落ちてしまう。奇異反応、興奮、脱抑制、攻撃性など、本来の真逆の効果を引き出してしまうこともあるのです。

まとめ

不安を解消に導いてくれる可能性がある薬は存在します。しかし、弱り目にたたり目で副作用の存在も決して忘れてはいけません。薬とは上手に付き合いましょう。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ